Until We Meet Again at the Rainbow Bridge

シーズ犬おじょーちゃんとの思い出と
子犬Thumper&Zorro-Chanとの日常のブログ






    Ojou-Chan's Cocinita へ戻る
       フレーム内     フレーム外


当ブログの内容の無断転載、無断使用は禁止しております。

写真は全てクリック拡大できます。

スポンサーサイト
-- / -- / -- (--) | me |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ツバメの旅立ち & Steveのギブスがとれた
2007 / 07 / 26 (Thu) | me |
2007年7月25日のThumper と Zorro-Chan

裏庭でひなたぼっこ中
ThumperThumper


ツバメの雛は無事に巣立ちしたようです

ツバメの雛ツバメの雛chicksnDSC02641.jpg

やれやれですわ。 6月中旬に巣立つはずだった雛たちが、ロードランナーに奪われたあと、ツバメの両親は必死こいて次の雛をはぐくんできたわけですが、今回は無事に成長したようです。 今回の外敵はロードランナーではなくて、この私  見事に成長してる雛に接近してみたくて、はしごを取り出したのが悪かった。 まだ巣立ちまで十分成長していない雛が、巣から飛び立ってしまい、偉く私は反省したのです。 けどその日のうちに戻ってきてくれた。 それが22日のこと。

あれからちょこっとだけドアを開けて、写真を撮ってたんですが、23日も24日も、日中は巣が空になってたんです。 けど夕方には雛は巣に戻って来てたし、まだ親がえさを運んだりしてた。 けど25日の朝、とうとう静かになってしまった。 もう雛も親の声もしない。 残ったのはこんもり山になった地面の糞だけ。 もう今年はこれで終わりなのかな? Steveと相談するんだけど、あの巣を取り壊してしまおうかどうしようか迷ってる。 けど、来年また戻ってくる可能性があるから、私としてはそのままにしておきたいんだけど、やはり玄関がつかえなくなるし、巣立ちが近い頃は糞も大量になり、玄関口に悪臭が漂う。 う”~~~ん・・・迷うところ。


Steveのギブスがとれる

nDSC02638s.jpg気持ち悪いですか? 実際のSteveのレントゲン写真は手元にないのですが、手首から肘の間は2本の骨があるのですが、その両方が綺麗に骨折となり、骨の太さも十分あることなので、6つのスクリューとメタルプレートで固定されると言う処置がなされました。 骨が細すぎたり、折れ方が複雑な場合は、石膏ギブスで固定されるけれど、メタルプレートが使えないため、固定にはギブスに頼るのみになりますが、Steveの場合は皮膚下で固定されてるので、もう外側には大したサポートが必要ないと言う事らしいです。

nDSC02639s.jpgってな訳で、手術後10日目にて最初のギブスが取り外され、腕の両側を切開した傷の抜糸が24日にありました。 その抜糸も、今はホッチキスみたいな物らしく、両側に10個ずつ。 腕も軽いL字型のサポートと包帯で巻くというだけで、1日に2~3回ははずして空気に触れるようにとの事。 シャワーもこのまま入ってもよし。 お風呂にはまだ漬からないようにって事です。

本当にラッキーだったんだなぁ~ 最初骨折と聞いて、ちょびっとビビッタけど、本人が健康であること、骨の折れ方が綺麗だったこと、折れた骨が太い部分だったこと、利き腕でなかったこと、骨折が足でなかった事(体重掛けられないとなると、回復は遅いし)。 全部のラッキーが重なりました。 車も先週は痛み止めを服用してたので、私が会社への送迎をしてましたが、もう今週からは自分で運転してますし、私のオートマチックを使ってたけど、今日から自分のトラックで出勤しました。 トラックはスティックシフト。 けどこれも左腕骨折だからできること。 不幸中の幸いに感謝です。

Steve曰く、手術中で知らない事だったけど、左腕を綺麗に剃られてしまったので、『う、う、腕の毛が無くなってる』なんて言ってた(笑) そりゃそうだろう(笑) お医者さんも面白い人で、早く回復してまた自転車に乗りたいというSteveに、『もしまた転倒して同じ場所を骨折したら、今度は麻酔なしで手術する』って真顔で言う。 『一度目で学習能力が無い人間には、麻酔も施さない』って冗談を言ってた Steveくん、ちゃんと学習してくれるのかなぁ?



7月22日のディナー
dinner
  • 韓国風串焼きビーフ
  • グリル野菜(椎茸、ピーマン、米なす

    以前ビーフジャーキーにするために、肉屋さんでスライスしてもらったビーフなんだけど、あまりにも薄くスライスされてるものだから、ジャーキーに出来なかった。 分厚すぎても薄すぎても、ジャーキーってのは作れない。 それで韓国風なタレに漬け込んでおいた。 串にはぐるぐる巻き見たいにして刺したものをグリルで焼きました。


    7月24日のディナー7/24/07 dinner
  • 残り物のグリルした米なす
  • チーズ・トルテリーニ
  • 茹でたインゲン豆
  • マリナーラ+ひき肉
  • おろしたパルメザンチーズ

    先日melocotonさんのブログで、おいしそうな茄子のキャセロールを発見。 私も真似するつもりだったので、グリルして残ったなすを再利用するつもりだった。 けど・・・キャセロールにするのが面倒なのと(オーブン使うと家の中の温度が上がる)チーズを買い忘れたために、上からソースをかけるだけと言う超手抜き料理に変ってしまった。 結構美味しいのだ。
  • コメント
    この記事へのコメント
    ブライア
    屋外のせいか、Thumperの毛が、もう結構伸びてるように見えるのは私だけ?
    二人とも小首をかしげて、なって可愛いんだぁ~~^^
    ツバメ > 無事に巣立ってくれたようで、おばちゃん嬉しいわ(爆)
    来年また可愛い雛を見るか、糞害に耐えるか・・・とりあえず、一年考えよう(笑)
    Steveのギプス、凄く早く取れてるのでびっくり! 関節部だと、固定しないと引っ付かないけどね。
    ギプスが早く取れると、筋肉が落ちないからいいよ。
    メタルプレートと一生お友達はちょっと嫌かも知れないけど、早くギプスがとれてOKということで、Steveには納得してもらいましょう(爆)
    Ojou-Chanの精神的、肉体的負担の期間が短くてよかった。
    お礼は、3倍返しでお願いしましょう(笑)
    2007/07/26 (Thu) 12:00 | URL  [ Edit ]
    はち
    お久しぶりです!
    旦那様大変な事になっていたんですねe-263
    Ojou-Chanさんも色々心配でしたでしょうね
    下の事故の様子とか読んでいて、はちのほうもめまいが・・・・
    実ははちも6年ほど前に左足を骨折した事があって
    あの痛みを思い出してしまいました
    傷口痛そうe-263傷痕残っちゃいそうですねぇ
    でも順調に回復しているようで良かったです
    ツバメさんたち無事巣立っておめでとうございます(笑)
    ↓の旅立ち事件、Ojou-Chanさんの慌てっぷりと雛達の告げ口など(想像力すごすぎ!!)に笑ってしまいましたヨ
    毎年ちゃんと戻ってくるツバメさんたち、可愛くって楽しみだけど
    たしかに置き土産v-294は困りますねぇ
    2007/07/26 (Thu) 09:16 | URL  [ Edit ]
    Ojou-Chan⇒はちさん
    はちさん、こんにちは。
    大変な事ではあったんですが、あっけない程の回復スピードで、本当に骨折したんかいな?ってなのが正直なところ。 かなり何でも自分でできるし、何か物を持つことが出来ない程度で、他は何でもできるようになりました。 けどはちさんの様に、足の骨折となると、また別物です。 体重かけることが出来るようになるには、かなりの時間がかかるでしょうから。
    ツバメさんたちですが、ここにこうやって日記を書いたにも関わらず、今日巣を見ると、また戻って来てるんです。 昼間は居ないんです。 どうやらホテル代わりに使ってるようです(笑) きっと日中は親からご飯の獲り方の特訓でも受けているのでしょう。 けど私のせいで飛び立ったときは、正直あせりました。 自分で餌をとる能力が備わっていない間に、私のせいで追い出したことになったので、随分反省したんですが、戻ってきてくれたときは一安心。 こうやって宿泊のために戻ってきてるようなので、まだ糞の掃除は出来ないようです。
    2007/07/26 (Thu) 14:18 | URL  [ Edit ]
    Ojou-Chan⇒ブライアさん
    ブライアはん、まいど!
    Thumperの毛、伸びて見えるね。 ここのところ超短いのを見慣れてるから、少しでも伸びたらもこもこして見える。
    ツバメねぇ・・・やっぱり来てくれたら嬉しいような^^ けど糞は臭い。 それと、寝室のトイレの窓が、その巣のすぐ傍なんだけど、窓から悪臭が入るし、その窓辺に親がお休みしてるから、その窓すら遠慮して開けることが出来なくなるのが悲しいけどね。
    ギブスね、今の時代はこう言うやり方なんだね。 つまり皮膚下にギブスが付いてるようなものだから、表面的には切開した傷さえ治ればよいみたいなところがあるみたいよ。 まだまだ重たい荷物とかはもてないけどね。 それと、ブライアさんの言うように、関節部分だとしたら、回復に時間かかるんだろうね。 使えないように設置しないと治らないし、ずーっと使わないでいたら、ホンと弱ってしまうだろうから。
    Steveの場合も、ほんの1週間のギブスだったのに、なんだか心持腕が痩せたように見えた。 それとこの1週間で、Steveは10ポンド体重がおちた。 体のエネルギーが、傷の治癒に消耗されたみたいだわ。 
    2007/07/26 (Thu) 14:25 | URL  [ Edit ]
    とも
    痛々しい傷跡だ><;; 10日間、Ojou-san、ご苦労様でした♪
    父が以前骨折した時、母は靴下まではかせてあげたのよ!って愚痴ってて、
    次の年、母が骨折した時は、何もしてくれない!!って愚痴を通り越してた・・
    早めにojou-sanの労をねぎらってもらわないと♪
    それにしても、10日でギブス外して、抜糸もして、すごい早いですね。
    アメリカだからなのでしょうか?
    ほら、アメリカだと親知らずも、一度に4個抜いちゃうことも
    あるって聞いたけど、日本だと、1本づつなんですよ。
    完治したらまた自転車乗るって勇気ある!!私だったら恐くて乗れないかも・・
    手術、骨折の経験、一切なしで、ピアスも恐くて出来ないでいます(苦笑)
    茄子に"び"が付いてる所、カワイイ☆
    お漬物とかも 大阪では"なす漬け"って言うんですか?
    "なす"でも"なすび"でも茄子と変換できるから、広範囲でなすび
    って言うんでしょうね。
    2007/07/26 (Thu) 15:53 | URL  [ Edit ]
    Ojou-Chan⇒ともさん
    ともさん、プチお久^^
    Steveは何でも自分でやりたい人なので、とりあえず1回は出来るかどうか挑戦し、出来なければ頼みに来るタイプです。 だから、骨折した翌日でも自分で靴下はいてたので、私はあえて手を出さない(出したら反対に機嫌が悪くなる)。 すでにシャワーも自分であびてるし、後は何でも1人でやってるけど・・・これは出来ないからやらないのか、やりたくないからこれが絶好のチャンスだと思ってるのか・・・ズボンとシャツのアイロンがけは、やって欲しいらしい(怒) アイロンがけって、私も一番嫌いな作業で、本当に出来ないのか?
    スピーディーな回復は、アメリカだからなのか、2007年7月と言う医学の発達の違いなのか? けど、骨が健康で太い場所でないと、メタルもスクリューも出来る場所と出来ない場所があるらしいから。 ただ足の骨折だと、もっと時間がかかるよね。 体重をかけることは出来ないから。 特にSteveみたいに重たい人だったら大変。
    治療してくれたチームの一人の医者が、同じサイクリングを趣味にする人で、気持ちはよーく分かるって言ってくれるんだけど、学習しない場合は次回は麻酔なしと言われた(笑) 
    茄子には「び」を付けるのが関西風(笑) 場合によっては、「なす」だけになるけど(米なすとか焼きなすとか)、茄子を呼ぶときは律儀に「なすび」と言わせてもらいます。 『なすび漬け』って言うかなぁ? 『なすびの漬物』とは言うなぁ。 4月に東京のWild Catさんが来た時に、私が『なすび』と言った事に偉く反応してたわ。(笑) 
    2007/07/26 (Thu) 22:39 | URL  [ Edit ]
    ぴかまま
    ををををを、Steveさん、大変なことになってたんですなぁ。
    その前の記事まで読み飛ばして、その後しばらくここに寄れなかったもんでものすごく出遅れましたが、早い回復に目を瞠りました。
    私の去年の転倒も、まかりまちがえば骨折(私は右の肩でした)してたかも知れないわけで、身につまされます。骨には異常がなかったものの結局1年以上引きずってしまってリハビリ入院までする羽目になってしまった私からも、Steveさんがなるべく早く完全回復されることをお祈りさせてもらいますね。
    リハビリ病院にもツバメさんが何家族か子育てしてましたよ。
    2007/07/29 (Sun) 00:18 | URL  [ Edit ]
    Ojou-Chan⇒ぴかままさん
    ぴかままさん、お久です。
    夫は大変なことになったのが分かっていないと思います。 抜糸できたからと言って、その生傷を覆うことなしに外出するから、見たくない人の目にまで傷が入ってしまうでしょ? 迷惑な奴だと思いませんか? それにいくら皮膚下でプレートにて固定されているとは言え、普通に腕を使うべきでは無いと思うんだけど、まあ46歳のえーおっさんに、他人が注意しても仕方ないことなんでしょうが、その無謀な行動が元にまた病院に逆戻りなんてしたときには、私は爆発するで! 私は出費の心配をしてるんじゃ!(爆) 
    Steveみたいにあっさり骨折なのと、ぴかままさん見たいにすっぱり折れなかった事故とでは、やっぱり治療の仕方も違うだろうし、難しいところ。 Steveなんてすでにリハビリしてますし、なんだかあっけないなぁ。 もっと苦しめ!(笑) 
    2007/07/29 (Sun) 07:15 | URL  [ Edit ]
    bibi
    早い回復力にビックリ!
    ギブスが取れると動きも楽になりますよね。
    でも無理しないようにご注意ですよ~
    見るたびに大人びて見えるお二人さん。
    もう、おチビちゃんとは呼べないですね。
    2007/07/29 (Sun) 22:23 | URL  [ Edit ]
    Ojou-Chan⇒bibiさん
    bibiさん、こんにちは。
    私はギブスの経験が無いので、どれだけ不便なのか想像出来ない状態なんですが、ギブスのおかげで使わずに済むのに、それが無いとうっかり使ってしまうって事はあるんだと思うのに、本人は包帯すら巻いていない状態なので、一体何が良いのか分かりません。 使うなと言うのに、左手で何か持ち上げたりするし・・・ 回復したいのか、したくないのか?
    Thumperは約8kgですから、決してチビとはいえない体重ですね。 それに体がふにゃふにゃで、まるでネコなので、重たいふにゃふにゃって抱っこし難いんですよ(笑) 
    2007/07/30 (Mon) 14:07 | URL  [ Edit ]
    Ojou-Chan⇒pinkcowgirlさん
    あや姐さん、こんにちは。
    $17,000は入院費用のトータルで、10項目ほどリストに挙がってます。 これとは別に救急車の請求書も来ました。 10日後の抜糸の処置など、費用に含まれているとの事で、別料金の請求は無かったですが。
    ほんと、保険が無いと大変な状態。 友人は保険があったけど、あまり良いポリシーではなかったようで、とうとう破産宣告までせざるを得なくなったりしたそうです。 我々は年間$1,500以上払わなくても良いにしろ、$1,500はやはり痛いです。 全額でない事に感謝するべきだわ。
    Albuquerqueで十分田舎だと思ってたけど、あや姐さんの所の医療システムって悲しいなぁ・・・ これが骨折を通り越して心臓だったら、確実に居なくなってるところですやん? 
    2007/08/01 (Wed) 13:24 | URL  [ Edit ]
    pinkcowgirl
    Oちゃん、こちらでは病院,麻酔師、そして、担当の手術のお医者さんから別々に請求がくる。でもいったい17,000ドルなんて、どんな計算か?
    私の場合、ここの病院の救急棟へ行ったら、骨折のお医者さん今日来ないから隣の町の病院へ行かないと駄目とで旦那が運転、隣町の病院に着いたら、お医者さんが見つからないと、その晩と手術の日と2日入院して、いったいいくらかかったのだろうか。この国では保険がないと充分手当てもしてくれないし、病院にもいけないですね。
    2007/08/01 (Wed) 08:07 | URL  [ Edit ]
    pinkcowgirl
    Oちゃんよ、私の右ひじにも大きなピンが入っています。右の手首の骨を折ったときのピンは取ってもらいましたが、右ひじのピンはもう一度手術しないと取れないといわれて、そのまま入っています。
    小さい、三脚の乗ってはいけない一番上に載って、Smoke Alarmのバッテリーの交換と思って。三脚が重さに(?)に絶えられなくて、ゆがみ、全身の重みが右手に乗って、ポッキと・・・・これは折れたなとすぐ分かったくらいです。
    それから、お天気が悪くなると右ひじが痛み出します。
    Steveもきっと冬の寒さに折れたところが痛みが響くかも、お気をつけて。
    2007/08/01 (Wed) 05:30 | URL  [ Edit ]
    Ojou-Chan⇒pinkcowgirlさん
    あや姐さん、どうも^^
    今のところ、両サイドに見える傷は、まだまだ生々しいんですが、本人は何も感じないってことらしい。 だから家では包帯もギブスもしてません。 そしてこれから嵐が来る前には、お天気おじさんみたいにお天気が察知できるようになるんだろうなぁ~って本人も言ってました(笑) 
    腕の中に入ったスクリューとプレートも、取り外したいのであれば取り外せるけれど、1年は待たないといけないし、あや姐さんが仰るように、取り外すのも手術しないと出来ません。 どうするのかな? 
    病院から請求書が来たんです。 入院・手術費が$17,000、救急車利用が$700。 一体保険がどれだけ出してくれるのか分からないので、それを待ってる状態なんですが、我々が出したとしても、年間最高額が$1,500って事らしいので(プラスDeductible $250)、さてさてどうなるか? 1泊しかしてない部屋代がなんと$695です。 散々シャワーでも使ってやるんだった!
    2007/08/01 (Wed) 07:43 | URL  [ Edit ]
    コメントを投稿

    入力されたメールアドレスはブログオーナーのみ見ることができます。
    URL:
    Comment:
    Password:
       非公開メッセージやブログ内容に関係の無いメッセージは、右メニューのMail Formへどうぞ 
    ワンコを愛する人へ  

  •  犬の十戒
  •  犬の聖歌
  •  虹の橋
  •  ママ、もう泣かないで
  •  エンジェルの願い
  •  「どうしてなの・・・?」

    いつでも里親募集中

     CATNAP 放棄犬・長期保護犬の里親募集リンク
    下のリンクは、
    私がよく訪れさせて頂く
    ・動物保護ボランティア
    ・里親が見付かるまでの預かりボランティア
    ・そして里親になった方々
    のブログです。
    いつの日かは私も、預かりボランティアしたいと思ってます。


  •  ALMA (旧・CATNAP)
  •  大阪市動物管理センター
  •  滋賀県動物保護管理協会
  •  東京都動物愛護相談センター
  •  埼玉県動物指導センター
  •  Happy Paws
  •  今日もアオゾラ。
  •  仲良し三人組
  •  最後のラブレター
  •  小梅ロマンチカ
  •  ちばたりあんな
  •  晴れ ときどき 仮ママ
  •  陽だまり生活
  •  同僚Rのボラトリ日記
  •  潤君の里親さん探し
  •  みっき~とお友達のお部屋
  •  しあわせさん あいに来て
  •  chu*
  •  愛しい子達の預かり日記
  •  それ行け シーズー牧場!!
  •  いっぽ・ドレミ預かり日記
  •  さぁ~行くよ!
  •  わんこと一緒
  •  ♪わんことこども♪
  •  毎日を大切に。
  •  シーズー里親「愛しき天使たち」
  •  とびらの向こうへ...
  •  ぶんた君のお家探し
  •  君は君のままで
  •  のほほん家族
  •  I love Dog!~ワンコのおうち探し
  •  ママさがし
  •  預かり☆わんことの生活
  •  ひなたのヒナタぼっこ
  •  ☆くつろぎの中で☆
  •  もなか様秘密日記
  •  かわいすぎる件について
  •  みずママの日記
  •  ともnet~岐阜県可児市より発信
  •  ワンワン預かり日記
  •  動物ボランティア ミミの耳
  •  日向君預かり日記
  •  ◇◆ いらっしゃぁい♪ ◆◇
  •  幸せ探しのお手伝い
  •  向日葵
  •  My Sweet Home
  •  ペット里親会
  •  WAKABA HOUSE
  •  はなもげらちょびぃっとかい+
  •  ☆ホイップポン日記☆
  •  ゆっくリンク
  •  歩いて行こう
  •  ケイトログ「夢が叶うまで」
  •  かん太とマフィンとミーシャの毎日&お預かり犬ステイ日記
  •  新・ペリカン日記
  •  はじめの一歩!
  •  Animal Humane New Mexico
  •  Albuquerque Animal Care Center

  • おひめさまくらぶ

    Thumper Zorro-Chan



                                    

                      Copyright © 2006-2014 Ojou-Chan ☆続・いつか虹の橋のたもとで☆                 

     

    この前のページに戻るには

    powered by FC2ブログ. photo by ねこじゃらし日記 template by tora☆7kg
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。