Until We Meet Again at the Rainbow Bridge

シーズ犬おじょーちゃんとの思い出と
子犬Thumper&Zorro-Chanとの日常のブログ






    Ojou-Chan's Cocinita へ戻る
       フレーム内     フレーム外


当ブログの内容の無断転載、無断使用は禁止しております。

写真は全てクリック拡大できます。

スポンサーサイト
-- / -- / -- (--) | me |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
汚れた足のチビ達 & 『Notes on a Scandal』観てきました
2007 / 02 / 02 (Fri) | me |
2007年2月1日のThumper と Zorro-Chan

おすまし顔の2人


DSC04793.jpgDSC04771s.jpg1月30日と31日は、夜に雪が降り朝は銀世界、でも日中太陽で解けてしまうというのが繰り返されました。 今日の2月1日も曇り空で、山は真っ白。 その間庭の地面は、濡れる乾くの繰り返しで、チビ達の足もどろどろ。 指が分かれた靴下だから、外から入ってくるときは、まず浴槽で足を洗ってからでないといけません。 あぁ~あ 

こう言う日は、母が送ってくれた指が分かれた靴下なんて暖かい^^ でも履きなれていないから、やや気持ち悪い(笑)


『Notes on a Scandal』観てきました

Notes on a Scandal内容としては、学校教師(Cate Blanchett)が15歳の男子生徒と肉体関係を持ってしまう。 その現場を年老いた同僚教師(Judi Dench)が目撃してしまう・・・ とこの辺りまでしか知らなかったんですが、実際はもっとおどろおどろした内容で、ものすごく恐怖にあふれる映画だった。 それはあの偉大なる女優、Judi Denchの演技そのものだと言えると思う(今晩夢見そう)。目撃の目

こんな目で見るねんでぇ~~~ 怖いだろう? あまりストーリーの確信に触れないように書きます。

年老いた猫だけが相棒の一人暮らしのJudi Dench扮するバーバラは、Cate Blanchett扮するシーバの弱みを握り、それを懐に入れて友情関係を築こうとするんだけど、かなり独りよがりな友情関係なんだな。 弱みを握られたシーバが、バーバラの機嫌をとる姿をバーバラは、まるで獲物を見据える猫のような目でシーバを見つめ、一部始終を毎日日記に綴る。 生徒との関係を絶つようにとバーバラがアドバイスしたにも関わらず、シーバは関係を続けてしまう。 2度目に発覚したときの、バーバラのあの怖い顔!! オシッコちびりそうになった。

普段の顔役の顔生徒との関係が暴かれた時、シーバの夫役のBill Nighyがえー味だしてました。 『なんでこうなる前に、ボクの所へ話しにきてくれなかったのか』って言うところなんて、じーんと来ました。

しかしJudi Denchってすごいね。 左が普段の顔、右が役の顔。 こんな顔して胸ぐらつかまれた時には、オシッコ通り越して別物をちびってしまいそう(怖) とーっても後味悪い、怖い映画でした。

映画の途中で、映画と関係ない事で気になった事。 イギリスの習慣かな? クリスマスに紙で出来た王冠みたいな帽子かぶるの。 タバコの箱にでかでかと『Smoking Kills』ってかかれてたり、何かしらの表現がアメリカ英語と違ってた(もう何だったか忘れてる)。 あと、15歳の生徒役した子の英語のアクセントが難しかった。 Missってのを『ミス』でなく『マス』ってな発音するから・・・

アカデミー賞誰がとるんだろう? The Queenを観た時は、確実にHelen Mirrenだと思ったけど、今日のJudi Denchを見て、はっきり言えなくなった。 こんなに接線な年は今まであったのだろうか? どちらに行っても私は文句無いわ。 ただ、これが別の年だったら、絶対どちらも受賞してるはずだ! もったいないなぁ~~
 
英語サイト 
日本語サイト (あらましの参考に、公式サイトはまだ無いみたい)
1月30日のディナー

1月30日のディナートルテリーニ
  • チキン・パルメザン&マリナーラ・ソース
  • リコタチーズとほうれん草のトルテリーニ
  • 蒸したイタリアン・グリーン・ビーンズ

    チキン・パルメザンは、パン粉、下ろしたパルメザンチーズ、ドライバジル、ドライパセリ、塩・胡椒をチキンにコートして、オーブンで焼いてあります。 トルテリーニは乾燥してパッケージに入ったのが売ってるので、それをつかいました。 イタリアン・グリーン・ビーンズとは、インゲンを平たくした感じで、皮もインゲンよりは硬いビーンズです。


    1月31日のディナー

  • チーズ&ターキー・ケサディア
    写真撮り忘れました(お腹空いてたんだ・笑)


    2月1日のディナー

    2月1日のディナー我々と義母の3人で外食(義母の家の近くのニューメキシコ料理の店、名前覚えてない)
  • ニューメキシコ料理のコンボ
     ・ チリ・リイェノス (chili Rellenos)
     ・ チーズ・エンチラダ (Cheese Enchilada)
     ・ チキン・タコ (Chicken Taco)
     ・ リフライド・ビーンズ (Refried Beans)
     ・ スパニッシュ・ライス (Spanish Rice)

    リイェノスとは、大き目のグリーンチリをローストして、皮をむいて、お腹を割って種を取り出し、ジャックチーズをつめて、あとは天ぷらの要領で衣を付けて揚げて、上からグリーンチリ/レッドチリソースをかけてあるものです。
  • コメント
    この記事へのコメント
    Ojou-Chan⇒Mimaさん
    Mimaさん、こんばんわ。
    今日はこっちも寒くて、最高気温が0℃だったと思います。 朝は-11℃だったし。 おかげで洗濯物は外に干せなかった、凍るだけだもん。
    カツラかぶるくらいなら、潔くつるっぱげ・・・Steveと同じこと言ってる。 彼は思い切って剃ってます。 剃ればどれだけ剥げてるか分からなくなるからだそうです。 それと、生えてくる毛は全部白髪で、毛があるほうが老けて見えるかららしい。
    私もMimaさんと同じく、むちゃくちゃ毛が多いんで困ります。 帽子かぶれない。 毛の量と硬さで、帽子が頭にじっと座ってくれないんです。 そしてかぶったら最後、帽子の型が髪の毛についたままになるから、外出でも帽子かぶるなら脱げないじょうたい。
    Steveの弟は、髪の毛ふさふさ。 お父さんは白髪ですが、剥げていません。 身内ではSteveだけがハゲ。 Steveの父方のおじーさんはハゲなんで、隔世遺伝って奴なのかな? 私の母は猫みたいな毛をしてましたが、眉毛がご立派。 父は今年80歳になりますが、白髪も半分程度で頭はふさふさですが、眉毛が薄い。 私は両方から両方濃いのを受け継いで、ほんまに腹立つ!
    Birkenstockの靴って、具体的にどこで見つかります?? もうヒールのある靴は履けないとは言いつつ、クロゼットに山ほどありますが、ここ1年ほどはいてない。
    そうだ、そのThe Missingね、劇場に観に行きましたよ。 大した映画じゃなかった。 NMで撮影されてるって聞きました。 Val Kilmerも出てたし。 そんな近くに来てたんですね。 私は俳優で出会ったといえば、Val Kilmer以外なら桃井かおり。 日本に帰国するとき、LAXで大阪行きのJAL の搭乗口に居たら、隣の搭乗口からはJALの成田行き出発で、彼女は待っている間、ずーっと携帯で話してました。 テレビで見ると、ちょっとふっくらした感じだけど、この日見たあの女性は、イリコみたいに細くてシワシワして、乾燥しきった感じのじょせいだったわ。 周りは全く気付いていなかった様子。
    2007/02/03 (Sat) 12:17 | URL  [ Edit ]
    ブライア
    一番~!
    Notes on a Scandal > みぃたぁいぃ~~~~!!!
    The Queen も早く見たい! 最近見たい映画がなくて、かなりうっぷんたまってます・・・。 誓いを破ってファントム見るか・・・。
    Zorroっちの足の汚い事。 こりゃおかあちゃん大変だわ。
    足の裏を撮ってる写真、鏡に向かって撮ってるんだよね。
    もしかして、デジカメおんなじかも(笑) 私のは色が赤だけど。 日米で仕様は違うだろうけど、似てるわ~。
    2007/02/02 (Fri) 15:34 | URL  [ Edit ]
    Ojou-Chan⇒ブライアさん
    ブライアはん、まいど! 
    今更新したてだよぉ~ また書き足し部分があった。
    もうね、夢見そうや、Judi Denchの。 あの人にじわじわ締められるンやったら、自分から進んで白状したほうが気が楽だろうな。
    Zorroっちの写真、鏡に写ってる写真だよ。 だから上手く撮れなくて、何枚も変なところむいてる写真ばかり。 ピンボケだし。 その間Zorroっちが暴れて、泥が一杯床に落ちた。 
    カメラは2005年前半に買ったかな? SonyのCyber-Shotの5.1 Mega Pixelsのカメラ。 確か日本に行くから、小型カメラを買ったんだ。 でも上質の写真を撮りたい場合は、一眼レフ機能のデジカメを使ってる。 ただ、でかいのが難点なんで、車での旅行で無いと持って出られない。
    2007/02/02 (Fri) 15:46 | URL  [ Edit ]
    Ojou-Chan⇒Mimaさん
    bibiさん、こんにちは。
    この映画はまだ日本では上映予定が決まっていないようなので、だいぶ先になるのかな? かなり強烈な演技で、怖かったですね。
    指つきソックス、そういえば随分昔好んではいてましたが、アメリカに来てからもしかしてこれが初めてかも? 冷え性ではないのですが、これって暖かいですね。 残念ながら1足しかないから、また母に頼んでおかなきゃ。 
    2007/02/03 (Sat) 12:33 | URL  [ Edit ]
    melocoton
    うう、楽しみだ<Notes on a Scandal
    明日まで待たずに今夜見に行っちゃおうかな(笑)?
    >クリスマスに紙で出来た王冠
    これはね~、クリスマスディナーには必ずといっていいほどクリスマスクラッカー(http://www.woodlands-junior.kent.sch.uk/customs/Xmas/crackers.html)を最初にみんなで開けるんだけど、その中に必ず紙の王冠が入ってて、大人でも素直にかぶるのよ(笑)。
    >『Smoking Kills』
    これは普通です。 それでも皆よく吸ってる(苦笑)。 
    2007/02/02 (Fri) 18:28 | URL  [ Edit ]
    Ojou-Chan⇒melocotonさん
    melocotonさん、こんにちは。
    明日観るのか。 感想聞かせてね。 ちびりそうになったかどうかも(笑)
    でも、Judi Denchみたいに、いつもあんな顔してる先生が、私の学校にも居たわ。 綾仁(あやに)先生と言う家庭科の先生だった。 思わず頭に浮かんだよ。 授業終わりのベルが鳴っても、綾仁先生が良しと言うまで、席を離れる事は許されなかったし、怖い先生だったなぁ~
    クリスマスのクラッカーね、こちらでは飾り物としては見たことあるけど、実際使ってる場所に出くわしたことがない。 イギリスでは普通の習慣なんだね。 王冠が入ってるなんて事も知らなかったわ。 そう、クリスマスの食事シーンなんだけど、年寄りだけのディナーでも、みんなかぶってたもん。
    タバコのパッケージには、『タバコは良くない、命を落とす』みたいなWarningは書いてあるけど、イギリスのパッケージには、箱の半分くらいをその文字が占めていたでしょ。 しかもでかい文字で、『あんさん、このタバコ吸うたら死にまっせ』みたいな事。
    そういえば昨日からだったか、フランスでは全国共通で、もう公の場所ではタバコが吸えなくなったみたいだね。 アメリカでもそう言うのが増えてる。 ニューメキシコ州としてはまだそこまで厳しくはないけど、少なくともアルバカーキー市内では、公共の建物の中とレストランの中では、数年前からタバコが吸えないと言う条例が出来た。 私はタバコが全くダメなので、それまで禁煙・喫煙をはっきり分けていないレストランへは行けなかった。 現在は、そう言うレストランは、喫煙ルームと言う風に、壁で囲い換気システムも別にしたらOKと言うことになった。
    アメリカでは徹底してるし、実際喫煙人口が減ってきてる。 けど、日本に帰って一歩祖国の地を踏んだとたんに、タバコのにおいが漂ってくる。 日本に帰ってきたんだと思う瞬間(笑) 
    2007/02/03 (Sat) 00:44 | URL  [ Edit ]
    あまおう
    OJouさん、毎度~♪
    私が思う、ワンコのここの毛が伸びなきゃいいのに~って思うベストワンが足の毛!!!
    ここが伸びると散歩の時の汚れがヒドいし、特に肉球と肉球の間の毛なんて、むちゃくちゃジャマくさいし、拭いただけでは汚れは落ちない(困)
    そして、次が耳の中の毛!!!
    なんで、シーズは耳の中の毛が伸びるんだろ?
    日本でもエラく年とったおじいちゃんとか、たまに耳からスゴい毛が出てるけど(そうゆう人は必ず鼻からもスゴい毛を出してる)・・・(笑)
    それから、初めてのシーズ(ひな)を育てて驚いたのが、シーズのまつ毛は他の毛と同じく伸びる~ってこと。
    私なんて、この短い(しかも少ない)まつ毛で苦労(損?)してるのに、チビ達は放っておいたらとんでもなく長くなる。全く羨ましいぜ~!
    必死にパーしてるOJouさんの足!むっちゃ小さくない?(笑)
    でも、外反母趾の形跡もなく、健康そうな足や(笑)
    日頃からいかに足にいい(楽な?)靴を履いてるか、良く分かる(笑)
    2007/02/03 (Sat) 01:49 | URL  [ Edit ]
    Ojou-Chan⇒あまおうさん
    あまおうさん、まいど!
    う”・・・手が凍ってるから、タイプ打ち難い。 現在2月2日午前10時半ですが、今朝の気温は-11℃で、氷点下以上に上がったら洗濯物干そうと思ってたけど、現時点でまだ-3℃。 仕方なくガレージに洗濯物を干しに行ったけど、ガレージもマイナスに近い温度。 手が凍ってしまった。 シーツ2組も洗っちまったから、場所ないんだ。
    シーズーの耳のケと年寄りのおっさんの耳毛を一緒にするなんて! もうこれから、ThumperとZorroの耳の毛を抜くたびに、おっさんの耳を見てるような気がして気持ち悪くなりそう・・・ 耳毛の長いじーさんは、鼻毛も長いけど、眉毛も何本か長いのがでてるはずだ。 そして肩に1本か2本、長いのが飛び出てるはずだ(えらく詳しいのは何故?)
    これ以前言うたっけ? 3~4年ほど前だったか、女性ホルモンの専門家に逢った時の事。 その医者の鼻の頭に毛が密集しててん!(爆) 想像できる? 普通鼻毛、耳毛、眉毛は分かる。 でもなんで鼻の頭に5mmほどの毛が密集してるのに、そのまま放置するの?
    医者と私のホルモンの状態の話をしないといけないのに、私は目がその鼻の頭に釘付けになって、何も聞こえないねん。 困ったわ、あれは。 医者やろ! お金あるんやろ! なんでそんなもん、放置するねん? わけわからん!
    他にも、わざとらしいカツラかぶってる男をみると、もう話は耳に入らず、私の神経はその不自然な被り物に集中してしまう。 ニュースキャスターにそう言う人が居てさ、ニュースが聞こえない(爆笑)
    って何の話? そうそう、要らないところに毛が生えて、必要なところには無いっての、つらいよね。 私もマツゲ短いねん。 しかも少ない。 逆マツゲだったから余計に辛い。 だって、逆マツゲのためにまぶたに手術受けて、やっとマツゲが垂直に下を向いてくれたけど、決して前にくりんとはならない。 だからSteveのブロンドのくりんとしたマツゲ見ると、抜いてやりたくなる。 ふん! 頭の毛では私の大勝利や!
    私の足ね、非常に甲高幅広なんで、幅さえあうなら、23cmでも履けるんだけど、そう言うぴったりに出くわすことはまずない。 特にアメリカ人の足は幅が狭いので、こっちで靴買う場合は、27cmくらいまで行かないといけない。 そして幅がなじんできたら、かかとに指3本は入る。 歩き難い。 結局スニーカーのように、紐で縛りつけるような靴しか履けない。 かわいそうでしょ。
    いや、外反母趾の傾向ありだよ。 日本に26歳まで住んでたし、ハイヒールの生活やったから(もう何年はいてない?)、その時にゆがんだと思われる。 とにかく親指から下に下りたところの骨がでっぱってるわ。 醜い足です・・・(指に毛生えてるし・爆)
    2007/02/03 (Sat) 02:41 | URL  [ Edit ]
    ブライア
    あまおうさんの、「たまに耳から凄い毛」にも笑ったけど、Ojou-ChanのDrの鼻の頭に密集した毛にも大爆笑!
    そのDrさ、自分の体(鼻の頭5ミリ)で実験してたんちゃう?
    女性ホルモンの注射実験とか(爆)
    変な毛って言えばさ、でっかいほくろの中心から、びよぉ~んって一本だけ毛の出てる人いるやん。あれ見たら、「気持ち悪~」と思いながら、毛抜き持って、近寄っていきたくなる(爆)
    はぁ~、朝から笑わせてもらいましたわ。
    それでは、行ってきます。(今から日帰りスキーです^^!)
    2007/02/03 (Sat) 03:36 | URL  [ Edit ]
    Ojou-Chan⇒ブライアさん
    ブライアはん、まいど!
    そうか! あの医者、人体実験中かいな! しかし、あんなの見たらショック受けて、ちょっと固まるよ、マジ。 後にも先にも、あんなところに毛が生えてるの見たの初めて!
    里帰りして、ピンセットもって、父を追いかけたことある。 微妙なそりの腰が、耳のした当たりにぴーっと出てるの。 それ抜かせて!って言うけど、いつも逃げられる。
    スキー楽しんできてね。 私は来週の土曜日よん^^
    2007/02/03 (Sat) 03:51 | URL  [ Edit ]
    とも
    ほくろから出てる毛を抜くと癌になる、とかって言いませんでした?
    Ojou-san、あまおうさん、ブライアさんのやりとり、大爆笑!
    男の人の髭のそり残り、あれを見ると、抜きたくなる。
    ピンセットを探してる場合じゃない。指でつまんで引っ張りますよ。
    指だから何回も引っ張って、抜けるまでさせてもらいます。
    時々うっすらと血が浮かんでた~~~。
    本題を忘れるところだった(笑)
    なんだか、ドロドロ~とした映画みたいで、面白そうだけど、
    >とーっても後味悪い、怖い映画でした。
    ってことは、お勧めじゃない?
    この映画、テレビで放送したら再び見ますか?
    再び見るなら、見に行ってこようかな~
    2007/02/03 (Sat) 05:38 | URL  [ Edit ]
    Ojou-Chan⇒ともさん
    ともさん、まいど!
    いや、DVDが出たら、レンタルする。 でも買って何回も見るほど、私は変質者やない!(爆) 
    普通に作ったら大した映画やないんだろうけど、なんせJudi DenchとCate Blanchettやったから、迫力あるパンチの効いた映画になったのでは無いかと思う。 映画全体に、Judi Denchの声でナレーションがあるんだけど、彼女の心の動きを語るのね。 1人の人間にとって最悪な状態が、彼女にとっては『今日は金星の日だった』とか『この出来事は自分にとって、とってもDeliciousな事』なんていうのを聞くと、背筋がぞっとする。 そして誰かに秘密を知られてると分かってる彼女の横顔をみてほくそ笑む顔なんてさ、地獄から出てきたみたいな目や口もと。 あれ見たら、怖いの一言しかなかったわ。
    The Queenは確かにSteveは興味なさそうな映画だわ。 なんだか、Notes on a Scandalを見終わった時と、Fatal Attractionを見終わったのと、良く似た後味があるって感じだろうか・・・?
    Fatal Attractionってさ、アメリカ人男性が一番恐怖を抱く映画みたいで、あの映画以来、いくらGlen Closeが良い役しても、Steveは彼女に対して怯えてる(爆笑) 『なら、浮気するなよ』って言うんだけどね。
    昨日の映画ね、12時5分の上映でね、チケット買うの並んでたら、前に並んでる人ほとんどが、『1 for Notes on a Scandal, please.』って、結構1人での映画鑑賞者が多かった。 くらいなぁ~~私もそのうちの1人や・・・
    2007/02/03 (Sat) 06:06 | URL  [ Edit ]
    Mima
    寒いですね~。なんか今年の冬は厳しい!外に出るのが億劫になって私も極力家に籠もっています(笑)。何かコメントを読んでいて笑っちゃいましたよ!鼻の頭に毛が生えているお医者さんとか(笑)。このお医者さんヒゲ剃るときに一緒に剃らないのかな~。でもわかる!カツラの人ってものすごく気になって見ちゃうよね!日本もそうかもしれないけれど、アメリカではもう一発でヅラってわかる人が結構いますものね!こんなヅラするんだったら堂々とハゲでもいいじゃん!そのほうが潔いぞ!と思いませんか?うちの旦那もものすごく頭が薄くなってかわいそうなくらい。私は髪の毛がとても多いので髪の移植してあげたいと思うくらい(笑)。彼の両親とも髪の毛薄いし、両方のおじいちゃんもつるっぱげだった。だから旦那に勝ち目はない。願わくば14歳の息子が将来ハゲにならないようにと願うのみ。でも彼は私の髪の毛の質を受け継いで結構フサフサしています。かわいそうなのが娘。2歳になっても綿毛のような髪の毛しか生えておらず、今でこそ腰に届くほど髪の毛伸ばしていますが、ボリュームがなく細くて旦那の髪質そのまま!そして子供達2人ともスイミングしているから髪の毛はプールの水で脱色されています。
    私は23歳でアメリカに来て、ハイヒールを履かなくてもよかったので外反母趾はありません。でもOjou-さんと同様結構幅広の足をしています。こちらでは幅広のを見つけるの大変ですよね!みんなほっそりとした足をしていますものね。Ojou-さんドイツのビルケンシュトック(Birkenstock)のサンダル履いたことあります?ものすごく履きやすくて幅広でも大丈夫。値段は高いけれどオススメできます。私など10年前に買ったものをまだ履いています。
    2007/02/03 (Sat) 09:22 | URL  [ Edit ]
    Mima
    今思い出しましたが、私3-4年前生のケイト・ブランシェット見たことあるんです!彼女がThe missingという映画をうちから20分程度の場所で撮影していたときだったと思うのですが、サンタフェのホールフーズに家族連れで来ていました。ものすごく痩せていて綺麗でしたよ~。でも周り誰も気がつかない!彼女の息子が3歳くらいだったかな。うちの娘が乗っていた子供用の車仕様のカートをじーっと見ていて乗りたそうにしていました(笑)。やっぱり女優としてのオーラを感じられる方でした。
    2007/02/03 (Sat) 11:01 | URL  [ Edit ]
    bibi
    Notes on a Scandal これも見たいなぁ~
    最近見たい映画が多いけど、劇場まだ行かないので、、、
    レンタルかテレビ放送かな。
    指付ソックス、寝るときはこれが1番なんですよ。
    私は最近指付ソックスにハマってます。
    少しくすぐったいのがいい刺激になってます。
    冷え性の方には寝るときに履いて寝ることをお勧めします。
    2007/02/03 (Sat) 11:11 | URL  [ Edit ]
    あつ
    おおおお~~~!すんごい泥!
    こりゃまた張り切って練りこんだね~~!
    私も、犬の散歩の何がイヤって帰宅後の足拭き。
    プリティなシーズちゃんと違って、我が家のハビはマッチョな女。
    あの筋肉で抵抗されるとどうにもならない。
    しかもアノあの子ときたら、散歩から帰ると何故か一目散に私のベッドに走っていく。で、寝転がって「はぁ~極楽極楽」って顔するからたまらない。
    絶対に肉球の間までフキフキしなくちゃベッドが汚される!
    ・・・・って、そんなことよりe-29の「毛」の話、笑わせてもらいました。
    2007/02/03 (Sat) 12:31 | URL  [ Edit ]
    Ojou-Chan⇒あつさん
    アツさん、お久^^
    ビーグルも肉球の間の毛が伸びるの? どこもかしこもショートなのかと思った。 公園で見かける大型犬だけど、泥んこになってたり、仰向けになって背中を地面にこすってる犬を良く見かけるけど、ああいう犬も、帰宅してから綺麗にしてるのだろうか? 
    思いっきり短く剃るのは良いんだけど、剃ったとたんにまた雪が降ったら足が冷たくて寒いから可愛そうでね。 それこそ指が分かれたソックスをはかせたいわ。 
    あの医者、あれは反則だよ。 だって、顔の真ん中の鼻の頭だよ。 誰も気付かないわけがない。 誰も何も言わないのか? 奥さんは平気なのか? それともブライアさんが言うように、人体実験の最中だとか? 
    いずれにしても、話が聞こえなくなるから困る。 
    そうそう! 職場に居た人ね、頭が薄くて、鼻の下のひげがむっちゃ濃い人がある日突然カツラをカブって出勤したんだけど、あまりにもあからさまなので、ばさーっとその濃いひげを剃ったの。 そしたら見る人は、『あれ~~何かが違う? なんだろう? そーか、ひげそったのね。』って思われるように、みんなの注意を剃られてさっぱりした鼻の下に集中させたかったんだけど、あまりにもそのカツラがあからさまだったから、あまあり効果がなかったと思われる。
    2007/02/03 (Sat) 12:39 | URL  [ Edit ]
    とも
    >いや、DVDが出たら、レンタルする。 でも買って何回も見るほど、私は変質者やない!(爆)
    微妙な感じの映画のストーリーって事ですね。
    Ojou-sanが貼っておいて下さった映画の断片見たけど、
    ドキドキしちゃった!
    映画館でみたら、本当にオシッコちびっちゃうかも(笑)
    恐いものみたさをそそられてます。月曜日かな~
    2007/02/04 (Sun) 08:27 | URL  [ Edit ]
    Ojou-Chan⇒ともさん
    ともさん、まいど!
    映画のあらましね、日本語版と英語版、どっち読んだ? 日本語版のあらすじは、的確とはいえないと思う部分があると思った。 『同性愛者であるバーバラは』って書いてあるけど、私はバーバラは同性愛者では無いと解釈した。 ただ美しい物に魅せられて、束縛したい欲望が生まれた相手が美しい女性教師だったって解釈した。 だからこう言う心理的な部分を描く映画って、見る人みんなが全く印象を抱く映画だと思うわ。
    良い映画? 内容的にはくらいよねぇ~ けど、背筋をぞぞっとさせたJudi Dench には脱帽する。 終わりの方で、Judi DenchがCate Blanchettの胸ぐらつかんで、『You owe me this!』って言うシーンがあるんやけど、マジちびりそうになった(爆) 
    2007/02/04 (Sun) 09:19 | URL  [ Edit ]
    melocoton
    土曜日に見てきました! 
    私の中ではJudiがHelenに勝ったなぁ。 迫力そのものの演技ですね。原作ではバーバラは同性愛者じゃないはず。 映画でも、同性愛者というよりobsessiveな人って感じだよね。この映画は珍しく、原作より映画の方がいいような気がします。
    あの映画の舞台になった北ロンドンの町並み、ウチから2マイルいないだわ~(笑)。 見慣れた場所が多くて楽しかった(爆)。
    あの主役の男の子、北アイルランド人だからアクセントが強いのよ。
    Bill Nighyもよかったなぁ。
    "子供"っていう表現、気が付かなかった(汗)。 ナンだったんだろ。urchinsじゃなかった?(アメリカでも使う表現だっけ?)
    2007/02/05 (Mon) 02:37 | URL  [ Edit ]
    Ojou-Chan⇒melocotonさん
    melocotonさん、まいど!
    JudiがHelen に勝った? 私もそう思う。 迫力の塊やったもんね。 英語のサイトでは、バーバラが同性愛者だなんて書いてないけど、日本のサイトにはかいてあった。 書かれた事によって、そう型にはめてしまうように思わない? 現に私はそうだとは解釈してない。 Melocotonさんが言うように、Obsessionの方だと思うもん。 原作よりも映画の方が良い映画なんて珍しいね。
    知ってる場所でのロケって、嬉しくならない? Michael DouglasのBlack Rainって映画が、私の縄張り内での撮影で、あの角曲がったらあれ!ってのが分かる場所だったから、嬉しくなった^^
    あの男の子、18歳?? だろうね。 実際15歳をあんな役に使うのは良くないだろうしなぁ。 Bill Nighyも良かった。 
    子供のことUrchinsなんていうのぉ? ウニではないか!(笑) Munchkinsって言うけど、Urchinsは聞いた事ないわ。 きっとWee onesだったと思う。 今度DVDで見るときに気をつけるわ。
    2007/02/05 (Mon) 09:22 | URL  [ Edit ]
    ブライア
    いじいじ・・・みたい・・・。
    英語サイト(Foxの)Video見た。 めっちゃ迫力あるわ!
    鏡に向かって髪の毛直してる所なんて、厳格な教師そのもの。 自分の規律に合わないものを排除する「かたくなさ」みたいなのが、その立ち居振る舞いでで分る!
    階段上るところのカメラワークもいいな~
    タバコをすって、新しいノートに今まさに書き始めようとする冷たい感じ・・・。
    これ、やっぱりちびるかも・・・。(爆)
    2007/02/05 (Mon) 13:07 | URL  [ Edit ]
    Ojou-Chan⇒ブライアさん
    ブライアはん、まいど!
    こんな怖い先生、学校に居なかった? 学校の教師って、ある程度こう言う厳しい部分が無いと、生徒になめられるもんなぁ。 けど、ここまで恐い先生も少ないだろう。
    ノートに日記を書くんだけど、良いことがあったら、金星のステッカーを貼るんだよ、口の端っこちょっと上げてほくそ笑みながら(ぎゃぁ~~~!)
    2007/02/05 (Mon) 13:34 | URL  [ Edit ]
    ninuckey
    Judi Denchの写真(右)、何回見ても怖いな(爆)
    さすが大女優、素顔とは別人みたいやなぁ。。。
    イギリス映画って、独特の雰囲気があって面白いよね。
    英語がわかりにくいのが難やけど・・・つい”字幕つきDVD”を
    観たくなってしまうゎ(苦笑)
    2007/02/05 (Mon) 20:09 | URL  [ Edit ]
    Ojou-Chan⇒ninuckeyさん
    にぬっち、まいど!
    ほんと、Judi Denchって、今まで見てきた役がらでは、さばさば綺麗な感じがした。 気品に満ちた感じで、威圧感のあるのはどの役柄でもなんだけどね。 007のM役なんて、ソフィスティケーテッドした女性の代表みたいだ。 まだ見てないけど、ブライアさんが、Ladies in LavenderのJudi Denchは、若い男性に淡い恋心を抱く乙女を演じたらしい。 けど今回のは、怖くねちっこい老女の役だった。 なんでもこなせる女優だな。 アメリカで言えば、Meryl Streepか? Shirley McClainかなぁ?
    Judi DenchやCate Blanchettの英語は、あまりアクセントがない英国英語だけど、ちんぷんかんぷんのアクセントで、とても理解できないって物の方が私にとっては多い。 この前みたDear Frankieは、スコットランド映画だからしょうがないんだろうけど、Full Montyなんて字幕無しには理解できなかった。 だから今回観に行ったThe QueenやNotes on a Scandalも、DVDまで待って字幕で見ようかなと思ったけど、まあとりあえず観に行ったら、両方とも全くその点では問題が見られなかったから安心して。 ただ上にも書いたように、所々の登場人物にはアクセントがある。 15歳の生徒役した男の子の言葉は、もう半分以上想像でしかなかったわ(笑) タイミングちょっとずれて、「あ~あぁ言う意味か」なんて思ったりした。
    2007/02/05 (Mon) 22:49 | URL  [ Edit ]
    ninuckey
    >アメリカで言えば、Meryl Streepか? Shirley McClainかなぁ?
    うん、うん!「泣く子も黙る大御所」って感じ?(爆)
    >Full Monty
    これ、キツかったさぁ~~~!
    でもOちゃんと私の英語力には、雲泥の差があると思われ・・・あぁ、情けない。
    アメリカ映画でも、南部が舞台の映画は、私には大変キツイっす(T_T)
    2007/02/06 (Tue) 00:14 | URL  [ Edit ]
    Ojou-Chan⇒ninuckeyさん
    にぬっち、何を言うてはりまんねん?
    私にとって一番聞き取り難い、理解できない英語ってのは、『訛りがきつい英語』。 つまり、アクセントがすごい英語は理解できない。 
    アジア人の英語
    アメリカ南部(特にアーカンソー)の英語
    イギリス北部の英語
    オーストラリア・ニュージーランドの英語
    言い出せばきりが無い。 melocotonさんにも聞いたけど、だいたいイギリス本土の人でも、Full Montyあたりのアクセントはきついって事らしいし、字幕が付いたりするらしいよ。
    最近みた日本のテレビ番組では、大きな字幕が付くのが多いでしょ。 あれで必ず見るのは、東北弁に字幕がついて、それでも理解不明な部分は、『%@&!$』みたいな記号が字幕としてでてたりする(笑) 
    オーストラリア当たりの英語って、発音のパターンを覚えて慣れたら結構大丈夫かも知れないけど、私にとってもっとも難しいのは、アジア人相手の会話やわ。 会社にも、ベトナム人、タイ人、韓国人、インド人、シンガポール人が居たけど、一番難しい相手はベトナム人だった。 次がインド人かな? 彼等、最初から間違った発音がインプットされて、それを矯正できないみたいだ。 それと国によっては絶対発音できない音ってのもあるみたいに思う。 私の友達の韓国人が、PとFの区別と、GとZの区別が出来ない人が居る。 Coffeeって言いたいのに、いつも彼女の口からでるのはCopyだった。 Zooって言いたいのに、Jewとしかいえない人だった。 そう言うパターンを私が覚えていないと、会話がなりたたない。
    19年も住んでて理解できない、私のほうが情けないで・・・(泣) 
    2007/02/06 (Tue) 01:07 | URL  [ Edit ]
    コメントを投稿

    入力されたメールアドレスはブログオーナーのみ見ることができます。
    URL:
    Comment:
    Password:
       非公開メッセージやブログ内容に関係の無いメッセージは、右メニューのMail Formへどうぞ 
    ワンコを愛する人へ  

  •  犬の十戒
  •  犬の聖歌
  •  虹の橋
  •  ママ、もう泣かないで
  •  エンジェルの願い
  •  「どうしてなの・・・?」

    いつでも里親募集中

     CATNAP 放棄犬・長期保護犬の里親募集リンク
    下のリンクは、
    私がよく訪れさせて頂く
    ・動物保護ボランティア
    ・里親が見付かるまでの預かりボランティア
    ・そして里親になった方々
    のブログです。
    いつの日かは私も、預かりボランティアしたいと思ってます。


  •  ALMA (旧・CATNAP)
  •  大阪市動物管理センター
  •  滋賀県動物保護管理協会
  •  東京都動物愛護相談センター
  •  埼玉県動物指導センター
  •  Happy Paws
  •  今日もアオゾラ。
  •  仲良し三人組
  •  最後のラブレター
  •  小梅ロマンチカ
  •  ちばたりあんな
  •  晴れ ときどき 仮ママ
  •  陽だまり生活
  •  同僚Rのボラトリ日記
  •  潤君の里親さん探し
  •  みっき~とお友達のお部屋
  •  しあわせさん あいに来て
  •  chu*
  •  愛しい子達の預かり日記
  •  それ行け シーズー牧場!!
  •  いっぽ・ドレミ預かり日記
  •  さぁ~行くよ!
  •  わんこと一緒
  •  ♪わんことこども♪
  •  毎日を大切に。
  •  シーズー里親「愛しき天使たち」
  •  とびらの向こうへ...
  •  ぶんた君のお家探し
  •  君は君のままで
  •  のほほん家族
  •  I love Dog!~ワンコのおうち探し
  •  ママさがし
  •  預かり☆わんことの生活
  •  ひなたのヒナタぼっこ
  •  ☆くつろぎの中で☆
  •  もなか様秘密日記
  •  かわいすぎる件について
  •  みずママの日記
  •  ともnet~岐阜県可児市より発信
  •  ワンワン預かり日記
  •  動物ボランティア ミミの耳
  •  日向君預かり日記
  •  ◇◆ いらっしゃぁい♪ ◆◇
  •  幸せ探しのお手伝い
  •  向日葵
  •  My Sweet Home
  •  ペット里親会
  •  WAKABA HOUSE
  •  はなもげらちょびぃっとかい+
  •  ☆ホイップポン日記☆
  •  ゆっくリンク
  •  歩いて行こう
  •  ケイトログ「夢が叶うまで」
  •  かん太とマフィンとミーシャの毎日&お預かり犬ステイ日記
  •  新・ペリカン日記
  •  はじめの一歩!
  •  Animal Humane New Mexico
  •  Albuquerque Animal Care Center

  • おひめさまくらぶ

    Thumper Zorro-Chan



                                    

                      Copyright © 2006-2014 Ojou-Chan ☆続・いつか虹の橋のたもとで☆                 

     

    この前のページに戻るには

    powered by FC2ブログ. photo by ねこじゃらし日記 template by tora☆7kg
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。