Until We Meet Again at the Rainbow Bridge

シーズ犬おじょーちゃんとの思い出と
子犬Thumper&Zorro-Chanとの日常のブログ






    Ojou-Chan's Cocinita へ戻る
       フレーム内     フレーム外


当ブログの内容の無断転載、無断使用は禁止しております。

写真は全てクリック拡大できます。

スポンサーサイト
-- / -- / -- (--) | me |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年春の里帰り報告2・赤穂と鳥羽の旅行記
2009 / 05 / 19 (Tue) | me |

決して怪しい物ではありません

3DSC07600.jpg


実はこれ、母と2人旅行先、赤穂にて私自身が作った塩なんです。 空港で見付かってたら、別物だと思われる様なパッケージでしょ?

今回の里帰りでは、1泊は母と2人で赤穂へ、もう1泊は両親、姉家族マイナス義兄と私の6人で、いつもの鳥羽へ行ってきました。 

5月4日-5日 赤穂への旅・赤穂浪士の町

ご存知の方も多いかと思われますが、実は私は忠臣蔵のお話が大好きで、いつかは赤穂城や大石神社を訪れてみたいと思っていたのです。 今回もJRの7日間使い放題パスを買ったので、大阪からは2時間弱でいける赤穂へ、1人でちゃちゃっと行って帰ってこようと思っていたら、母が私と2人で1泊しようと言ってくれたので、そうすることにしました。

3DSC07542.jpgまず最初は『花岳寺(かがくじ)』へ行って参りました。 浅野家と47士の菩提寺は、東京品川にある『泉岳寺(せんがくじ)』で、花岳寺は浅野家と47士を祭るために立てられたお寺だとされています。 よって、泉岳寺とはスケールが少々小さめにはなりますが、47士と赤穂藩主・浅野内匠頭(あさのたくみのかみ)のお墓が祭られています。 


3DSC07525b.jpg1023_sengakuji16.jpg左が花岳寺のお墓で、右が泉岳寺のお墓です。 これは2005年の秋に訪れた時の写真です。

私は仏教徒ではないので、お賽銭を入れたり、お香をたいて手を合わすと言う事は決してしませんが、歴史を歩くと言う意味では、こう言う場所を訪れるのが好きです。

3DSC07547c.jpgこの後は赤穂城跡へ行きましたが、今はお堀とお城がたっていた跡だけが残っていますが、ブライアさんによると、随分昔は赤穂高校が城跡内に建てられていたため、高校生は毎日お堀をまたぐお城への橋をわたっての登校だったそうな・・・ 夢のようですな(爆) 

3DSC07549.jpgその裏手が大石神社になっています。 此処にはそれぞれ47士の個別の石像が祭られています。 そして47士の個別キティちゃんも売ってます(爆) 

3DSC07890.jpg3DSC07882.jpg以前ブライアさんが武林唯七のキティちゃんを送ってくれたので、今回私が新たに買ったのは、堀部安兵衛(ほりべやすべぇ)、不破数右衛門(ふわかずえもん)、吉田忠左衛門(よしだちゅうざえもん)、寺坂吉右衛門(てらさかきちえもん)の5人で、母が買ってくれたのは、長袴をはき、烏帽子をかぶり、右手には松の廊下で抜いた短刀を手にした、浅野のお殿様のキティちゃん。 今後悔しているのは、吉良上野介(きらこうずけのすけ)のキティちゃんもあったのだから、買えばよかったと悔やんでいます。 これらどうするかって? 使えないよぉ~~~ また丁寧にたんすの引き出しにしまいこんで、時々出してはにんまりしてます(爆) 

3DSC07568.jpg3DSC07566.jpgこの日は赤穂浪士を堪能し、ホテルでも母と2人でたらふく海の幸のご馳走をいただきました。 これで体重が増えないわけが無い! 今日体重測定したら、出発前と比べたら、8ポンド(4kg近く)も増えてるではないか  空港で、豚インフルでなく、『ちょっとそこのあなた! 顔が になってますよ!』と呼び止められなかったのが不思議なくらいだ。

翌朝は兵庫県立赤穂海浜公園の中にある、塩の国へ行って、塩作りを初体験しました。 100均で見付かる小さな土鍋に、海水の6倍程度の塩分濃度の潅水(かんすい)が入っています。 これをふつふつと沸騰させ、竹の棒でぐるぐる混ぜるうちに水分が無くなり、徐々に塩が出来上がります。 たくさん塩も買ってきた。 重たいったらありゃしない!

3DSC07591.jpg 3DSC07595.jpg 3DSC07598.jpg 3DSC07619.jpg

この日は5月5日、こどもの日。 子供の入場料は無料ってんで、そこらじゅうに子供連れであふれていて、この塩作り体験室を見回すと、みんな小学生とそのお母さんが座る中、私のテーブルでは子供がこの47歳の私で、76歳の母が目の前に座ってるだけ。 ちょっと恥ずかしかった 


5月7日-8日 鳥羽への旅

3DSC07643.jpg鳥羽は毎回家族と行くのですが、近場で海の幸を楽しめて、しかも経済的だといえば、どうしても鳥羽を選んでしまいますが、どこでも良いのです。 家族一緒がたのしい。 出発の朝のお天気はどんよりしていましたが、3DSC07649.jpg京都から乗った近鉄電車の鳥羽駅を降りた頃には、かなりの本降りになり、ホテルに到着して以降は土砂降りで夜通し雷や風の嵐でしたが、翌朝はカラッと晴れ上がってくれた^^ 

食事はバイキングだから、ぜんぜん美味しそうに配列されている料理の写真はありませんが、またもやお腹パンパン状態。 ほんと、ダイエットに励まねばだめですね。

翌日は鳥羽水族館。 どーでもよいんだけど、姉がどうしても水族館へ行きたがる理由は、ジャニーズの亀梨くんって子の大ファンで(今日は確か東京のコンサートへ行ってるはず)で、水族館で亀グッズを買うのが楽しみで行きました。 あのさぁ~ 亀の買い物するのと、1人2400円の入場券払って入るのでは、素直に巨大な亀のぬいぐるみを買う方が安いと思うけどなぁ~

キャビアの母、チョウザメ 青いロブスターなんて初めて見た 可愛いあざらし 鮮やかな2色の魚

この水族館には、クリオネが居ますが、写真がどうも撮れない。 ピントがあわない。 それでビデオに収めました。





つきの旅行記は、東京、小倉、京都、神戸
コメント
この記事へのコメント
ブライア
記事を読みながら、「これをタイプしながら、Ojou-Chanは鼻息フンフンだったんだな~」って思うと、笑がこみ上げてくる(爆)

「決して怪しい物ではありません」 > 大石神社でキティーちゃんを必死に見繕ってる姿は、「決して怪しいではありません」とは言い切れなかったんじゃない?(爆笑)

いやいや、赤穂はOjou-Chanにとっては特別なところだもんね。
私にとってのスコットランドかな?(爆)

チョウザメのひげ・・・どじょう掬いに見えて仕方ないんだけど~。
2009/05/19 (Tue) 21:50 | URL  [ Edit ]
melocoton
四七士のキティーちゃんってところがさすが日本だ!

ぎゃはは、日本で4キロ太ったの??? 
私日本でいつも食べまくり飲みまくるけど、体重増加したこと無いです。
日本食があってるのかな??

亀の買い物で水族館、というお姉さまにも笑ってしまいました。

なんか今日は(っていつもか?)変なところに反応してごめーん。
2009/05/19 (Tue) 23:38 | URL  [ Edit ]
Ojou-Chan⇒ブライアさん
ブライアはん、まいど!

そう、鼻息フンフンだったけど、これでも抑えたのだ。 あまりにもマニアックな方向に行きそうになったから。 ブライアさんがGBを語る時に似てるんだろうか?(爆) 

母はキティちゃんには興味ないのに、私があさってるから、自分もあさり始め(笑)、『浅野のお殿さんは、長袴に烏帽子やでぇ~!』なんて興奮してました(爆) 何も私はキティちゃんが好きなのではなく、47士マニアなだけなんだけど、その気持ちをよーく利用してはりますなぁ、サンリオの方々! SMAPの信吾ちゃんがNHKの大河ドラマで新撰組の近藤勇を演じたときは、新撰組絡みのキティちゃんが売り切れ続出したらしい。 人間って単純だよなぁ~

チョウザメ、あんな顔してて、面白いよね。 ロシアの人はチョウザメ見て舌なめずりするのかな? 私はキャビアは苦手だからどーでもよいけど。 いくらがえーわ(爆) 
2009/05/20 (Wed) 00:53 | URL  [ Edit ]
Ojou-Chan⇒melocotonさん
melocotonさん、まいど!

ご当地キティちゃんの数ってすごいわ。 赤穂はもちろん赤穂浪士だけど、鳥羽へ行った時に見かけたのは、海女さんキティ、真珠キティ、イルカに乗るキティ、海がめに乗るキティ、松坂牛キティ・・・数え切れない。 私は後にも先にも、赤穂浪士だけで終わるだろうけど、一つだけ違う色のを持ってる。 あや姐さんが里帰りしたときに、『お嬢吉座キティ』を見つけてくれた。 ワンコおじょーにちなんで。 有難いことです。

姉はケチケチ人間だけど、好きな事には懐の紐がゆるい。 亀とつくものは何でも買うらしい。 水族館も本物の亀には興味ないくせに、亀の何かが欲しかっただけならしい。 51歳の変な人だ。 二十歳やそこらのジャニーズの子たちのコンサートには、会場はおばちゃんの海ならしい(怖) 

変なところに反応するのは、ブライアさんの特許なんだけどなぁ~(笑) 
2009/05/20 (Wed) 00:58 | URL  [ Edit ]
Mima
手作りの塩!きっと甘味があるおいしいお塩なんだろうとお察しします。この乾燥しているニューメキシコでは湿り気のある塩でもきっとすぐ干からびてしまうのでしょうね。私も沖縄の黒砂糖が見事カラカラに乾燥してしまった経験があります。でもこれだけの塩だと重かったでしょう!砥石といい、この塩にしても、重量が心配だったでしょうね。こちらに戻ってくる直前に、御実家で荷物の重量制限ギリギリまで荷作りなさっていたのだろうとお察しします(笑)。Ojou-さんも本格的に就職が決まるとまたいつ日本に帰れるかわからないでしょうから、今回ご家族の皆さんと旅行ができて、きっといい思い出になったことと思います。

私も日本にいるとほぼ無制限で食べるので体重増で帰国しますが、まずいアメリカ食に戻ると体重も落ち着いてきます。それにしても湿気のせいか、標高の違いなのか、日本では体がむくんで倦怠感がある気がするのですが、Ojou-さんはこうした経験ありません?超乾燥地帯・空気の薄さに慣れてしまっているせいでしょうか(笑)。

とうとう明日からお仕事再開ですか?時差ぼけはなおりましたか?頑張ってくださいね!
2009/05/20 (Wed) 10:42 | URL  [ Edit ]
Ojou-Chan⇒Mimaさん
Mimaさん、こんにちは。

ちょっと甘みのある塩です。 何よりも自分で作ったから、なおさら美味しいんだけど、塩作りの話しをChef Carmine にしたら、どうしてもその手作り塩が食べたいというから、チョビットだけおすそ分けをする。 ますます、何かの取引をしているように見えるビニール袋の中のもの(爆) 

塩も砥石も重たいけど、重たいのはこれだけではありません。 とにかく機内預けの制限ぎりぎりにするには、機内手荷物が重たくなってしまい、塩、砥石のほかにかなりの量の本。 出発前にアマゾンでオーダーして実家に届けてあった本のほか、BookOffで買った本もいっぱい。 本屋大好き! 行くべきじゃないよね!

日本に居る間は、ほぼではありません。 確実に無制限で食べます。 通風によく無いたらこも干物も食べます。 だって、日本でしか口に出来ないんですもの。 

私は日本の湿気のせいで、髪の毛が見事な状態になってました。 全くまとまりが無く、顔にまとわりついて、全部引き抜きたい気持ちになった。 倦怠感は特に感じなかったのですが、いつも不思議に思うのは、私は最初の26年間、どうやってこの日本の気候に耐えてきたのだろう?ってこと。

この5月でさえ、蒸し暑くて汗だく状態なのに、6月や7月なんて、絶対死にます。 私は半そで短パンなのに、周りの人たちは長袖でジャケットまで着てる。 だめだ・・・

明日から4時45分起き、6時出勤です。 憂鬱・・・
2009/05/20 (Wed) 11:55 | URL  [ Edit ]
あや姐
甘いお塩なんて、どんな味なんでしょう。
お料理に使うときっと濃くが出てくるんでしょうね。

私も夫と鳥羽へ行った事があります。
真珠島にも船で行き、面白かったです。
それにお魚がおいしかった事思い出しました。

キティちゃん、本当いろいろなのが出てて、
好きなもの集めるが楽しくなるし、
イヤリングを飾るもののショーケースみたいなものに
飾ると、みるのも楽しくなるんじゃないでしょうか?

もう今頃は(今朝の6時5分)Oちゃんは仕事で出かけたことでしょう。
バージニア時代を思い出しちゃいました。
毎朝5時前におき、真っ暗中、ヨーキーを用足しにだし、
もう大変だった。

2009/05/20 (Wed) 20:09 | URL  [ Edit ]
あつ
>私は最初の26年間、どうやってこの日本の気候に耐えてきたのだろう?

それほど快適ってことなのね、ニューメキシコが…(羨)。

クッキーやマカロンは一年のうち半年程度しか安心して焼けない。
しばらくしまって置いた衣類や布がカビてるなんて当たり前。
関節の悪い人がアメリカ本土にいる間だけは、節々の痛みを忘れられたって言ってた。

あ~憧れるぞ!「乾燥地帯」!!!
2009/05/20 (Wed) 22:43 | URL  [ Edit ]
Ojou-Chan⇒あや姐さん
あや姐さん、こんにちは。

単にしょっぱいだけの塩って、喉がいがいがしたりしません? とってもマイルドな感じです。

私の時代の大阪の小学校の修学旅行と言えば、必ず三重県の伊勢志摩だったんです。 その時にお伊勢参りしたり、神宮見学したりして、鳥羽水族館と真珠島へ行きました。 もう30年以上前になりますね。 あれ以来真珠島には行ってません。 けど水族館は何度か行ってる。 このあたりではお手ごろな距離と価格の場所です。

キティちゃんをイヤリングショーケースに飾るってのはすごくよいアイデア! 探してみよう! でも、そうなると・・・47士すべて揃えたくなるじゃありませんか!(爆) 

久しぶりの出勤で、途中で眠くなりました。 今日のクラスはSnickerdoodleと言うクッキーを焼いたんですが(シナモンが生地に入ったシュガークッキーで、焼き上がりにシナモン入りのグラニュー糖でコーティングする)、2枚食べてしまいました。 やっぱりベーキングとダイエットは合わないですね(汗) 
2009/05/21 (Thu) 08:22 | URL  [ Edit ]
Ojou-Chan⇒あつさん
アツさん、まいど!

湿気が苦手な人には、ドライな気候のNew MexicoやColorado が最適だと思う。 でも皮膚が敏感な人には辛いかも。 かかと、ひじ、膝が常に荒れていて、日本滞在中にやっとすべすべかかとになったのに、Albuquerqueに戻り次第、1月15日あたりの鏡餅みたいにひび割れてしまいました。 ローションは小さなチューブでなくて、巨大なボトル売りですよ。

けど、マカロンを焼いたり、焼き上がりのお菓子が湿気る事を思うと、乾燥地帯は適しているだろうと思う。 日本は梅雨時期にはクロカンブッシュが駄目でしょう? Albuquerqueは年中OKよ!

ただ乾燥しすぎて、コンタクトレンズがよくずれる。 しっかり密着してくれないし、喉がからからにいがらっぽくなって、よく空咳がでる。 静電気が起こりやすいから、最高機密のICチップ製造なんてね、その部分だけすごく加湿してあったりするわ。 

三温糖とか上白糖はね、乾燥してがりがりになるよ。
2009/05/21 (Thu) 08:28 | URL  [ Edit ]
あまおう
出た!例のブツが!!!(笑)

変なモノと間違われて没収されないかと心配したけど、無事やったんやね。
しかし、入れ物がビニールだと更に怪しさが増すような・・・(爆)

チョウザメのヒゲが、私には『鼻毛』に見えて仕方ないわ~(笑)
鮫なのに、全然コワくないもん。
その鼻毛、私に切らせて欲しい!!!

しかし・・・お姉さんの『亀』好きはスゴイなぁ~!
亀梨=亀グッズ・・・って、次は全国の梨を集めたりして・・・(笑)
でもね、その年令になっても(失礼!)熱中するものがあるのはいい事かも・・・。
2009/05/21 (Thu) 21:01 | URL  [ Edit ]
Ojou-Chan⇒あまおうさん
あまおうさん、まいど!

手荷物の砥石の下に塩を並べ、疑わしいものはその一番下にしいていた。 砥石がショッキングでそこまで行かなかったのかもしれない。 味見したら塩って分かるんだけどなぁ~

チョウザメ、本当に鼻毛に見えるよね・・・って、鼻毛じゃないの?(爆) ものすごい愛嬌のアル顔してる。 スナメリも愛嬌あるわ。

姉は何でも夢中になる人。 小学校の頃、デビューしたての森進一のファンになり(小学生が『女のためいき』聞くんやでぇ~)、ずーっと森進一ファンだったけど、森昌子と結婚したあたりから気持ちが離れて行ったと思う。 森昌子は姉と同い年で不細工なのが気に入らん買ったらしい(爆) 

そしてSMAPの中居君や信吾ちゃんが好きになり、SMAPが表紙になってるテレビ雑誌なんて、どれを見ても同じなのにみんな買い集めてたわ。 そして3~4年くらい前から、この亀梨って子のファンになり、どこまでもついていくらしいよ。 今週は東京とまりでコンサートだったし。

ドラゴンボールかな? 孫悟空とかのキャラクターのメンバーで、『亀』ってのがいるらしく、それも集めてるらしく、ソファには巨大な亀文字入りのクッションもあるよ。

ブライアさんにはGBがいるし、私も夢中になれる相手が欲しいなぁ~
2009/05/22 (Fri) 00:42 | URL  [ Edit ]
あまおう
お姉さん、シブい!
小学生で『森進一』なんて、あまりにシブ過ぎる!(爆)
しかも、結婚した相手が森昌子で、ブサイクだったから、気に入らなかったなんて、もう、むちゃくちゃ笑えるぅ~!!!(笑)

”私も夢中になれる相手が欲しいなぁ~”

私も!!!
最近、『いいなぁ~e-266』とは思っても、熱中するほどでもないしなぁ~
昔、ベイシティーローラーズのレスリーが大好きで、ポスター見ては毎日ため息ばっかりついてたのに・・・(爆)

あの情熱はいったい何処へ???(笑)
2009/05/22 (Fri) 12:55 | URL  [ Edit ]
Ojou-Chan⇒あまおうさん
あまおうさん、まいど!

姉も渋いけど、私も中学生でいながら、布施明ファンって変だといわれたなぁ~ コンサートへ行くと、周りは中年女性ばかりだったし。 あの頃はかなり年上の人たちも、今の私よりは若かっただろうけど(爆) 

ベイシティーローラーズ! 懐かしい! 個別の名前は知らないけど、Saturday night なんとかって歌を覚えてる。 その頃私はThe Queen のファンだったかな? 

布施明は大人の魅力だから、ぎゃーぎゃー騒ぎ立てるほどの熱狂した事は無いわ。 あ~ 夢中になれる相手が私も欲しい。
2009/05/23 (Sat) 09:47 | URL  [ Edit ]
ブライア
GBに夢中~♪

やっぱり若さかしらん~♪♪  勝利!
2009/05/23 (Sat) 14:47 | URL  [ Edit ]
Ojou-Chan⇒ブライアさん
ブライアはん、まいど!

なんやねん、『勝利!』って!!!(鼻息荒) 

大して変わらんくせしてからにぃ~~~~!
2009/05/25 (Mon) 09:59 | URL  [ Edit ]
コメントを投稿

入力されたメールアドレスはブログオーナーのみ見ることができます。
URL:
Comment:
Password:
   非公開メッセージやブログ内容に関係の無いメッセージは、右メニューのMail Formへどうぞ 
ワンコを愛する人へ  

  •  犬の十戒
  •  犬の聖歌
  •  虹の橋
  •  ママ、もう泣かないで
  •  エンジェルの願い
  •  「どうしてなの・・・?」

    いつでも里親募集中

     CATNAP 放棄犬・長期保護犬の里親募集リンク
    下のリンクは、
    私がよく訪れさせて頂く
    ・動物保護ボランティア
    ・里親が見付かるまでの預かりボランティア
    ・そして里親になった方々
    のブログです。
    いつの日かは私も、預かりボランティアしたいと思ってます。


  •  ALMA (旧・CATNAP)
  •  大阪市動物管理センター
  •  滋賀県動物保護管理協会
  •  東京都動物愛護相談センター
  •  埼玉県動物指導センター
  •  Happy Paws
  •  今日もアオゾラ。
  •  仲良し三人組
  •  最後のラブレター
  •  小梅ロマンチカ
  •  ちばたりあんな
  •  晴れ ときどき 仮ママ
  •  陽だまり生活
  •  同僚Rのボラトリ日記
  •  潤君の里親さん探し
  •  みっき~とお友達のお部屋
  •  しあわせさん あいに来て
  •  chu*
  •  愛しい子達の預かり日記
  •  それ行け シーズー牧場!!
  •  いっぽ・ドレミ預かり日記
  •  さぁ~行くよ!
  •  わんこと一緒
  •  ♪わんことこども♪
  •  毎日を大切に。
  •  シーズー里親「愛しき天使たち」
  •  とびらの向こうへ...
  •  ぶんた君のお家探し
  •  君は君のままで
  •  のほほん家族
  •  I love Dog!~ワンコのおうち探し
  •  ママさがし
  •  預かり☆わんことの生活
  •  ひなたのヒナタぼっこ
  •  ☆くつろぎの中で☆
  •  もなか様秘密日記
  •  かわいすぎる件について
  •  みずママの日記
  •  ともnet~岐阜県可児市より発信
  •  ワンワン預かり日記
  •  動物ボランティア ミミの耳
  •  日向君預かり日記
  •  ◇◆ いらっしゃぁい♪ ◆◇
  •  幸せ探しのお手伝い
  •  向日葵
  •  My Sweet Home
  •  ペット里親会
  •  WAKABA HOUSE
  •  はなもげらちょびぃっとかい+
  •  ☆ホイップポン日記☆
  •  ゆっくリンク
  •  歩いて行こう
  •  ケイトログ「夢が叶うまで」
  •  かん太とマフィンとミーシャの毎日&お預かり犬ステイ日記
  •  新・ペリカン日記
  •  はじめの一歩!
  •  Animal Humane New Mexico
  •  Albuquerque Animal Care Center

  • おひめさまくらぶ

    Thumper Zorro-Chan



                                    

                      Copyright © 2006-2014 Ojou-Chan ☆続・いつか虹の橋のたもとで☆                 

     

    この前のページに戻るには

    powered by FC2ブログ. photo by ねこじゃらし日記 template by tora☆7kg
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。