Until We Meet Again at the Rainbow Bridge

シーズ犬おじょーちゃんとの思い出と
子犬Thumper&Zorro-Chanとの日常のブログ






    Ojou-Chan's Cocinita へ戻る
       フレーム内     フレーム外


当ブログの内容の無断転載、無断使用は禁止しております。

写真は全てクリック拡大できます。

スポンサーサイト
-- / -- / -- (--) | me |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『The King of Scotland』 & 『Love Actually』 を観ました
2007 / 02 / 24 (Sat) | me |
『The Last King of Scotland』をとうとう観て来ました

The Last King of Scotland私が好きな俳優の1人で、今年のアカデミー賞で主演男優賞にノミネートされている、Forest Whitaker主演のこの映画を観て来ました。 内容の概要として、ウガンダの独裁者政権とそれにまつわる話とだけ知ってただけ。 

スコットランド人のニコラス(James McAvoy)は、成り立てほやほやの医者。 生まれ育った場所から世界に飛び出して医者として奉仕したいと言う、軽い気持ちでウガンダにやって来た。 到着まもなく、ウガンダの独裁者、イディ・アミン(Forest Whitaker)の事故現場で怪我の応急処置を施した事がきっかけで、アミンに気に入られてお抱え主治医になる。 そして次々とその国の裏面の醜い場面と対面して行く。 全てを放ってスコットランドに戻りたいんだけど、聞き入れてもらえない。 調子の良いときは、『私のよき指導者』と言うけれど、機嫌の悪いときは、『お前はたかが医者だ!』と呼ばれたり。 近づきすぎてしまい、がんじがらめで逃げようの無い立場に追いやられる。

ニコラス役のJames McAvoy、どこかで見た顔だ・・・と映画を観てる間中、思い出せなくて気持ち悪くて仕方なかったけど、ふとした目の動きで、そうだ!ナルニア王国でMr. Tumnusをした人に違いない!と思って、帰宅してネットチェックしたらやっぱりそうだった。 私あの映画が嫌なんです(汗) 半分人間、半分獣って姿を見たら、夢に出そうなほど怖くて苦手。 ナルニアは、Steveに無理やり引っ張っていかれた。 The Lord of the Ringsもそうだけど、私はファンタジー系が大嫌い。 だからやっぱりこの映画も苦手だと思ってたら、半分獣・半分人間が出てきて、もう身震いしたのを覚えてる。 

何でスコットランドなんだろう? 映画の中でもアミンがキルトはいてたり(それも超ミニで大また開いて座ってるからびくついた)、最後の実録フィルムでは、キルトを履いて行進してる軍隊の姿もあった。 

Forest WhitakerIdi Aminしかし良く出来てる。 が俳優のForest Whitaker、が実際のIdi Amin(2003年8月16日没)。 そっくりやん? 何でもこの映画のために20kg以上太り、スワヒリ語も学んだらしい。 今はほっそりしてる。

かなり残酷なシーンもあり、手で顔を覆わないといけないシーンもいくつか在りました。 いつもならSteveに、もう終わったら教えてくれと言って目を閉じるけど、今日は1人だったからそれが出来ず。 決して後味の良い映画ではないけれど、Forest WhitakerとJames McAvoyの演技は良かったと思う。 


ここから聞いてくれ! 平日の昼間で、観客は合計10人程度。 1人で見てる人は私を含めて3人いたかな? 

  • 私の前の列の左に5席程行った所に老夫婦が座ってた。 この人たちね、ひそひそを通り越した声で話し合うんだ。 むっちゃ気が散る! その前の列の2~3離れた席に居た叔母さん2人は、あからさまに席を立って別のところへ移動した。 それでもその老夫婦は喋り続ける(怒) 
  • 後ろの1人のねーちゃん、ポップコーンは静かに食ってくれ!
  • 前の列の一番右端に座ってたバーさん、酸素ボンベを引っさげて見てるんだけど、音がするんだ・・・ 気が散るんだ・・・
  • 斜め前に座ってたおっさん! 音が出なくても、携帯電話ぱかっとあけたら、明るい光が目に入って気が散るんだ・・・ 先日見た『Music and Lyrics』では、隣に義姉が座ったけど、映画の最中何回も携帯をパカパカあけて、途中で耳に当ててメッセージ聞いてた。 もうこれが義姉と一緒に映画に行く最後になるだろう。 

    マナーが守れない人は嫌いだ。 なんでみんなマナーが守れないの? 守れないなら映画館に来て欲しくない。 映画上映前の予告編から、私は神経集中モードに入るのに、邪魔されたくない。 だから家でDVDレンタルの方が落ち着くよね。 ほんと腹が立つったらぁ~~~!


    英語サイト  The Last King of Scotland
    日本語サイト  ラストキング・オブ・スコットランド



    皆さんがお勧めの『Love Actually』をDVDレンタルで観ました

    Love Actually『The Last King of Scotland』を観た後なだけに、この映画でほのぼのしてよかったわ。 これも言わば、色んな人が色んなところで繋がってる、小さい恋愛物語の集大成みたいなストーリー。 手放しに簡単なラブストーリーでよかったけど、1人だけ恋が実らないLaura Linney演じるアメリカ人女性が、悲しかったなぁ。 精神障害を持つ兄が彼女の生活を支配しているから、常に自分や自分の感情や恋愛が後回しになる。 最後に実るのかと思ったら、そうならなかった。 なんだかそれが心残り。

    Love Actually   Bill Nighy映画の中で笑えるのがこのBill Nighy扮する元ロックンロール歌手。 これはRobert Palmerの『Addicted Love』のビデオをパロった物。 クリスマスソングでカムバックを図り、ヒットランク1位になったら、全裸で歌うなんていって、本当に1位になって、ギターだけで前を隠して歌うなんてシーンがある。 実際ミック・ジャガーはこの人くらいの年齢だしなぁ。 それを真剣に演じてるから、脱帽した。 『Notes on a Scandal』でのシリアスな演技も良かった。 何でもできる俳優みたいだ。

    あとこの前観た『Music and Lyrics』のHugh Grantは、あの映画の前に、この映画で踊ってたんだね。 The Pointer Sistersの『Jump(for my love)』に乗せて、腰を振りフリしてたのが可愛かった(笑) 

    英語サイト  Love Actually
    日本語サイト  ラブ・アクチュアリー
  • コメント
    この記事へのコメント
    melocoton
    >で、Bill NighyとJames McAvoyが女優賞なのね(笑)
    ぎゃはは、ごめんよ~、Bill&James! あと大事な人を忘れてた>Michael Sheen
    James McAvoyは奥さんもAnn Marie Duffっていう女優さんなんですよ。 彼女もなかなかいい役者さんです。
    Shagって昔はアメリカでも踊りの一種として使われてた言葉らしいので私の昔のアメリカ人の上司がダンスパーティーでイギリス人女性にI don't know how to shagって言ったら凄い変な顔されたって言ってた(爆)。
    mumとarseはこちらではそのように綴りますから(笑)。 あ、それからFワードよりこちらではbuggerの方が良く使われる(笑)。 こんなイギリス英語ばっかり伝授していいんだろうか(笑)?
    2007/02/24 (Sat) 18:44 | URL  [ Edit ]
    melocoton
    James McAvoyいいでしょぉぉぉ♪ なんか好きなんだなぁ(笑)。 べつに男としてfanciable(コレってとってもイギリス的な表現? 笑)じゃないけど、ちょっと注目してしまう俳優さんです。 夫もこんな人見たことない!っていうからMr. Tumnusだよ、って言ったら仰け反ってた(爆)。
    ウチの裏の映画館も、昼間行くとお年寄りが多くて、彼らは囁いているつもりなんだけど、皆耳が遠いもんだから、叫んでるのよ(爆)。 ちょっとこまりますな(笑)。
    『Love Actually』>お口直しにはぴったりですね。
    Laura Linney>私の大学の先輩(爆)。彼女の恋が最後に実らない所がイギリス映画だなぁーっと思いません? ハリウッドだったら絶対ハッピーエンディングにすると思う。
    私この映画観るまでBill Nighyって知らなかったけど、これですっかりファンになりました(爆)。
    こちらからもTBしておきましたのでよろしく☆
    次は何観る?(私は多分日曜日に硫黄島)。
    あ、オスカー起きてられないから、こちらでのレポート楽しみにしてます。
    私の望み:
    主演男優賞:Peter O'Toole
    主演女優賞
    助演女優賞
    ベストピクチャー:バベルと硫黄島見てないからなんともいえないけど、それほど思い入れナシ。
    助演女優賞:ノミネートされてないけど(笑)Bill NighyとJames McAvoy
    2007/02/24 (Sat) 08:14 | URL  [ Edit ]
    Ojou-Chan⇒melocotonさん
    Melocotonさん、まいど!
    私のオスカー予想はねぇ、ちゃんと今晩アップします^^ Melocotonさんと同様、私の望みと予想はちと違うんだ。 予想は世間が言ってるからそうだろうって一応上げてるけど、私はこの人にとって欲しいってのが別だったりする。
    で、Bill NighyとJames McAvoyが女優賞なのね(笑) 
    Fanciableなんて言葉聞いた事ない。 昨日も『Love Actually』を観てて気付いた言葉だけど、『Austin Powers』が早って『Shag』って言葉が流行ったけど、アメリカでは使わないなぁ。 でもし使うなら、Austin Powersを意識して、あのアクセントで言うだろうな(笑) 
    あと、お母さんのMomが、イギリスではMumってな発音になるんだね。 我々がAssって言う言葉が、イギリスだと『アース』って間延びしてるし、『Arse』って聞こえる(笑) F*%kって言葉も真ん中が延びるから、全然違う言葉に聞こえたりする。
    Laura Linneyの役、可愛そうやわぁ。 兄のために自分の人生は捨てないといけないも同然。 悲しかった。 
    次に映画館で見るのは、多分『Breech』って言う、CIAだったかFBIだったかのSecurity breechの映画。 これも実話に基づいてるらしい。 オスカーとは関係ないな。
    Bill Nighyの最後の全裸でギターね、見たくない(爆) 
    2007/02/24 (Sat) 09:01 | URL  [ Edit ]
    はち
    『Love Actually』観たんですね
    はちもこの映画は大好きです(DVD買っちゃいました)
    ヒュー様が一人ノリノリで踊ってて
    秘書(?)のオバちゃんに見られちゃうシーンで、いつも大爆笑しちゃいます
    個人的にはKeira Knightleyのお話が好き
    ダンナの友達がスケッチブックを持って
    音楽に合わせて告白するシーンが好きです~
    いよいよオスカーですね
    リアルタイムで観れるOjou-Chanさんがうらやましー
    Forest Whitakerさん
    どうしても笑福亭鶴瓶に見えて仕方がないです(笑)
    2007/02/24 (Sat) 16:15 | URL  [ Edit ]
    Ojou-Chan⇒はちさん
    はちさん、こんにちは。
    Love Actuallyは、途中で夫のいびきがうるさくて、中断しないといけませんでした。 彼いわく、『Chick Flick (女子供が好む映画)』だとの事で(笑) Hugh Grantの勝手に1人で踊るシーンをみて、あ~この頃からあの腰のフリが出てたのか・・・と先日見た映画とダブりました。 爆笑はBill Nighyの歌。 まじで、恥かしくなかったのか? あ、でも、なりきって演じるのが役者って事ですよね。
    Forest Whitaker、はちさんもそう思ってましたか! 私もずっとツルベちゃんに似てると思ってた(笑) 
    2007/02/25 (Sun) 00:43 | URL  [ Edit ]
    Ojou-Chan⇒melocotonさん
    melocotonさん、まいど!
    Bill Nighyは、Notes on a Scandalで良かったわぁ。 あの映画のこと、義姉は『今年見た最低の映画!』だと言ってた。 確かに後味悪い映画だとは思うけど、私にとっての最低で2度と見たくない映画は『The Departed』だったけど。 大体Leonard DiCaprioが好きではない。
    こちらでは、Buggerはまず使うことないけど、良く英国映画には登場する言葉ですね。 あと、アメリカ人がわざとイギリス英語訛りを真似るときには、Bloodyをよく使いますね。 Bloodyを入れただけでイギリス人(爆) 
    Shagは、Austin Powersで一躍有名になった言葉だわ。 でも普段には使われないから、いきなりShagって言えば、???になるだろうな。
    James McAvoyは、ナルニアのMr. Tumnusがカブって、あの半分獣姿がかぶり、どうしようもなく違和感を抱く人になってしまった。 俳優的には良いんだろうけど、にやぁ~~っとしたら、Mr. Tumnusが頭に登場して、怖かった(笑) 
    2007/02/25 (Sun) 00:49 | URL  [ Edit ]
    コメントを投稿

    入力されたメールアドレスはブログオーナーのみ見ることができます。
    URL:
    Comment:
    Password:
       非公開メッセージやブログ内容に関係の無いメッセージは、右メニューのMail Formへどうぞ 
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    もう2週間ぐらい前のことになりますが、The Last King of Scotlandを観てきました。これは原作の小説(っといっても実在の人物を描いていますが)が出版された時から、変わったタイトルだなぁーっと遠巻きに見ていたのですが、映画化されて、いろいろな賞にノミネートされて
    2007/02/24(Sat) 08:00:45 |  ハギスはお好き?
    ワンコを愛する人へ  

  •  犬の十戒
  •  犬の聖歌
  •  虹の橋
  •  ママ、もう泣かないで
  •  エンジェルの願い
  •  「どうしてなの・・・?」

    いつでも里親募集中

     CATNAP 放棄犬・長期保護犬の里親募集リンク
    下のリンクは、
    私がよく訪れさせて頂く
    ・動物保護ボランティア
    ・里親が見付かるまでの預かりボランティア
    ・そして里親になった方々
    のブログです。
    いつの日かは私も、預かりボランティアしたいと思ってます。


  •  ALMA (旧・CATNAP)
  •  大阪市動物管理センター
  •  滋賀県動物保護管理協会
  •  東京都動物愛護相談センター
  •  埼玉県動物指導センター
  •  Happy Paws
  •  今日もアオゾラ。
  •  仲良し三人組
  •  最後のラブレター
  •  小梅ロマンチカ
  •  ちばたりあんな
  •  晴れ ときどき 仮ママ
  •  陽だまり生活
  •  同僚Rのボラトリ日記
  •  潤君の里親さん探し
  •  みっき~とお友達のお部屋
  •  しあわせさん あいに来て
  •  chu*
  •  愛しい子達の預かり日記
  •  それ行け シーズー牧場!!
  •  いっぽ・ドレミ預かり日記
  •  さぁ~行くよ!
  •  わんこと一緒
  •  ♪わんことこども♪
  •  毎日を大切に。
  •  シーズー里親「愛しき天使たち」
  •  とびらの向こうへ...
  •  ぶんた君のお家探し
  •  君は君のままで
  •  のほほん家族
  •  I love Dog!~ワンコのおうち探し
  •  ママさがし
  •  預かり☆わんことの生活
  •  ひなたのヒナタぼっこ
  •  ☆くつろぎの中で☆
  •  もなか様秘密日記
  •  かわいすぎる件について
  •  みずママの日記
  •  ともnet~岐阜県可児市より発信
  •  ワンワン預かり日記
  •  動物ボランティア ミミの耳
  •  日向君預かり日記
  •  ◇◆ いらっしゃぁい♪ ◆◇
  •  幸せ探しのお手伝い
  •  向日葵
  •  My Sweet Home
  •  ペット里親会
  •  WAKABA HOUSE
  •  はなもげらちょびぃっとかい+
  •  ☆ホイップポン日記☆
  •  ゆっくリンク
  •  歩いて行こう
  •  ケイトログ「夢が叶うまで」
  •  かん太とマフィンとミーシャの毎日&お預かり犬ステイ日記
  •  新・ペリカン日記
  •  はじめの一歩!
  •  Animal Humane New Mexico
  •  Albuquerque Animal Care Center

  • おひめさまくらぶ

    Thumper Zorro-Chan



                                    

                      Copyright © 2006-2014 Ojou-Chan ☆続・いつか虹の橋のたもとで☆                 

     

    この前のページに戻るには

    powered by FC2ブログ. photo by ねこじゃらし日記 template by tora☆7kg
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。