Until We Meet Again at the Rainbow Bridge

シーズ犬おじょーちゃんとの思い出と
子犬Thumper&Zorro-Chanとの日常のブログ






    Ojou-Chan's Cocinita へ戻る
       フレーム内     フレーム外


当ブログの内容の無断転載、無断使用は禁止しております。

写真は全てクリック拡大できます。

スポンサーサイト
-- / -- / -- (--) | me |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
帰国しました
2012 / 12 / 29 (Sat) | me |
ご近所から頂いた物一杯美味しいものを食べたけど、普段よく食べる物をあまり口にしなかったってのが実感です。 姉と一緒に京都と淡路島に行った以外は、地元の大阪高槻市から一歩も外に出ていない。 だから、大阪駅周辺が激変したと聞いて、行ってみてみたいなと思った反面、人ごみが怖くなってる私は、多分人に酔うだろうから、やめといたのは正解ですね。

八坂神社ねねの道のもみじ今度の里帰りでは、あれをしよう!これをしよう!と前から計画してましたが、結局予期しなかった出来事の為(父の入院)、出来た事の方が少なかった。 淡路島への1泊旅行の為に見舞いにいけなかった以外は、病院への見舞いは皆勤賞でした。


萬古焼の3号炊き鍋今回の嬉しい買い物は、この萬古焼と言う、ご飯を炊く土鍋です。 以前からも欲しかったけど、スーツケースに入る場所や重たさを考えると、ついついしり込みをしてしまって。 今回は出発前にアマゾンでオーダーして自宅届けにしておいた。 父の見舞いなどで、あまり買い物に費やす時間がないと思ったから。 買ったからには持って帰らねばね。 

母と2人で2合を炊いてみたら・・・うまい! 日本の米と風土と水が美味しいから、Albuquerqueで食べるご飯よりも10倍美味しい。 おこげも魅力。 そしてAlbuquerqueに戻って炊いてみると、ぜんぜん違うやん! 実家で食べてる米を持ち帰ったってのに、それでも違う。 水を増やして炊き時間を増やして、ようやくご飯らしくなったけど、それでも日本で食べたのとは雲泥の差だ。 だが、炊飯器で炊くのよりは美味しいんで、Steveでも気づいたくらい。

淡路島には、姉と姪と3人で行ってきました。 母も一緒に行くはずだったんだけど、父がこうなる前から予約してたんで、母は今回居残った。 淡路島では、3年物のふぐづくし料理だった。 姉と姪は大興奮・・・だが私は、他の普通の料理の方がすきなんだけどな。 ふぐに対して、全く魅力を感じない。 脂の乗ったぶりの方が私は好きだ。 イカそうめんとか甘エビとか・・・ 次は北陸にしよう!

東京スタイルのお蕎麦と丼淡路島とは全く関係ないけど、初日のお昼に食べたお蕎麦と天丼のセット。 神戸三宮から淡路島のホテルへのシャトルバスが出てて、その時間の前に急いで入ったお店。 ほとんど何も見ないで。 出てきた蕎麦のおつゆに驚いた。 私はざるにしたのだが、姉と姪は暖かい蕎麦だった。 出汁の色が異様に濃い。 天丼のつゆの色もだだ黒い。 アジは超濃いし甘い。 ざるの漬けつゆは濃かったが、まだ蕎麦湯で薄める事が出来た。 姉は蕎麦湯を沢山足したが、とうとう食べる事が出来ず。 「まるで東京で蕎麦と丼を食べてる気分や!」と怒りながら店を出たら、看板には『東京風蕎麦屋』の看板が・・・不覚だった。 大阪と東京の味は違うもんねぇ~ キット東京の人には、関西の味付けは薄いと感じるのだろう。 


父はね・・・多分あと数ヶ月で居なくなると思う。 結局10月の半ばに倒れた時、父は小さな脳梗塞を起こしていたらしい。 それによって、つじつまの会わない事が口から出るし、会話になる部分とならない部分が出ている。 痴呆も入ってる。 寝たきりで、尿管とオムツをしてるのに、自分は歩く事が出来ると思ってるから、ベッドの策を引っこ抜いて、ベッドから降りようとするので、夜中はベッドに括り付けられたりしたらしい。

姉曰く、まだ顔を見て誰だか分かる間に帰ってこれてよかったって。 後1ヶ月ほどしたら、キット私が誰だかわからなくなってるだろうってことらしい。 最初運ばれた病院から、別の医大病院に転院になったのは、毎日の微熱の解明の為だったが、結核の疑いがあるって事で、私の出発直前に隔離病棟に入れられていた。 大阪に到着したのが12月9日。 夜遅くて面会できず、翌日の10日に見舞いに行くと、その日に結核の疑いが晴れたって事で、別の普通病棟に引越し。 原因が分からないままの発熱なので、元の病院に戻せないって事で、もう少しその検査入院で入った病院に留まる。 そして原因が分かった。 だがそのころもとの病院ではノロウイルスが発生して、戻れないって事だった。 寝たきり患者を扱うのにふさわしいと言う病院に移動したのが21日。

私の帰国予定は24日。 航空会社に電話して、帰国を延ばせるように頼もうかとも思ったが、母が強く反対した。 先に延ばして、それでどうする? いつまでも出られない状態になるで!って。 それもそうだが、この年末年始の時期に、24日を見送れば、次は1月半ばまで出られないってことになってただろうな。

とりあえず24日にでた。 最後の日、父は寝たり起きたり、一体私がわかってるのかどうか分からない状態。 後ろ髪を引かれる思いで大阪を出た私。 これからどうなるんだろう? 今夜が峠でしょうなんて言われたとしても、私は間に合わないのは分かってるし。 遠くに来てしまったもんだ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿

入力されたメールアドレスはブログオーナーのみ見ることができます。
URL:
Comment:
Password:
   非公開メッセージやブログ内容に関係の無いメッセージは、右メニューのMail Formへどうぞ 
ワンコを愛する人へ  

  •  犬の十戒
  •  犬の聖歌
  •  虹の橋
  •  ママ、もう泣かないで
  •  エンジェルの願い
  •  「どうしてなの・・・?」

    いつでも里親募集中

     CATNAP 放棄犬・長期保護犬の里親募集リンク
    下のリンクは、
    私がよく訪れさせて頂く
    ・動物保護ボランティア
    ・里親が見付かるまでの預かりボランティア
    ・そして里親になった方々
    のブログです。
    いつの日かは私も、預かりボランティアしたいと思ってます。


  •  ALMA (旧・CATNAP)
  •  大阪市動物管理センター
  •  滋賀県動物保護管理協会
  •  東京都動物愛護相談センター
  •  埼玉県動物指導センター
  •  Happy Paws
  •  今日もアオゾラ。
  •  仲良し三人組
  •  最後のラブレター
  •  小梅ロマンチカ
  •  ちばたりあんな
  •  晴れ ときどき 仮ママ
  •  陽だまり生活
  •  同僚Rのボラトリ日記
  •  潤君の里親さん探し
  •  みっき~とお友達のお部屋
  •  しあわせさん あいに来て
  •  chu*
  •  愛しい子達の預かり日記
  •  それ行け シーズー牧場!!
  •  いっぽ・ドレミ預かり日記
  •  さぁ~行くよ!
  •  わんこと一緒
  •  ♪わんことこども♪
  •  毎日を大切に。
  •  シーズー里親「愛しき天使たち」
  •  とびらの向こうへ...
  •  ぶんた君のお家探し
  •  君は君のままで
  •  のほほん家族
  •  I love Dog!~ワンコのおうち探し
  •  ママさがし
  •  預かり☆わんことの生活
  •  ひなたのヒナタぼっこ
  •  ☆くつろぎの中で☆
  •  もなか様秘密日記
  •  かわいすぎる件について
  •  みずママの日記
  •  ともnet~岐阜県可児市より発信
  •  ワンワン預かり日記
  •  動物ボランティア ミミの耳
  •  日向君預かり日記
  •  ◇◆ いらっしゃぁい♪ ◆◇
  •  幸せ探しのお手伝い
  •  向日葵
  •  My Sweet Home
  •  ペット里親会
  •  WAKABA HOUSE
  •  はなもげらちょびぃっとかい+
  •  ☆ホイップポン日記☆
  •  ゆっくリンク
  •  歩いて行こう
  •  ケイトログ「夢が叶うまで」
  •  かん太とマフィンとミーシャの毎日&お預かり犬ステイ日記
  •  新・ペリカン日記
  •  はじめの一歩!
  •  Animal Humane New Mexico
  •  Albuquerque Animal Care Center

  • おひめさまくらぶ

    Thumper Zorro-Chan



                                    

                      Copyright © 2006-2014 Ojou-Chan ☆続・いつか虹の橋のたもとで☆                 

     

    この前のページに戻るには

    powered by FC2ブログ. photo by ねこじゃらし日記 template by tora☆7kg
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。