Until We Meet Again at the Rainbow Bridge

シーズ犬おじょーちゃんとの思い出と
子犬Thumper&Zorro-Chanとの日常のブログ






    Ojou-Chan's Cocinita へ戻る
       フレーム内     フレーム外


当ブログの内容の無断転載、無断使用は禁止しております。

写真は全てクリック拡大できます。

スポンサーサイト
-- / -- / -- (--) | me |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
冬の渡り鳥がいっぱい--Bosque del Apache
2006 / 02 / 02 (Thu) | me |
Bosque del Apache National Wild Life Refuge

アルバカーキーから南へ車で約2時間、サンアントニオという町にこの、ボスケ・デル・アパッチがあります。 アメリカでもココは結構有名な、渡り鳥が行き来する場所です。 毎年10月末あたりから、ボスケはスノー・ギースで一杯になります。 11月の中間から末あたりがピークで、インターネットサイトによると、合計340種類もの生き物が寄り集まってくるそうです。

一番多いのが、ダック(アヒル)で、カナディアン・ギースやスノー・ギースも断然多い。 11月末あたりには、サンドヒル・クレーンと言う、グレーの鶴(表紙の写真)もやってきます。 白鳥もみましたし、まれに丹頂鶴やサギもいます。

鳥以外にも、目の前でワイルドなコヨーテをみましたし(アルバカーキーでも普通に歩いてるけど)、アメリカの国鳥、ボールドイーグルも見かけたりします(カメラ出したら逃げられた)。

何万羽という鳥が一斉に飛び立つ光景は、言葉に表せない迫力を感じます。 だけど、毎年同じ場所に鳥って戻ってこれるんですね。 方向音痴の私には、決して出来ないこと。 感心します。


以前ここを訪れたのは、10月と11月で、もっとたくさん鳥がいたんですが、今回(2006年1月21日)は少し数が少なかった。 行く時期によって、集まる鳥もちがうんですね。


bosque_71a.jpg
 
サムネイル写真は、クリックでそれぞれ拡大できます。

声を出しながら飛ぶ鶴群れの中に入っていくときは、上空から声を出しながら飛んできます。 群れの中の誰かが返事してます。 何を合図してるんだろう? 『ただいまぁ~~~!』『おかえりぃ~~~!』かなぁ?



そろそろ着地の用意ランディング・ギアの用意をしてるときって、変な飛び方するのね。






鳥のおケツこれは2羽のカナディアングースが、一緒に水中のえさを探してるところ。 お尻が上向き。










目つきの悪い鳥アヒル? 鴨? 頭はすごくきれいなエメラルドグリーン。 でもくちばしがカモノハシみたいに、平たい。 目つきが少々悪いのは、私から遠ざかりたくて、一生懸命泳いでいたからだと思う。



189a.jpgサンドヒル・クレーンの集まり。 田中はんも、山田はんも、みっちゃんも、みんな寄っといでぇ~~!









180a.jpgコヨーテ。 我々の様子を伺っている。









ハミングバードボスケとは関係ないけど、渡り鳥絡みで、夏の渡り鳥のハミングバード(ハチドリ)の紹介。 毎年5月から9月にかけて、北からやってきて、暖かい場所を求めてメキシコへ渡ります。 これは我家の裏庭の餌を食べているところ。 赤い色に寄ってきますから、砂糖水に着色してありますが、一旦常連になってくれると、色つけ無しでも来てくれます。 縄張り意識の激しい鳥なので、喧嘩が耐えないです。







ボスケ公式サイト
http://southwest.fws.gov/refuges/newmex/bosque/

生息する生き物を詳しく説明したサイト
http://southwest.fws.gov/refuges/newmex/bosque/





ブログランキングに参加してますので
下のボタンをクリックお願いね!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓



にほんブログ村 総合ブログへ投票

コメント
この記事へのコメント
花蓮
孔雀って間近で見たら大きいでしょうね~。
そりゃあウ○コも大きいはず(笑)。
でもなぜか、オスの孔雀を見ると「羽を広げて見せて~!」って
言いたくなっちゃう(笑)。
鳥にも縄張りがあるのか、よく空中でカラスととんびが喧嘩してるのを
目撃します。
キツツキは、それはやかましいでしょうね。
木でもメタルでも、ましてや人の家でも、おかまいなしなんですね(笑)。
鳥の鳴き声にも好まないのと好むものがある。
カラスが鳴いてると「うるさい」と感じるけど
鶯や雲雀が鳴いていると「風情がある」と感じる。勝手ですね~(笑)。
これから春になると軒下にツバメもやってきます。
2006/02/02 (Thu) 15:03 | URL  [ Edit ]
Ojou-Chan
Wild Catさま、ほんと、夜更かしで早起きだねぇ~ お肌がまがって・・・あ、ごめん、いまさら気遣いは遅いって?
いやいや、こう言う自然は、ニューメキシコにはたくさんあります。 これから少しずつ、NMの自然を楽しめる場所の紹介をしていきたいと思ってます。 
たとえば、この渡り鳥たちは冬の寒いとき(池なんて凍ってたよ)しか来ない鳥だけど、夏には暖かい場所を求めてくる鳥ももちろん居ます。 ハチドリなんてその代表かな?
あと、夏にしか見れないものは、カールズバッドと言う、つい最近まで、世界で一番大きな鍾乳洞だったところ(最近中国でまだでかいのが発見されたらしい)で、渡りコウモリが居ます。 安心してください。 人間の居る場所には来ないから。 ただ、夕空を旋回しながら、えさを求めて何万匹が飛び立つ姿には、圧巻です。
ホワイトサンズもあるし、また別のページをつくるね。 
あと、氷で出来た洞窟があるらしい(年中氷)けど、Steveいわくつまらないそうです。
クレーターと言う、隕石が落ちてそのインパクトで出来た穴もあるけど、これもSteveいわく『大きな穴が地面にあるだけ』だそうです。
2006/02/02 (Thu) 07:10 | URL  [ Edit ]
Wild Cat 
おっ、一番だ!早起きは三文の得?(笑)
本当に綺麗な所だね~ 
車で2時間で、こんな自然があるなんて、羨ましいなぁ。
いつか御一緒させてねぇ~~~(風の強い日は嫌!!爆)
2006/02/02 (Thu) 06:39 | URL  [ Edit ]
マンマ
おはよう~昨日はえらい雨が降って寒かったけど・・・
今日は良いお天気になったよ!!
私はハミングバードをみるのが大好きです~
あの飛び方がとってもかわいくて、ちょっと大きな虫みたいな!
本当に忙しく飛び回るあの姿がかわいい!!
しかし、大自然の中にいたら気持ちが和らぐだろうなぁ~
うらやましい!
2006/02/02 (Thu) 08:50 | URL  [ Edit ]
Ojou-Chan
マンマさん、おはようさん。
ハミングバードはすごいよぉ~~ 耳元でブンブントンで来る。 顔を攻撃されそうになった事もあるし、鼻先10cmほどでにらまれたこともある。
つまり縄張り意識が強く、人間なんて怖がって居ない。 裏庭の野鳥達は、少し我々が窓の前を横切っただけでも、餌から飛び立っていくけど、ハミングバード達は強いわ。
一時期マニアックになってて、1つのフィーダーに6つ吸い口が付いたものを合計13個ぶら下げてました。 1つずつ付いたら、一度に78羽のハミングバードが食事を楽しめるって事やけど、絶対にそうは行かない。 みんな喧嘩ばかりする。 でもそれでも数えて、最高30羽くらい一緒にダイニングしたことあるわ。 その年によって、来る数も違うけど、なんだか同じ鳥が毎年戻ってきてる気がする。 我々はHectorと名づけている。
日の出時間と日の入り時間が一番にぎわう。 コーヒー片手にパティオの椅子に座って、鳥を眺めるんが我々好きやけど、80歳くらいになった気分になるわ。
そうだ、アルバカーキーの自然動物保護団体からのお達しで、9月に入ったら、フィーダーを全部取り下げないといけません。 それは、いつまでも甘いお汁のためにここにとどまって、寒くなる前に南に渡りそびれた渡り鳥は、死んでしまうからです。 だからいくらビービー、『餌が空やぞ!』って攻撃されても(裏庭のガラス戸を突っつかれたこともあり)、『あんたらの為やからなぁ~』と、餌やりを中止するのでした。
ハミングバードの巣って可愛いで。 人間の親指の爪程度の大きさよ。^^
2006/02/02 (Thu) 09:09 | URL  [ Edit ]
花蓮
こんにちは。
すごい自然がいっぱいのいいところですね。
写真からもおいしい空気が伝わってきそうです。
たくさんの鳥たちが一斉に飛び立つ光景は圧巻だろうなぁ。
うちのあたりも田舎なので結構、四季折々で鳥がいます。
カラス、鳩、雀、とんび、雲雀、うぐいす、ヒヨドリ、キジ、鴨、サギなど。
あんまり鳥のことは詳しくないので
以前、道を横切って歩いていた尾っぽの長いきれいな鳥を
孔雀と間違えてしまったことがあります。
「何ぼなんでもこの辺には孔雀はおらんやろ。あれはキジのオスやで。」と
夫に言われてしまいました~(笑)。
2006/02/02 (Thu) 10:04 | URL  [ Edit ]
Ojou-Chan
花蓮さん、我が家の裏庭に、孔雀がきたんですよ! われながら信じられなかった。
朝起きて、おじょーをおしっこに行かせようと、裏庭へのガラス戸を開けたら、コンクリートのパティオに、なにやら動物の糞が。 おじょーがするのよりも大きいの。 でも鳥特有の、糞の周りが水っぽく、白くにごった液体が。 こんなサイズの糞する鳥なんて居る?って考えてたら、裏庭の草陰で何かが動いて、ビェ~~~~ンって、船の汽笛みたいな音を発してるんです。 
一瞬くじゃく?って思ったけど、まさか!って自問自答した。 あの頃までレーザー手術する前なんで、裸眼では何も見えなかった。 そばにあったカメラをつかんで、とにかく動く物体に向けて写真を撮ったんです。 そしたら、飛んで塀の上に乗っかった。 その時点で、太陽の下に現れたので、裸眼でもオスの孔雀とわかりました。 これらの写真はそのときに撮ったもの。 
http://blog47.fc2.com/o/ojouchan/file/peacock1.jpg
草むらをごそごそする孔雀
http://blog47.fc2.com/o/ojouchan/file/peacock2.jpg
塀の上をあるく孔雀1
http://blog47.fc2.com/o/ojouchan/file/peacock3.jpg
塀の上をあるく孔雀2
http://blog47.fc2.com/o/ojouchan/file/peacocka.jpg
アルバカーキー動物園の孔雀
随分たってから分かったことですが、あれは自然のものではなかった。 近所で孔雀を飼ってる人が居て、脱走犯で有名な孔雀だったそうです(笑) 
でも我が家の裏庭には、いろんな色の野鳥が来ます。 Blue Jayやオレンジ色でものすごく泣き声のきれいなカナリアみたいな鳥とかは、ハミングバードの甘い蜜を横取りする。 それと、キツツキなんですが、我が家のメタルで出来た煙突をつっつくのはやめて欲しい。 メタルだから、音が家の中で反響するんです(困)
2006/02/02 (Thu) 10:44 | URL  [ Edit ]
Ojou-Chan
花蓮さん、孔雀のオスが羽を広げる時って、交配時期にメスの気を引く為の行動だから、花蓮さんがメス孔雀の格好をするしかないですね!
>よく空中でカラスととんびが喧嘩してるのを目撃
え”ぇ~~~! 本当ですか? 見たことないや。 先日、ふくろうの様な鳥(足が毛深い感じの)が、小型の鳥を足でつかんで飛び立っていくのを見ましたが、大きな鳥同士の喧嘩は、見たこと無いです。
キツツキね、最近突っつく木が減ってきてるんでしょうか? 同じ鳥かは分かりませんが、家の前の電気のポールも鉄柱なんですが、それも先日突っついてました。 もしかして、キツツキの変質者?
日本では、軒下のツバメの巣を見かけましたが、こちらに来てから見かけないです。 それはやはり地域性のものなのだろうか? それとも、アメリカのツバメは、軒下派ではないとか? 木の枝に巣を作る鳥はたくさん居ます。 冬になって木が裸状態になったら、巣が露出しますから。 
えっと、アルバカーキーの自然を少しアップしましたので、このページの下の、『アルバカーキーの自然』のトラックバックをクリックしてみてくださいね。
2006/02/02 (Thu) 19:26 | URL  [ Edit ]
いら
こんばんは~。
めちゃめちゃ自然がいっぱい。
ハミングバードも来るんですね。素敵~。
「素晴らしき大自然」とかのTV番組のようです。
孔雀の姿も拝ませてもらいました(^人^)
うちも自然は有り余るほどですが、
見かける鳥は
カラス、スズメ、それから、
耕運機の後を虫を求めて(?)群がるサギ・・ぐらい。
以前、夫の父がやっていたスズメの捕獲・・
棒にザルを立てかけて、米をまく・・
なんて原始的な方法・・(^_^;)
でも実際に捕まったスズメがいたのには、さらに驚きました。
義父が飼っているニワトリたちと一緒に
しばらく鳥小屋に滞在していました。
2006/02/02 (Thu) 23:48 | URL  [ Edit ]
Ojou-Chan
いらさん、草とか借り入れた後には、虫とかが居るものなんですか? それでか! 先日主人が、雑草ぼうぼう状態の裏庭を刈り込んだんです。 その翌日、怖いほどの数の鳥が地面を突っついてて、あんなところに餌まいた覚えはないのになぁ・・・と思ってたんです。 なるほど。
そう言うわなに、本当にすずめってつかまるんですね。 
http://blog47.fc2.com/o/ojouchan/file/kotori.jpg
これは先日餌のお風呂にどっぷり使ってる野鳥の写真を撮ったものです。 頭のてっぺんが赤い。 何鳥だろう? 
こいやった写真はめったに撮れない。 カメラを構えた時点で、居なくなってることの方が多いから。
2006/02/03 (Fri) 03:34 | URL  [ Edit ]
コメントを投稿

入力されたメールアドレスはブログオーナーのみ見ることができます。
URL:
Comment:
Password:
   非公開メッセージやブログ内容に関係の無いメッセージは、右メニューのMail Formへどうぞ 
ワンコを愛する人へ  

  •  犬の十戒
  •  犬の聖歌
  •  虹の橋
  •  ママ、もう泣かないで
  •  エンジェルの願い
  •  「どうしてなの・・・?」

    いつでも里親募集中

     CATNAP 放棄犬・長期保護犬の里親募集リンク
    下のリンクは、
    私がよく訪れさせて頂く
    ・動物保護ボランティア
    ・里親が見付かるまでの預かりボランティア
    ・そして里親になった方々
    のブログです。
    いつの日かは私も、預かりボランティアしたいと思ってます。


  •  ALMA (旧・CATNAP)
  •  大阪市動物管理センター
  •  滋賀県動物保護管理協会
  •  東京都動物愛護相談センター
  •  埼玉県動物指導センター
  •  Happy Paws
  •  今日もアオゾラ。
  •  仲良し三人組
  •  最後のラブレター
  •  小梅ロマンチカ
  •  ちばたりあんな
  •  晴れ ときどき 仮ママ
  •  陽だまり生活
  •  同僚Rのボラトリ日記
  •  潤君の里親さん探し
  •  みっき~とお友達のお部屋
  •  しあわせさん あいに来て
  •  chu*
  •  愛しい子達の預かり日記
  •  それ行け シーズー牧場!!
  •  いっぽ・ドレミ預かり日記
  •  さぁ~行くよ!
  •  わんこと一緒
  •  ♪わんことこども♪
  •  毎日を大切に。
  •  シーズー里親「愛しき天使たち」
  •  とびらの向こうへ...
  •  ぶんた君のお家探し
  •  君は君のままで
  •  のほほん家族
  •  I love Dog!~ワンコのおうち探し
  •  ママさがし
  •  預かり☆わんことの生活
  •  ひなたのヒナタぼっこ
  •  ☆くつろぎの中で☆
  •  もなか様秘密日記
  •  かわいすぎる件について
  •  みずママの日記
  •  ともnet~岐阜県可児市より発信
  •  ワンワン預かり日記
  •  動物ボランティア ミミの耳
  •  日向君預かり日記
  •  ◇◆ いらっしゃぁい♪ ◆◇
  •  幸せ探しのお手伝い
  •  向日葵
  •  My Sweet Home
  •  ペット里親会
  •  WAKABA HOUSE
  •  はなもげらちょびぃっとかい+
  •  ☆ホイップポン日記☆
  •  ゆっくリンク
  •  歩いて行こう
  •  ケイトログ「夢が叶うまで」
  •  かん太とマフィンとミーシャの毎日&お預かり犬ステイ日記
  •  新・ペリカン日記
  •  はじめの一歩!
  •  Animal Humane New Mexico
  •  Albuquerque Animal Care Center

  • おひめさまくらぶ

    Thumper Zorro-Chan



                                    

                      Copyright © 2006-2014 Ojou-Chan ☆続・いつか虹の橋のたもとで☆                 

     

    この前のページに戻るには

    powered by FC2ブログ. photo by ねこじゃらし日記 template by tora☆7kg
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。