Until We Meet Again at the Rainbow Bridge

シーズ犬おじょーちゃんとの思い出と
子犬Thumper&Zorro-Chanとの日常のブログ






    Ojou-Chan's Cocinita へ戻る
       フレーム内     フレーム外


当ブログの内容の無断転載、無断使用は禁止しております。

写真は全てクリック拡大できます。

スポンサーサイト
-- / -- / -- (--) | me |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年春の里帰り報告1・空の旅は嫌だ!
2009 / 05 / 17 (Sun) | me |
4月28日から5月14日まで、大阪へ里帰りしてました。 今日はその報告記録です。 

4月27日まで最後の期末テストがあったので、それが終わり次第の里帰り。 いつもなら買い物したり、荷造りを始めたり、留守中Steveが食べられるように、まとめて料理して冷凍したりするけど、今回は充分に準備出来る事なくの出発。 出る前からややこしかった。 そのややこしさの上塗りをするがごとく、巷ではインフルエンザ発生。 これが私の今回の最大の問題になるとは知る由もなし。

3DSC07010.jpg今回もAlbuquerqueから通しでUnited航空利用。 San Francisco経由で関空に入りました。  離陸直後のSan Francisco上空の写真です。 飛行機後部の2人席の隣は開いていたので、とても快適だったけど、前の席に1歳くらいの泣き喚く子供がいたので、あまり睡眠取れずでした。 他の席にもたくさん幼児はいたのに、私の前の席の幼児だけ、泣くのが好きと言うか、母親が無頓着と言うか・・・

日本入国編

3DSC07017.jpgまず関空に到着したのがゴールデンウィークの初日の4月29日。 聞くところによると、この日から空港検疫が始まったそうで、機内で問診用紙が配られた。 質問には、『鼻が詰まっているか』とか『咳は出るか』とか、『熱はあるか』など。 私は春先にアレルギーで空咳が良く出るけど、インフルとは関係ないのであえてチェックマークせず。 でも『風邪予防対策はとっているか?』との質問にはして、いつも飛行機の旅では、機内の汚い空気の循環のせいでが、日本到着後に良く調子が悪くなるので、今回はその予防策として、ちゃんとAirborneと言う予防のサプリを服用してた。 

airborne.jpgそれを正直に書いたがために、5人ほどの検査官に取り囲まれる事になる。 『病気だから飲んでるんじゃないのか?』ってのが理由だったんだろうけど、まさかしたばかりにこんな騒動を引き起こすとは想像もせず。 やいやい言う検査官の中の偉いさん風の人が、『予防策として服用されていたのですね?』と言ってくれたので、『そうです』と応えてやっと開放された。 体温は35.3℃と普通よりも低い。 私はいつも低いから、反対に私の体温が36.5℃なんて出ていたら、傍目にはOKかも知れないけど、私自身はすでにしんどくなってるところ。

しかし検疫官も大変ですね。 完全防備で乗り込む機内は、エンジンが切られた状態なために異様に蒸し暑い。 玉のような汗を流しながらの個別質問は見ているだけで気の毒でした。 結局足止めは40分程度で終わったけど、翌日の30日からフェーズアップされたために、検査はもっと念入りに、もっと時間をかけて行われたようなので、想像するだけで大変だ。

3日後に岸和田の保険所から電話が入り、入国後の私の体調を聞いて来た。 Airborneのおかげなのか、今回はすこぶる体調良し。 いつもなら2週間の滞在の半分は、なんらかの体調不良でぐずついてるんだけど、今回は初日から絶好調。 そして入国10日後にまた保健所から電話があり、体調良好の最終確認を取られた。 保健所も大変だなぁ。 入国した人を個別チェックしないといけないのだから。


日本出国編

3DSC07876.jpg見送りに着てくれた母、姉、姪と別れを告げたその直後は、搭乗口へ向かうセキュリティーチェック。 そこで手荷物を開けられる事に。 今まで何十回と帰国する中、大阪で荷物を開けられたのはこれが初めて! 包丁用の砥石を3種類手荷物に入れてました。 重たいけど、機内預け荷物の1個の制限が22kgなので、手荷物も必然的に重たい物となってしまい、割れて欲しくないし砥石を入れてたのが悪かったらしく、一体何物だ?ってな様子だったんでしょうね。 荷物をあけてチェックして、砥石だと分かって通してもらえましたが、アメリカ入国後が大変だろうなぁ~なんて思い始めた頃だった。

水際対策で、日本へ入国する人たちのチェックで大変な中、国を出る人間の健康状態なんて、日本の検疫側の知ったこっちゃないだろうから、出るには問題ないだろうなんて思ってたのが大間違い。 San Franciscoから到着した同じ飛行機を利用してのとんぼ返りなため、その飛行機が空にならないことには、San Franciscoへの準備に取り掛かれず、我々は乗り込めないのだ。 出発は2時間弱遅れた。 14日の午後5時半出発のはずが、7時20分出発となる。 2時間程度で済んだのは幸いだったのだろうか? だけど、私が出国した翌日から、日本で最初のインフルが確認されたらしく、余計に検査が厳しくなったんだろうな。


アメリカ入国編

San Franciscoへは、現地時間で14日の午後12時45分(日本の15日午前4時45分)に到着。 Albuquerqueへのその日の唯一の直行便は12時40分発で、完全に乗り遅れることになる。 これが後々まで私を苦しめた。

空港のセキュリティーチェックでは、機内に危険物を持ち込む恐れのために荷物検査が行われますが、アメリカ到着後の検疫の検査では、持ち込んではいけない食品を持ってるかの検査があります。 果物や野菜はもちろん、事前検査なしの肉類はご法度。 スーツケースには、かなりご法度物が入ってた(汗) 鶏・牛肉エキスなどが含まれた、インスタントラーメン、スープの素などはだめなんだけどねぇ~~~ セキュリティーとはまた別物のX線機械に通された後、大きなスーツケース2個と背中のリュックはOKだったけど、またもや砥石が入った手荷物のスーツケースを開けられる。 今度は入ってるものすべて1個ずつチェックだから、検査台はごった返し。 ちゃんと崩れないようにと梱包してた焼き海苔とか、向こうは開けるだけだろうけど、しまいなおさないといけないのは私なんだから!

3DSC07783.jpg海のものはOKなので、真空パックになった鰊の昆布巻きなどはOKなんだけど、あまおうさんからいただいた長崎カステラをこねくり回し、原料に鶏卵は含まれては居るけれど、『ちゃんと調理してあるケーキ』だと説明したらOKだった。 だが問題は左のワンコクッキー。

大阪のシーズ仲間、ワンダーズの世話役ネェネ、可愛いパピヨンのハピィとふわりちゃんのお母さんのみきちゃん、ハンサム柴犬兄弟、ヤマト・タケルくんのお母さんのかよちゃん、カリスマトリマーであるミニチュア・シュナウザーののちゃんのお母さんのクルミちゃんからThumperとZorroにいただいた、『Celeb Wanko』ブランドのワンダーズご用達のわんこクッキー。 青い目のお兄ちゃん検査官は、たぶん日本語は分からないだろうけど、きっと『鶏』とか『牛肉』って漢字を教え込まれているのか、原材料部分を丁寧に観察してる様子。 見て分かるように、ワンコが食べそうなクッキーではない。 人間様がいただいて当然なように、綺麗に可愛くパッケージされているので、ワンコのクッキーと言っても信じてもらえないらしい。 犬=Wankoだとは知らないみたい。

本当にここのクッキーは、原料がサツマイモやカボチャと小麦粉だけで、じっくり低温で時間をかけて焼いてあるクッキーで、人間の歯がたたないほどの硬いクッキー。 卵や大豆に対するアレルギーのワンコも居るために、出来るだけそういうものは使われていないのだが! 犬用のお菓子に肉エキスが使われていないはずが無いとでも思ったのか、『ベジタリアンの犬のクッキーか?』なんて皮肉られる。 納得できない検査官は、隣でインド人入国者のトランクを開けて、中からはカレーだの液体ジュルジュル漏れたスーツケースを手袋で触ってる検査官に(爆)、『犬はサツマイモが好きか?』なんて聞いてた。 その検査官はワンコ持ちならしく、『ワンコは芋系統が好きだ』と応えてくれたからOKとなって通してもらったけど、ワンコ好きの検査官が居なかったらどうなっていたのだろうか? そもそもクッキーなんて焼いて調理してある物なのに、それにそんなに時間をかけるのはおかしい!(怒) 

麺類は?の質問には、大きなスーツケースには没収されて当然なものが入ってたけど(滝汗)、今チェックされているのはその小さいスーツケースだけなんで、『無い!』と胸を張って応えてOKされた(爆) 

当然乗り継ぎ飛行機を逃したので、次の便を予約しないといけない乗客でUnited のカウンターは長蛇の列。 やっとこさ、San Franciscoを午後4時発、7時半着のDenver行きのチケットと、Denverを9時半に出てAlbuquerqueへは10時47分に到着する便のチケットをもらった。 荷物を引き取って一度外へ出てるので、またもやSan Francisco空港へは入国のセキュリティーを通らないといけない。 此処でまた砥石からみでか、同じ手荷物をあけての検査。 砥石だというとOKしてもらえたけどね。

Denverに到着して降りる際に、座席の前のポケットに、新大阪駅で買った西村京太郎の推理小説を置き忘れてしまい、これが後々後悔の種になる。 推理小説を途中までって・・・むちゃくちゃイラつくもんですね(爆) 

さてDenverからAlbuquerqueへ向かう登場口では、私が乗るはずの飛行機に問題発生。 急いで修理処置を行うと同時に、代替の飛行機を手配中で、9時半出発予定ではあるが、新たに10時半出発と時間が変わる。 Albuquerqueへ迎えにきてくれるSteveは、普段なら9時半には就寝する人なので、12時前の出迎えはしんどいだろうなぁ~なんて思ってたら、10時の時点で便キャンセルの発表。 それがその日の最終便。 うぎゃぁ~~~~!

『皆さん、サービスカウンターに行ってください』の言葉と同時に、130人の乗客が我先にと移動する。 こう言うときはアメリカ人でも大阪のおばちゃんみたいになるらしい。 私は真ん中くらいに並んでる。 やっとこさ私が呼ばれたのが11時過ぎ。 15日の午前11時にDenver を出る搭乗券をもらい、その夜のホテルの手配もしてもらった。 前回の里帰りでは、真冬の天候不良で便がキャンセルされたときは、航空会社に責務が無いため、ホテルに泊まるなら自腹。 よって空港のベンチで寝る人が居るけれど、今回は航空会社の都合なのでホテルも無料。 Doubletree Hotelだったから良かったよ。

翌朝またDenver空港へ向かい、また手荷物で引っかかって開けられ(笑)、そして今度は問題なく、予定通りの時間にAlbuquerqueへ戻りました。 家に到着は15日の午後2時半(日本時間16日の午前5時)。 大阪の実家を出たのが14日の午後12時なので、帰宅までに41時間後の帰宅となりました。 あまり寝ていない。


Albuquerqueの自宅へ戻ると、ThumperとZorroちんからはとても歓迎されました。 たくさんお土産もあるよぉ~~~ あまおうさんからいただいたバスタオル、ワンダーズのネェネ、みきちゃん、かよちゃん、くるみちゃんからいただいたワンコクッチーと水分を即効吸収するワンコタオルを早速使ってお風呂にも入ったしね。

キッチンを見て驚く。 私が発つ前からあったパンがキッチンカウンターに鎮座してる(怖) 触るのも怖い。 冷蔵庫の中は大人に成長した(カビなどで毛が生えている)野菜や果物。 Steveがコーヒーを入れるとき、いつも挽いた豆をこぼすんでいつも私がその周りを掃除してるけど、今回は2週間以上放置された豆のこぼしかすが床にいっぱい


仕事は20日からなので、それまでに時差ぼけ調整できますように。 年を取るとなんでも時間がかかるぅ~~

コメント
この記事へのコメント
melocoton
おかえりー。
日本はさ、インフルエンザに神経質すぎ!
夫の知り合いが来週日本に出張なんだけど、訪問先の会社から、マスク着用を義務付けられたらしい。 イギリス人ってマスクしたこと無いから相当抵抗あるみたいよ。

私も先週バンクーバーにいて、感染者が多いんだけど、ロンドン入国のとき検疫なんて無かったよ。 

ワンちゃんのスナックまでチェックされるのね。 
ご苦労様でした!
2009/05/17 (Sun) 07:05 | URL  [ Edit ]
ブライア
お疲れ様! 昨日神戸でも新型インフルが発生して、神戸の一部の区の学校は1週間ほど休校になるらしいよ。

それにしても、帰り着くまでに41時間!

meloさんのいるイギリスにも、私のためにあるようなカナダにも、Ojou-chanのいるUSにも行きたいけどさ、Ojou-Chanが書いてるような航空機トラブルに私が対処できるわけがないやん!
私なら訳のわからんうちに・・・空港で野宿や(爆)

時差ぼけの調整、大変そうだ。
2009/05/17 (Sun) 07:23 | URL  [ Edit ]
Ojou-Chan⇒melocotonさん
melocotonさん、ごぶさた!

私も日本は過敏だと思う。 マスクしてるのはアメリカでも日本人観光客だけだし、その様は異様な雰囲気だ。 マスクしても駄目だとは思うけどなぁ~ Albuquerqueのようなところに住んでいると、他人と接触する事がまずない。 公共の乗り物も少ない。 けど日本はバス、電車などの手すりやつり革を持つ機会が多い。 マスクよりも手を消毒するほうが先だと思うけどな。 私は常にポケットに消毒ジェルを持って、電車やバスを降りたら即効使ってたけど。

食べ物持参でアメリカへ入国する人は山ほど居る。 なのになんで私が?と思うわ。 前回の里帰りでもX線に通されたけど、その時は開けられなかった。 今回は開けられて慎重に検査されたけど、それ以前は全く素通りだったのに。 隣でチェックされてたインド人のスーツケースから漏れてくる液体とそれに伴うカレーのか・ほ・り・・・ そっちの方を先にどーにかしてくれ!
2009/05/17 (Sun) 11:43 | URL  [ Edit ]
Ojou-Chan⇒ブライアさん
ブライアはん、まいど!

v-16 の発見があったらしいねぇ~ 私が出国した翌日だったから助かった。 けどなんで神戸や大阪が多いのだろう? 人口が多いからそれだけ感染率も高い? けど今回の子は海外旅行もしてないらしいやん? どうなってるんだろ?

空港でのトラブルは、今までは人事だったけど、とうとう私にも回ってきたって感じ。 嫌なもんだね。 私は幸い翌日特に予定は無いけど、結婚式に参加する人、お葬式に行く人、誰かのパーティーに呼ばれている人など、翌日の予定が入ってる人なんて辛いだろう。 これによって親の死に目を逃した人もいたかも知れないと思うとかわいそう。 

カスタマーサービスの列に並ぶ間、これが日本で起こったならどうなってただろう?なんて思う。 アメリカって結構あっさりしてて、『起こってしまった事をいくら嘆いても仕方ない』って態度の人が多いので、すでに起こってしまった事を結構ぐじぐじ言ってなんとかならないのか?と押す日本人とはまた違う。 したがって、だめな物はだめ。 次の対策のためにあっさり列に並ぶみたいな態度でならぶ。 

対処する航空会社の人も、今回の事は自分の会社の事ではあっても、その人個人のせいで起こったことではないので、ものすごく事務的な処理をするけど、日本の顧客サービスってさぁ~、会社の落ち度=私個人の落ち度として、丁寧に詫びたりしない? あ、それは私の時代で、今の若者は割り切ってるのかな? いずれにせよ、処置は淡々としたものだった。

何が辛いって、『待つ』と言う作業がこんなに疲れるものとは・・・ 寝るに寝られない。 何かのアナウンスを逃してはいけないと思うと寝られない。 本を読んでも頭に入らないし。 ちなみに西村京太郎の本は、『JR周遊殺人事件』と言って、まだ100ページ程度しか読んでいないのに!(泣) 

2009/05/17 (Sun) 11:56 | URL  [ Edit ]
hanabee
なかなか着かないようなので、日本のように、どこかのホテルに停留させられているのかと。同じ時アメリカから帰省してた友人もタイにも行くし、大変だったようです。無事着いてよかったです!私に2日がかりで帰る体力はないなぁ~○十肩だし(笑)、うちもダンナ一人置いて帰ったら、エライ事になるから、26年で3~4回しか帰ってない(笑)

砥石>言ってくれたら送ったのに~実家の父は鋏の研ぎ師?で、くれたいらしいけど、宝の持ち腐れになるので、いらないと言ってます。送って研いでもらった方がいいから笑)

美味しい物、会いたい人?犬?にいっぱい会ってお腹いっぱいでも、このインフルエンザのことしか記憶になくなりそうですね~お疲れ様!
2009/05/17 (Sun) 13:08 | URL  [ Edit ]
ポメマル
ご無沙汰してます。
帰国されてること知りませんでした。あつさんとメールで初めて知った次第でした。
日本滞在はきっと楽しいことばかりだったのでしょうがその往復は大変でしたね。今回は一人での帰国だからまして大きな荷物をもってお疲れ様でした。
インフル感染も渡航歴のない高校生からでてきてまたまた大騒ぎの日本ですよ。水際対策もダメでしたね。

お家片づけたいは後にしてゆっくり休んで下さいね。
2009/05/17 (Sun) 15:00 | URL  [ Edit ]
シイラ♪
お疲れさま m(_"_)m
「Ojouねーさん、日本入りすんのに大変そうだな・・・」って、ニュース見て思ってたんだよね。やっぱ大変だったねぇ・・・。
帰りも41時間って・・・気が遠くなりそうだ・・・。

インド人のスーツケースからこぼれ出た液体は一体なんなの・・・?
2009/05/17 (Sun) 22:08 | URL  [ Edit ]
Ojou-Chan⇒hanabeeさん
hanabeeさん、こんにちは。

なんだか、豚インフル騒動は、日本だけのような気がします。 アメリカは全く何も予備策をとっていないようですが、昨日ここで大きな大学の卒業式がありましたが、『握手はしない』って事になったらしい。 人とのコンタクトを避けることが、今は大事だと思うから。

お父さんがハサミの研ぎ師? 聞いてない! けどハサミと包丁って、研ぎ方同じなの? また同じ石を使うの? 私のナイフはステンレス刃がねなんで、和包丁用の砥石はだめ。 ほんと砥ぎ方を知ってる人に研いでもらうのが一番楽だと思うわ。

今回思ったのは、どうして人間って食いだめが出来ないんだろう? 食べたくてもお腹いっぱいで、実家の冷蔵庫には食べるものがいっぱいだけど、どうしても食べきれない。 片や帰宅した私の家の冷蔵庫には何もない。 卵も1個残ってるだけ。 実家では座っただけで目の前に料理が並んで、母は私のコーヒーにミルクさえ入れてくれたのに、私の家では私が何かしないと何も始まらないのが悲しい。 母親の存在は有難いですね。
2009/05/18 (Mon) 01:57 | URL  [ Edit ]
Ojou-Chan⇒ポメマルさん
ポメマルさん、ご無沙汰です。

里帰りはいつも楽しみで楽しいのですが、往復がしんどいです。 Los AngelesかSan Franciscoから関空まで、片道約12時間で、往路は9時間ちょっとですが、20年以上前は、もっと時間がかかってました。 まあ当時はもっと痩せていたし若かったから、渡航もさほど苦にはならず、翌日から平気で移動できてましたが、今はそうではない。 何事にも回復には時間がかかりますし、じーっとしている事は辛いです。

ゆっくり休みたいですが、スワってリラックスすると、すぐに眠くなりますし、またパソコンのまえで文字を見ると眠くなる。 でもそれが寝てはいけない時間帯に起こり、寝てるべき時間は目がぱっちり! なんとかせねば、20日までに!
2009/05/18 (Mon) 02:01 | URL  [ Edit ]
Ojou-Chan⇒シイラ♪さん
シイラちゃん、まいど!

私はまだラッキーだったほうです。 日本到着は4月29日で検疫始めの初日だったけど、翌日の30日の朝にWHOからフェーズ5にアップするとの発表があったため、30日以降はもっと時間がかかったらしい。 

私のときは単に体温をとるだけだったけど、潜伏期間ってあるやん? その時点で感染してても発熱にはならないだろうから、入国する人全部に義務付けられた問診表には、日本での滞在先を記入させ、その用紙が地区の保健所に回され、そこから定期的に様子伺いの電話がありました。 私の場合滞在5日目と10日目。 私は今回絶好調だったからねぇ~~(笑) 

San Franciscoの入国検査中、私も私をチェックする検査官も、途中でその異臭に気をとられたくらいだからねぇ~ ふと見ると、ジュるジュるに塗れたいくつかの袋(みんなべっとりくっついてる)を手袋装着して触ってる検査官が、とても気の毒に思えた。 カレーの香りプラス何かだったわ。 一体あれは何だったんだろう? ハードシェルの小型のスーツケースで、アタッシュケース風で、でも中にはたくさんビニール袋が詰まってて、どれもこれも塗れている(ぎゃぁ~~~!) もう2度と使い物にはならないだろう。

そんなの見ると、私のワンコクッキーなんて、どーでもえーやないか!と言いたくなったよ(爆笑) 
2009/05/18 (Mon) 02:07 | URL  [ Edit ]
あや姐
本当読んでいくにつれ、もうお疲れ様と言うしかいえません。
特に帰りの41時間、もうしんどかったですね。
一度、UnitedでSan Franciscoからのが遅れ、
Denverで飛行場走りに走った~~
(若かったから出来たんですよね)
それきり、Unitedには乗りません。
本当ダラスの税関ももうアジア人のスーツケース開けるんで、
もうあきられめです。
あのころメキシコから帰った友達からのメイルでは
彼女は10日間家から出ないようにと言われたそうです。

2009/05/18 (Mon) 04:45 | URL  [ Edit ]
Ojou-Chan⇒あや姐さん
あや姐さん、ご無沙汰してます。

読むだけで疲れるでしょ?(笑) 書きながら、改めて2度経験した気分です。 飛行機の中では、少しは睡眠をとりますが、10分単位での睡眠となり、全くすっきりしません。 そして待つという事がこんなに疲れるとは!

今回United を使うのはこれで2回目ですが、2回とも問題ありでした。 日本へ行くのはどちらもスムーズでした。 同じ航空会社なため、San Franciscoでは一旦荷物のピックアップもなく、ちゃんと荷物を次の便に乗せてくれたのが何よりも楽でした。 

けど復路が問題。 前回は真冬で、その日唯一のAlbuquerque直行便がキャンセルされたらしく、そんなの知らない私はチェックインカウンターに行って初めて知る。 次の手段はと今回と同じくDenverへ一旦飛ぶのですが、その便が満杯で出発5分前まで席の確保が出来ないって事でした。 Denverに到着してからAlbuquerqueへの飛行機もキャンセルされ、あの日はそのあとにもう1便あったので、それにようやく乗れました。 確かAlbuquerqueには12時過ぎに戻ったと覚えています。

もうUnitedは嫌だ。 けど今回みたいに、大阪からの便が遅れたのも同じ航空会社だから、次の便の手配を敏速にできたけど(結果に欠航にはなったけど)、JALを使ってたときに、国内線がSouthwestな場合、JALの遅れはSouthwestには関係ないから、あっさり別便手配なんてしてくれないし、その次の便が満杯だったらなおさらな事だと思うんで、次回の渡航はUnited 以外でAlbuquerqueから通しで行ける航空会社をさがさねば。
2009/05/18 (Mon) 10:56 | URL  [ Edit ]
Mima
お帰りなさい!とても大変な帰国航路だったようでお疲れ様でした。私も若い頃は飛行機や飛行場で爆睡できたものですが、今はダメですね。Ojou-さんと一緒で日本に行くのは楽しみだけれど、往復の飛行機での旅がしんどくなってきました。日本滞在中は予定通りに進みましたか?私も日本へ行くと上げ膳据え膳で母がおいしい料理を作ってくれるので甘えてしまいますが、ちょっとしたものでもすべておいしいですよね。そして日本は季節感を大切にしますから、その季節に合った旬の食べ物がすばらしくおいしいと思いませんか?機会があったらブログで日本滞在のことをお話ししてくださるとうれしいです。

私はずっとアメリカン航空を利用して、アルバカーキー・ダラス・東京で日本に行きますが、今まで飛行機が遅れたり、トラブルになったりはしていませんのでラッキーなのでしょうか。でもサービスなんてあってないようなものですし、機内食のまずさはピカイチ(笑)!アメリカの航空会社はどれも似たりよったりなのでしょうね。でも国内・海外線が一緒の航空会社だと問題が起こったときにまとめて対処してもらえるのがいいですね。

20日から仕事が始まるとのことで、時差ぼけが早くなおりますように!その前にお掃除やお買物で忙しかったことでしょうね(笑)。
2009/05/18 (Mon) 13:18 | URL  [ Edit ]
Ninuki
長旅、お疲れ様でした!
飛行機のトラブルで待たされるのって、長く感じるし疲れるよね。
それにインフルエンザ、どんどんえらいことになっていくねぇ。
私も先週ニューヨークから帰る際「ロンドンで入国拒否されたら、
どこへ行ったらええもんやら」とマジで心配してました^^;

砥石を3本手荷物で運んだOjouはすごいっ!感動したわっ!
2009/05/18 (Mon) 16:10 | URL  [ Edit ]
Ojou-Chan⇒Mimaさん
Mimaさん、ご無沙汰です。

ほんと、若い頃は平気で出来てたことが、もう出来なくなる年代になってしまいました。 海外旅行から戻った翌日から時差ぼけなんて全く関係無しに活動できてましたもん。 空港のベンチで平気で寝転がって寝るなんても出来たし。 

Mimaさんも里帰りはお母さんが、上げ膳据え膳してくれるんですね。 そうです、朝起きて1階に下りると、すでにご飯の用意がされてるんです。 いつもは時間無くて食べないなんてことが多かったけど、里帰り中はしっかり朝ごはんも食べてました。 アメリカへ戻る日が近づき、冷蔵庫には食べないといけない物でいっぱい。 なのにアメリカの家へ戻ったら、冷蔵庫は空っぽ。 卵すら無い。 Steveくんの食生活は、どうだったんだろう?と思いますね。

私も今度は西海岸経由ではなく、別のルートを探してみようかと思ってます。 以前はAlbuquerqueからLos AngelesまではSouthwestで、LAから関西へはJALを使ってきました。 けど、ターミナルが端から端まで離れていて、移動も荷物を持ってなので大変。 まして今回みたいに遅れたら、即変更なんてしてくれなかったでしょう。 LAからの大阪への直行便が無くなった今、もうLAへ行くこともないでしょう。 

こう言うときにLA在住の従妹が羨ましい。 いや、大都市在住の人が羨ましい。 日本への往復だけで終わりです。 国内線乗り継ぎなんてしなくてもよいもん。 いいなぁ~~

あ~あと1日しか残ってない。 20日から仕事だぁ~~~
2009/05/19 (Tue) 14:36 | URL  [ Edit ]
Ojou-Chan⇒Ninukiさん
にぬっち、ごぶさた!

にぬっちも忙しいなぁ~ えげれすへ引っ越したと思ったら、またまたNYへ飛んだのね。 でもかなり距離は近いから、飛行時間も少ないから楽だろうけど。

日本国内での豚インフルエンザ初確認が、私が居なくなった翌日だったらしく、よかったぁ~~~ けどなんだか関西方面に発生が集中しているらしい。 学校も強制休校だってさ。 公共の乗り物にも気をつけないといけないし、母には出来るだけ乗り物に乗らないようにとは言ってあるけど。 年寄りが病気になるとあぶない。

砥石ね、本当は3本セットを3組買うつもりだったんだ。 私の分と、お世話になった学校の先生に。 粗砥、中砥、仕上砥がセットになってるの。 だけど、1本1本がこんなに高いとは思いもせず。 アメリカでもネットで3本で$100程度で買えるから、日本で買うと安いだろうと思ったのが大間違い。 1本4000円くらいがざらなのだ。 だから私の分だけにした(爆) 大事な砥石、割れたら悲しいから肌身離さずよ(笑) 
2009/05/19 (Tue) 14:42 | URL  [ Edit ]
コメントを投稿

入力されたメールアドレスはブログオーナーのみ見ることができます。
URL:
Comment:
Password:
   非公開メッセージやブログ内容に関係の無いメッセージは、右メニューのMail Formへどうぞ 
ワンコを愛する人へ  

  •  犬の十戒
  •  犬の聖歌
  •  虹の橋
  •  ママ、もう泣かないで
  •  エンジェルの願い
  •  「どうしてなの・・・?」

    いつでも里親募集中

     CATNAP 放棄犬・長期保護犬の里親募集リンク
    下のリンクは、
    私がよく訪れさせて頂く
    ・動物保護ボランティア
    ・里親が見付かるまでの預かりボランティア
    ・そして里親になった方々
    のブログです。
    いつの日かは私も、預かりボランティアしたいと思ってます。


  •  ALMA (旧・CATNAP)
  •  大阪市動物管理センター
  •  滋賀県動物保護管理協会
  •  東京都動物愛護相談センター
  •  埼玉県動物指導センター
  •  Happy Paws
  •  今日もアオゾラ。
  •  仲良し三人組
  •  最後のラブレター
  •  小梅ロマンチカ
  •  ちばたりあんな
  •  晴れ ときどき 仮ママ
  •  陽だまり生活
  •  同僚Rのボラトリ日記
  •  潤君の里親さん探し
  •  みっき~とお友達のお部屋
  •  しあわせさん あいに来て
  •  chu*
  •  愛しい子達の預かり日記
  •  それ行け シーズー牧場!!
  •  いっぽ・ドレミ預かり日記
  •  さぁ~行くよ!
  •  わんこと一緒
  •  ♪わんことこども♪
  •  毎日を大切に。
  •  シーズー里親「愛しき天使たち」
  •  とびらの向こうへ...
  •  ぶんた君のお家探し
  •  君は君のままで
  •  のほほん家族
  •  I love Dog!~ワンコのおうち探し
  •  ママさがし
  •  預かり☆わんことの生活
  •  ひなたのヒナタぼっこ
  •  ☆くつろぎの中で☆
  •  もなか様秘密日記
  •  かわいすぎる件について
  •  みずママの日記
  •  ともnet~岐阜県可児市より発信
  •  ワンワン預かり日記
  •  動物ボランティア ミミの耳
  •  日向君預かり日記
  •  ◇◆ いらっしゃぁい♪ ◆◇
  •  幸せ探しのお手伝い
  •  向日葵
  •  My Sweet Home
  •  ペット里親会
  •  WAKABA HOUSE
  •  はなもげらちょびぃっとかい+
  •  ☆ホイップポン日記☆
  •  ゆっくリンク
  •  歩いて行こう
  •  ケイトログ「夢が叶うまで」
  •  かん太とマフィンとミーシャの毎日&お預かり犬ステイ日記
  •  新・ペリカン日記
  •  はじめの一歩!
  •  Animal Humane New Mexico
  •  Albuquerque Animal Care Center

  • おひめさまくらぶ

    Thumper Zorro-Chan



                                    

                      Copyright © 2006-2014 Ojou-Chan ☆続・いつか虹の橋のたもとで☆                 

     

    この前のページに戻るには

    powered by FC2ブログ. photo by ねこじゃらし日記 template by tora☆7kg
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。