Until We Meet Again at the Rainbow Bridge

シーズ犬おじょーちゃんとの思い出と
子犬Thumper&Zorro-Chanとの日常のブログ






    Ojou-Chan's Cocinita へ戻る
       フレーム内     フレーム外


当ブログの内容の無断転載、無断使用は禁止しております。

写真は全てクリック拡大できます。

スポンサーサイト
-- / -- / -- (--) | me |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Taos 旅行記2 ・ 史上最低の宿
2009 / 10 / 10 (Sat) | me |
2009年10月4日~5日のThumper と Zorro-Chan


3DSC08990.jpg
朝ごはんの風景


今回の旅行での、ワンコの反応を先に書きますと、いつもどおり、初めて行く場所では興奮し、Thumperは荒馬状態になりますが、それ以外では大して普通とは変わりませんでした。 ただし、移動中や宿泊先では、普段と違う環境にあるため、いつもならだらだらと寝ている事が出来なかったので、休息不足で少しお疲れ気味です。 隣の部屋にはシュナウザー2匹連れ夫婦が居ました。 誰かが夜遅く戻ってきて、車のドアの開け閉めする音に反応し、もちろん誰かが部屋の前を通過するたびに吠えるし、それだけが困った事で、後は環境の変化に関係なく、食欲はいつもどおりだし、前に泊まった動物の匂いに過敏になって興奮することもなく、マーキングもなく、オシッコ・ウンチもちゃんと外の散歩で済ませてくれたので安心。

3DSC08957m.jpg今回利用したのは、Adobe and Stars Bed and Breakfast Inn と言うところです。 ホームページの写真では、ものすごく良いところに見えますよね

B&B (Bed and Breakfast) と言うところに泊まったのですが(日本で言う民宿的な感覚だろうか?)、アメリカは基本的に宿泊には食事がつかないのですが、こう言うところは宿泊と朝食がついています。 ホテルでの食事と言うよりは、アットホームな雰囲気の家庭料理ってのがB&B の売り物。 犬連れでなく、犬があまり好きでない人も泊まるわけなので、我々の朝食は部屋の前のパティオでの食事です

3DSC08983.jpg3DSC08982.jpgむっちゃお天気で、半そででOKな気温でよかった。 我々が食事を待つ間、ThumperもZorroもお行儀良く待ってます(笑) 

犬だけを部屋に残して外出する場合は、ケージに入れるという規則があったので、我々はケージを持ち合わせないため、四六時中一緒ですから、ワンコ連れで行けるレストランがないため、夕食も部屋の中で、持ってきたクラッカーなどの前菜で済ませました。 だから旅先での美味しい物・・・を今回の旅行では語ることはできません。 

このB&Bを見つけたのは、ネットで『ペット同行でも歓迎される宿』で検索していったのです。 色んなホテルが有りましたが、なぜ此処に決めたかと申しますと、Bed and Breakfast で(大体部屋数が少ないのが普通で、ここも全部で8部屋だけ)、ペット歓迎で、所在地がTaos のど真ん中を少し離れた、景色の良い場所だったから。 ホームページには、全部屋に暖炉がついているとなってたのも気に入った。 本当なら2階の景色の良い部屋にしたかったけど、2階はカーペット、1階はペットもOKな様にレンガの床となっているらしく、ペット同行は1階の部屋しかだめ。 ところが予約前と到着してからでは大違いって事が多くて面食らうことに。

予約前には、『ペットだけを部屋に残して外出してはいけない』と言うルールしか知らされていなかった。 でも到着してから知らされたのは、他の宿泊客が接触する可能性のある場所にも入ってはいけないので、テレビが置いてある部屋も入れないし、ダイニングルームもだめ。 ダイニングルームが駄目だってのは理解できるけどね。 ベッドの上にペットが乗ってもいけないって事だった。 我々と一緒に寝るチビ達は、どこで寝ろと? ペット一緒では食事にいけないから、それならピッツァを部屋に持ち帰って食べようかな?と言うと、部屋では食事をしてほしくないらしく、ダイニングルームでしてくれと。 でもさ、ペット一緒でダイニングルームには入ってはいけないし、部屋にペットを残すこともいけない。 我々1人ずつ食事をしろと言うのだ。

到着して早々、あれこれ駄目だというルールばかりで、なにがペット歓迎のホテルだ!とむしゃくしゃした。 オーナーは上から目線の高飛車な感じの人で、私が座った椅子の横の椅子に足を乗せたら、目を吊り上げた。 足をおろしたら、ちょっと動かした椅子を素の位置に戻しに来た。 こちらはありがたく泊めていただいてる立場で、あちらは『泊めてやってる』って態度だった。 今現在私もホテルで働いている。 我がホテルでは、お客様の為には絶対NOと言う言葉は返さず、常に『なんとかします!』って気持ちで対処してきてる。 少しでも滞在しやすいように、少しでもこちらが歓迎している気持ちが伝わるように・・・ 

3DSC08977.jpg3DSC08986.jpg食事もひどかった。 ご覧の通り、この2品だけです。 オレンジジュースはグラスに注がれたけど、コーヒーは紙コップ。 

向こう側のパティオに座ってる夫婦は、マフィンがお皿に乗ってるのが見える。 帰宅してからホームページをチェックしたら、ビスケット、マフィン、フルーツが豊富に有るとかかれていたけど、我々が受けたのはこの2皿だけ。 ぜんぜんお腹が膨れない! 朝食は8時半から9時半で、7時15分から8時半までは、コーヒー、ジュース、フルーツのビュッフェがあると、部屋のお知らせにはかかれていたのに、実際7時45分にダイニングルームへ行くと、コーヒーのポットが1つ置いてあっただけ。 それも1杯分しか入っていなかったし。 ジュースとフルーツはどこ?

3DSC08967.jpgチェックイン後は、リフレッシュメントのサービスって事なのだが、アルコールしかないのだ。 アルコール駄目なんで、私の分をSteveに譲ろうとすると、『1人1杯だけ』と言って、Steveのビールしかいただけなかった。 なんで? なんでアルコールだめなら、アルコールのない物を用意してくれないんだ? おまけに、リフレッシュメントってのは、飲み物とチーズとクラッカーみたいなのがお決まりなのに、此処は飲み物だけ。

部屋ですが、ホームページの部屋は、超拡大されているように見える。 実際は我々の家の寝室の半分程度の大きさ。 暖炉があるのに、乾燥気候な為、キャンドルだけ使えとの事。 部屋の説明では、オーバーサイズのシャワーには、シャワーヘッドが2つついているとの事なのに、実際は1つだけしかついていなかったし・・・

文句を言っても、高飛車なオーナーは、きっと上から目線でしか応えないだろうから、もうあきらめた。 ペット同伴でなかったなら、居心地は良かったのかも知れないけど、我々はもう二度と此処には泊まらないだろうし、何がお友達を紹介してくださいだ! 二度といかないぞ、Adobe and Stars Bed and Breakfast Inn in Taos ! 仕返しに、夜の庭の散歩でのThumperのを置き土産にしてやったぞ!(爆) 

まあ、宿泊先は今までの人生の中で最低な場所だったけど、それを除けば全体的に良いたびでした。 チビ達も知らない場所に沢山いけたので、超ご機嫌で、超お疲れで、帰宅してからはぐっすり眠ってくれたし。 Zorroちんがホテルのベッドのシーツを食べないか、と心配したけど、それも大丈夫だったし(笑) 
コメント
この記事へのコメント
あや姐
ご苦労様でした・・・
気づかれして、くたびれましたね。
B&Bの建物もAdobe風で、素敵な建物だし、
やっぱり、オーナーの人柄にもよるんでしょうね。
ビールだって、Oちゃんの分をSteveに渡してもよかったのにと
思うし、なんだかがっかりね。
朝食も期待していたのとだいぶ差があったようだし、
いやな思いして残念でした、けど、サンパーしてやったね♪(笑)
ゾッロチの赤ととサンパーの黒のハーネスかわいいですね。

これに懲りずにどんどん出かければ、そのうち、
素敵な場所見つかると思います♪

PS今日、またメイル戻ってきてしまいました・・・トホホ
2009/10/11 (Sun) 08:16 | URL  [ Edit ]
ninuki
初めてのワンコ連れ旅行、お疲れ様でした。
色々と手続きもあるだろうけど、家族だもんね。
一緒に楽しく旅行できるのが一番v-238

それにしてもこのB&B、誇大広告しすぎちゃうん?
ユーザーリファレンスとかないのかしら?

置き土産、Good job!!v-218
2009/10/12 (Mon) 00:54 | URL  [ Edit ]
Ojou-Chan⇒あや姐さん
あや姐さん、こんにちは。

B&Bのオーナーは、とても神経質そうな、50代後半から60代に見える女性で、そこいらじゅう神経質そうに綺麗に整えてはりましたわ。 だから、少しでも乱すって事が許されないのでしょう。 なら Pet friendly なんて広告出すのはやめるべきだと思う。 我々も別のもっと快適な場所に行けたのにな。

朝食ね、故意か間違いか分かりませんが、絶対何か抜けてたと思います。 マフィンがあれば、もう少しお腹が膨れたのに・・・(怒) コーヒーが紙コップってのが許せなかったんです、わたし!

メール・・・なんでだろ?
2009/10/12 (Mon) 03:34 | URL  [ Edit ]
Ojou-Chan⇒ninukiさん
にぬっち、まいど!

初めてのワンコ連れとあり、私はかなりワクワクしてたよ(笑) ほんと、遠足の前日の小学生状態だった。 アメリカも日本みたいに、ペット同伴でもOKな食事が出来る場所が出来ると嬉しいけど、まず無理でしょう。 何もさ、ペットが嫌な人が集まる場所へ連れて行きたいわけじゃないんだ。 ペットが好きで、ペットが居てもOKって人だけが集まる場所でも良いんだけどな。 

お店でもね、日本はホームセンターだとか、ちょっとした乗り物だとか、ペット同伴でOKな場所が多いけど、アメリカはまずペットショップ以外はだめだからね。 

置き土産v-294 こう言うときに、Thumperがセントバーナードサイズだったら面白かったのに!(爆) 
2009/10/12 (Mon) 03:37 | URL  [ Edit ]
コメントを投稿

入力されたメールアドレスはブログオーナーのみ見ることができます。
URL:
Comment:
Password:
   非公開メッセージやブログ内容に関係の無いメッセージは、右メニューのMail Formへどうぞ 
ワンコを愛する人へ  

  •  犬の十戒
  •  犬の聖歌
  •  虹の橋
  •  ママ、もう泣かないで
  •  エンジェルの願い
  •  「どうしてなの・・・?」

    いつでも里親募集中

     CATNAP 放棄犬・長期保護犬の里親募集リンク
    下のリンクは、
    私がよく訪れさせて頂く
    ・動物保護ボランティア
    ・里親が見付かるまでの預かりボランティア
    ・そして里親になった方々
    のブログです。
    いつの日かは私も、預かりボランティアしたいと思ってます。


  •  ALMA (旧・CATNAP)
  •  大阪市動物管理センター
  •  滋賀県動物保護管理協会
  •  東京都動物愛護相談センター
  •  埼玉県動物指導センター
  •  Happy Paws
  •  今日もアオゾラ。
  •  仲良し三人組
  •  最後のラブレター
  •  小梅ロマンチカ
  •  ちばたりあんな
  •  晴れ ときどき 仮ママ
  •  陽だまり生活
  •  同僚Rのボラトリ日記
  •  潤君の里親さん探し
  •  みっき~とお友達のお部屋
  •  しあわせさん あいに来て
  •  chu*
  •  愛しい子達の預かり日記
  •  それ行け シーズー牧場!!
  •  いっぽ・ドレミ預かり日記
  •  さぁ~行くよ!
  •  わんこと一緒
  •  ♪わんことこども♪
  •  毎日を大切に。
  •  シーズー里親「愛しき天使たち」
  •  とびらの向こうへ...
  •  ぶんた君のお家探し
  •  君は君のままで
  •  のほほん家族
  •  I love Dog!~ワンコのおうち探し
  •  ママさがし
  •  預かり☆わんことの生活
  •  ひなたのヒナタぼっこ
  •  ☆くつろぎの中で☆
  •  もなか様秘密日記
  •  かわいすぎる件について
  •  みずママの日記
  •  ともnet~岐阜県可児市より発信
  •  ワンワン預かり日記
  •  動物ボランティア ミミの耳
  •  日向君預かり日記
  •  ◇◆ いらっしゃぁい♪ ◆◇
  •  幸せ探しのお手伝い
  •  向日葵
  •  My Sweet Home
  •  ペット里親会
  •  WAKABA HOUSE
  •  はなもげらちょびぃっとかい+
  •  ☆ホイップポン日記☆
  •  ゆっくリンク
  •  歩いて行こう
  •  ケイトログ「夢が叶うまで」
  •  かん太とマフィンとミーシャの毎日&お預かり犬ステイ日記
  •  新・ペリカン日記
  •  はじめの一歩!
  •  Animal Humane New Mexico
  •  Albuquerque Animal Care Center

  • おひめさまくらぶ

    Thumper Zorro-Chan



                                    

                      Copyright © 2006-2014 Ojou-Chan ☆続・いつか虹の橋のたもとで☆                 

     

    この前のページに戻るには

    powered by FC2ブログ. photo by ねこじゃらし日記 template by tora☆7kg
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。