Until We Meet Again at the Rainbow Bridge

シーズ犬おじょーちゃんとの思い出と
子犬Thumper&Zorro-Chanとの日常のブログ






    Ojou-Chan's Cocinita へ戻る
       フレーム内     フレーム外


当ブログの内容の無断転載、無断使用は禁止しております。

写真は全てクリック拡大できます。

スポンサーサイト
-- / -- / -- (--) | me |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
色んな検査の結果
2011 / 11 / 21 (Mon) | me |
2011年11月20日のThumper と Zorro-Chan




私が食べてるハンバーグステーキが欲しいと唸りまくってるThumper

 

日曜日だと言うのに、午前4時半に目が覚めて、また寝が出来ないので、2日連続ブログ更新です。 昨日ブログ更新してから、書き忘れた事を思い出しました。 まずはあの悪夢のアレルギーの事。 9月の始めあたりに何かに対してアレルギー反応がでて、こんな状態になりました。 グロイ写真なので、前もって警告しておきます。

あの日夕飯で口にしたのは、蜂蜜たっぷりの全粒粉パンとスモークソーセージ。 いずれも普段から口にしているので、どう言うわけでこんな事になったのかさっぱり分からず。 とりあえず発疹を抑える薬で1ヶ月ほどかかったけど、痒いのは消えました。 あれからアレルギー専門医に問い合わせ、今週やっとこさ予約を入れた日が来ました。

これもちょっとグロイかなぁ? なのでクリック拡大できるようにしていますが、これは私の背中ではなく、ネットから拝借したものです。 背中に番号を打ってそれぞれにアレルギー源を植え付け、それぞれに対する反応をみると言うテストです。 針は使われないけど、鋭利なプラスチックの先に付いたアレルギー源でチクッとされると痛い。

私の場合60のアレルギー源の反応を見たのですが、名前を聞いても分からない雑草に少々反応し、なんと! 米にアレルギー反応が出たとの事。 うっそだぁ~~~! それは簡便して欲しい。 そんなはずない! 今まで50年近く平気で口にしてきたのに、今更アレルギーだなんて? 思わず言いました。 『私は日本人なんだ。 米が食べられないなんてそんな殺生な事はない!』って叫んでも仕方の無い事ではあるけど。

もしかしたらアメリカの米がいけないのかな? 日本で一般的に食べるのはShort grainと言って、短い粒の米ですが、アメリカで一般に食されるのは細長い種類で日本の米のように粘りが無いため、当然お寿司やおにぎりには出来ないタイプの米。 私が食べるのは日本風の米で、長粒米は家に無いし、インド料理のバスマティライスならあるけど、めったリ料理しない。 よってもしかしたらアメリカで市販される米に反応してるのかも知れないので、これからは家の外では米を食べないようにします。

肝心な全粒粉と蕎麦粉と蜂蜜のアレルギー源が無かったので、医者はそれらをオーダーし、1月の末に今度はそれらに対する検査に行く事になります。 質問は、全く反応が出なかった小麦ですが、じゃあ全粒粉に含まれ精製粉には含まれない小麦の殻にだけ対してのアレルギー?と聞くと、『さぁ・・・?』ってな答えが戻ってきた。 なんやねん! 

と、はっきりしない結果でした。 


2つ目はもっと申告な結果。 椎間板ヘルニアの事。 9月のMRIの結果、主治医は私をPain Clinic に紹介してくれました。 その予約が11月11日にあり、結果的にそれ以降ちょっと楽になりました。

MRIの結果では、ヘルニアが3箇所に見られるが、主には昔の事故で発生したヘルニアを再度傷めたが為、再発のような感じだと聞いてました。 1993年に背骨の一番下の部分の椎間板が破損し、それが右脚へ行く神経に障っていたので、歩くのがやっと、動くのもやっとと言う状態から、徐々に痛みに慣れて、重たい物はもてないし、走る事ができない状態には有ったけど、そのまま年月を過ごし、今回の転倒で昔の納まっていた部分を再度傷め、また炎症を起こしているとの事でした。 

専門医の色んな問診のあと、『じゃあ注射の準備にかかります』と言われ、『そんなん聞いてない!』と思わず叫んでしまいました。

写真で説明しますが、2種類の注射を打ち、1つは炎症を抑え、もう一つはリュウマチによる関節の摩擦を和らげるための注射で(こちら)、レントゲン室の様な部屋で寝台にうつ伏せになり、医者はX線によって画面に映し出される映像を見ながら、的確な場所に針を入れるという作業で(こんな感じ)、私の見た限りでは全部で5本の注射の用意が有りました。 もちろん1本目は局部麻酔用。 頭の中では、背骨の注射=20cmくらいの針だと思ってたので、最初からかなりビビッてたけど、医者曰く、体重が200kgほどある患者なら背骨に到達するのに長い針が必要だけど、実際自分で背骨を感じる事ができるでしょ? 5cm程度の針ですよと笑われた。 付け加えは、『もちろん長い針なら患者の目に触れない様にしますが』と(爆) 

その結果、ほとんど直後から痛みを感じられなくなりました。 いや、腿の裏側には違和感があったけど、天と地の差で痛みが消えた! でも里帰りでは荷物を減らす事と、出来るだけストレッチ体操をするようにとのお達しがありました。

数日後仕事で食材配達をする人の為に、駐車場のゲートを開けに階段を上ったのがいけなかった。 痛みがその時から戻り、結果的に以前ほどではないが、徐々にまた痛んできてます。 もちろん炎症してる場所への注射は応急処置でしか過ぎないけど、もう少し長く効き目が欲しかったところ。 12月8日の出発前日にも予約が入ってるので、その時にまた注射してもらいます。


年齢と共に、いろんな障害が体に出るようになり、余生を楽しめないのか・・・と思うとちょっと落ち込み気味。 また里帰りでリフレッシュしなければ! と今日は暗い話ばかり。


追加報告!
最初の2週間とメンテの2週間で、合計14ポンド落としましたが、出来たらあと3ポンド落としたいところ。 しかし、里帰りで一気に戻るのが分かってるんだけどな。 とりあえず洋服は持っていかなくてもよいかも(嬉) 


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿

入力されたメールアドレスはブログオーナーのみ見ることができます。
URL:
Comment:
Password:
   非公開メッセージやブログ内容に関係の無いメッセージは、右メニューのMail Formへどうぞ 
ワンコを愛する人へ  

  •  犬の十戒
  •  犬の聖歌
  •  虹の橋
  •  ママ、もう泣かないで
  •  エンジェルの願い
  •  「どうしてなの・・・?」

    いつでも里親募集中

     CATNAP 放棄犬・長期保護犬の里親募集リンク
    下のリンクは、
    私がよく訪れさせて頂く
    ・動物保護ボランティア
    ・里親が見付かるまでの預かりボランティア
    ・そして里親になった方々
    のブログです。
    いつの日かは私も、預かりボランティアしたいと思ってます。


  •  ALMA (旧・CATNAP)
  •  大阪市動物管理センター
  •  滋賀県動物保護管理協会
  •  東京都動物愛護相談センター
  •  埼玉県動物指導センター
  •  Happy Paws
  •  今日もアオゾラ。
  •  仲良し三人組
  •  最後のラブレター
  •  小梅ロマンチカ
  •  ちばたりあんな
  •  晴れ ときどき 仮ママ
  •  陽だまり生活
  •  同僚Rのボラトリ日記
  •  潤君の里親さん探し
  •  みっき~とお友達のお部屋
  •  しあわせさん あいに来て
  •  chu*
  •  愛しい子達の預かり日記
  •  それ行け シーズー牧場!!
  •  いっぽ・ドレミ預かり日記
  •  さぁ~行くよ!
  •  わんこと一緒
  •  ♪わんことこども♪
  •  毎日を大切に。
  •  シーズー里親「愛しき天使たち」
  •  とびらの向こうへ...
  •  ぶんた君のお家探し
  •  君は君のままで
  •  のほほん家族
  •  I love Dog!~ワンコのおうち探し
  •  ママさがし
  •  預かり☆わんことの生活
  •  ひなたのヒナタぼっこ
  •  ☆くつろぎの中で☆
  •  もなか様秘密日記
  •  かわいすぎる件について
  •  みずママの日記
  •  ともnet~岐阜県可児市より発信
  •  ワンワン預かり日記
  •  動物ボランティア ミミの耳
  •  日向君預かり日記
  •  ◇◆ いらっしゃぁい♪ ◆◇
  •  幸せ探しのお手伝い
  •  向日葵
  •  My Sweet Home
  •  ペット里親会
  •  WAKABA HOUSE
  •  はなもげらちょびぃっとかい+
  •  ☆ホイップポン日記☆
  •  ゆっくリンク
  •  歩いて行こう
  •  ケイトログ「夢が叶うまで」
  •  かん太とマフィンとミーシャの毎日&お預かり犬ステイ日記
  •  新・ペリカン日記
  •  はじめの一歩!
  •  Animal Humane New Mexico
  •  Albuquerque Animal Care Center

  • おひめさまくらぶ

    Thumper Zorro-Chan



                                    

                      Copyright © 2006-2014 Ojou-Chan ☆続・いつか虹の橋のたもとで☆                 

     

    この前のページに戻るには

    powered by FC2ブログ. photo by ねこじゃらし日記 template by tora☆7kg
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。