Until We Meet Again at the Rainbow Bridge

シーズ犬おじょーちゃんとの思い出と
子犬Thumper&Zorro-Chanとの日常のブログ






    Ojou-Chan's Cocinita へ戻る
       フレーム内     フレーム外


当ブログの内容の無断転載、無断使用は禁止しております。

写真は全てクリック拡大できます。

スポンサーサイト
-- / -- / -- (--) | me |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
チビ達無事生還
2006 / 12 / 07 (Thu) | me |
2006年12月6日のThumper と Zorro-Chan

あぁ~~~~~~
気持ちよさそうに寝てる2人
やっぱり家がえぇ~~なぁ~~~

午前4時半ごろ、私は『NOooooo!』と叫びながら起きた。 夢の中で、裏庭を全力疾走するThumperと、お腹が気持ち悪いからと、砂を掘ってお腹をすりすりしてるZorroを見つけ、NO!! と叫んでるところで目が覚めました。 実際に十分起こりうることだ(汗)

今朝9時ごろに病院へ引き取りに行った。 受付の人も私の顔を見るなり、『2人はもう完全に帰る気満々ですよ』って笑ってた。 昨晩のケージの所へ行き、私の顔を見るなり、2人でジャンプして暴れまくり。 おいおい、そんなに飛び跳ねたらあかんがな! そう、お怒り中のThumperも、一応私の顔を見て喜んでくれた(笑) 引き取りの時、Dr. Abernathy に説明を受けたんだけど、預けた時の私の心配様に、犬よりも私を心配したと笑ってた。 そして『心配だから、一晩このケージの前に居させてください』なんて言い出すんじゃないかとビビッたって事らしい。 私みたいな人も珍しいって事らしい(恥)

帰宅して一番にしたのは、ごはん。 ドライフードは持参したけど、他の犬に囲まれ、知らない環境下で、食べられなかったんだろうな。 いつものご飯のお皿(牛ひき肉、ごはん、人参、インゲン、グリーンピースなど)を置いたとたん、がつがつ食べ始めた。 そしてその後2人は眠りに付きました。 やはり病院では緊張していて眠れなかったんだろうな。 でも眠りが浅いのか、私が動くと付きまとうので、動いて欲しくない、安静にしてもらいたいので、今日私はパソコンの前に座ってばかりだ。 Steveが帰宅したら、夕飯の支度と言ってもご飯を炊くだけ。 先日の残りのカレーにしよう。

しかし、動物の回復って早いもんですな。 初日の夜に傷口を見たときは、まだ赤くはれ上がってたけど、手術24時間後には腫れもほとんど無くなってる。 明日はもっと小さくなってることでしょう。 傷だけでなく、2人普通に歩いてる。 手術したと知らないなら、きっと分からないはず。 病院を出て車に入るのだって、普通に歩いて、自分で車の後ろのシートにひょいと乗り込んだくらい元気。 

DSC03881s.jpgDSC03882s.jpgお腹の傷ですが、Zorroはヘソヘルニア除去したので、傷がThumperよりも大きく、約4cm切ってあり、Thumperは1.5cm程度です。 私は昨日勘違いしてた。 おじょーの時は、舐めたら舌が痛いように、針金の糸で傷口を縫ってあったので、今回もそれに良く似た感じの糸だと思ってたら、今日主治医の話によると、抜糸の必要のない、肉と同化してしまう素材の糸で縫ってあるため、1週間後の抜糸も行かなくても良いってことだった。 

それじゃあ、傷口を舐めたらダメでしょうと聞いたら、この子達は舐める様子は無いし、もし舐めるのが気になるなら、お腹にタオルを巻くようにと言われました。 エリザベスカラーは不快で余計にストレスを与えるからだめだと。 あれは、縫合できない化膿した傷などがあるワンコに使うと効果があるので、そう言う心配がないワンコには、使わないって事らしい。 へぇ~~ 私は昨日面会に行ったとき、メガホン付けてる2人を頭に描いていたけれど、全くその様子は無しだったもんなぁ。

もし傷口が汚れた場合、どうして掃除するのかと聞くと、『放っておいてください』とのこと。 水を使っての洗浄だけは避けるようにとの事。 水によって傷口の中にばい菌が入り込む可能性があるからだそうです。 でも1週間もすれば、完全に傷口は癒え、お風呂も可能になるそうです。 穴掘りでもしてもらうのは困るので、数日間は一応ハーネスをつけたままで、裏庭に出る時は、リードを付けて出す事にした。 そしたら自由に動き回れないThumperさま、偉いご機嫌悪くなりました。 夜9時半、寝る前の最後のオシッコでは、Thumperは走る気満々なんだけど、リードに繋がれた状態で出来なかったのが、とても不満気です。 ほんと、繋がれて居なければ、普通に走ってるところです(呆) この分じゃ、穴掘りする日も近いでしょうね(号泣)。

ご機嫌ななめなThumperご機嫌ななめなThumperご機嫌ななめなThumperZorroも一応怒ってるんやでぇ~~


Dr. George Abernathy え~~~獣医やぁ~~♡

避妊手術費用は犬1匹に付き、麻酔代が$60(体重5kg~9kgまで)、手術費が$90(体重18kgまで)の合計$150でした。 2人で$300。 良心的な費用にびっくりした。 確かおじょーの手術費用(別の病院)は、15年前で$300ほどしたと覚えている。 もちろん抜歯手術もかねてはいたが。 Dr. Abernathy は、Zorroちんのヘソヘルニアの除去費用を『ついでにやっといた事だから』と、別途に請求することもない。 以前もおじょーの時、『爪伸びてますね』と言って、ポケットから爪きり出してつんつん切ってくれて、爪きり代など請求無し。 この前まで予防注射に通っていた病院なら、爪きりだけで$20請求される。 だって肛門線を搾り出すので$25もとられたんだ! 避妊手術費用は、1匹辺り$250~$350するところ。 2匹だから何でも倍かかるしなぁ。

Dr. Abernathyが経営するSunrise Veterinary Clinicが良いと紹介してくれた元同僚は、以前飼っていたゴールデンレトリバーをここで安楽死させた。 Dr. Abernathyは飼い主と一緒に一晩付きっ切りで居てくれた。 朝になって飼い主が安楽死を決意し、速やかに処置してくれた。 その回の費用は一切請求されなかった。 Dr. Abernathy曰く、『最愛のペットを亡くす事で、飼い主はすでに大きな痛手を負ってる。 もうそれで十分ではないですか。』と言ってくれたそうな。 人事ながら私はその話を聞いて泣いた。 動物を愛するだけでなく、飼い主の気持ちも良く理解してくれる獣医、病院経営だけを頭に置いて居ない獣医が居るものなんだなと、感心したのを覚えてるわ。

出来るだけコストダウンのためにと、古く要らなくなったタオルの寄付を受けたり、必要でなくなった薬は、費用が払えない飼い主に無料で回してくれたりする。 おじょーの飲んでいた薬も、おじょーが亡くなって必要無くなったので、この病院に寄付した。 費用が払えない人に無料でその薬を回してあげるんです。 え~~~~病院や。
 
コメント
この記事へのコメント
mickey
拍子抜けするくらい元気そうですね(笑)
でも、それが何より。よかった、よかった(^^)
うちもヘソヘルニアで診てもらったことがあるので、避妊手術の時に一緒にチェックしてもらいました。
だから、傷口は4~5センチあったかな。
針金の糸で痛々しかった・・・。
いいですね、抜糸の必要がないって(^^)
2006/12/07 (Thu) 15:25 | URL  [ Edit ]
Ojou-Chan⇒楓蜜さん
楓蜜はん、まいど!
ほんと、あんなに心配したのに、なんじゃこれ?って感じ。 健康なのが何よりですがね。 でも初日くらいは大人しくうなだれていることを想像(期待?)してたのに(笑) 
楓蜜さんのくのいちちゃん、病院側は誰も宿直居ない状態で放置されたんだったよね。 可愛そうだ。 誰も居ない状態にするなら、家に帰して欲しいところだよね。 おじょーが最初運ばれた救急病棟は、丁度1年前の12月6日、その病院のクリスマスパーティーで無人になってしまうからと、6日の午後にはそこから24時間体制の病院に移されたんだ。 だからずっと誰かのチェックが入ってた状態だった。 でもその移動が結局ストレスを与えた状態になったらしいけど。
Dr. Abernathyはね、元同僚の何人かも太鼓判おすし、先日ドッグパークで話した人も、ちょいと遠いけど信用できるからこの獣医を勧めてた。 ただ問題は、それだけ人気がある人なので、予約がとりにくい。 急に病気になったときは診て貰えない事が多い。 Walk-inで手が開いたら見てくれる可能性はあるけど、一体何時間待たないといけないのか分からない状態。 その病院には他にも獣医が居るんだけど、そんなわけでDr. Abernathyを待ってる人が待合室にわんさか居る。 常に20人くらい座ってる。
そんな中、昨日の朝、チビ達を預けたあと、泣いた顔で通り過ぎるの恥かしかったぁ~~~
2006/12/07 (Thu) 15:42 | URL  [ Edit ]
楓蜜
お嬢様たち、無事ご帰還おめでとう!
心配なくらい元気でうれしいやら困ったやらだね^^
獣医さんの話読んでて泣けてきたよ。 良い人だねー 本当に。
うちらが最愛の黒猫くのいちを亡くした時は、この先生の正反対で、私からしたら、殺された上に巨大な手術費(1300ドル也)を請求されて、その上支払いが遅いと(正式な請求書を出してくれるようにってお願いしていたので待っていた)ローンシャークを使って催促されたという本当に嫌な思い出があるのよ。
本当に良い先生を紹介してもらえてよかったね。 元同僚さんに感謝だね。
カルガリーに越してきてからまだ獣医さんにお世話になっていないから良い人もつけなくちゃだわ。。
元気とはいえ、穴掘りとか気をつけなくちゃいけないこともあるだろうから、あまりストレスかかえないようにね。 電話まってるじょー!
2006/12/07 (Thu) 14:28 | URL  [ Edit ]
みまき
おかえり~ わんこたち。
やっぱり家がいいよね~。
ところで、怒っていたサンバーちゃん ご機嫌如何?(^^;;;
事態の飲み込みが早いあたり、頭いいんやね・・・
2006/12/07 (Thu) 15:11 | URL  [ Edit ]
Ojou-Chan⇒みまきさん
みまきさん、こんにちは。
家がえーけど、いきなり腹天で寝るかよ? それも傷口あらわで、見る私が辛いけど、本人達はどうなんだろうね?
Thumper、怒ってますよ。 裏庭にリードつきで出て、思うように動けない、走れないと、私の方を振り返って、刺すような視線を向け、『手術受けさせた上に、自由に歩かせないって言うのかよ!』って言ってるような目で見られるのが辛い(汗)
2006/12/07 (Thu) 15:44 | URL  [ Edit ]
Ojou-Chan⇒mickeyさん
mickeyさん、まいど!
ヘソヘルニアって、あまおうさんに聞いたんですが、シーズーには結構多いらしいって? あまおうさんの3ワンコのうち2ワンコがそれで、避妊手術のときに除去してもらったそうです。 
抜糸が必要ないけど、これもちゃんとチェックしないと。 私自身の経験なんですが、私の鼻の横に、黒いオニキスのピアスでも付けてるのか?って思うほどのサイズのほくろがあったのを 根こそぎ除去の手術を10年以上前に受けたんですが、内部をその肉と同化してしまう糸で、外側を抜糸しないといけない糸で縫合したんです。 私の体が、その同化するはずの糸に対する拒否反応を起こし、中にとどまってるべき糸が表面に浮き出て化膿しはじめて・・・ 傷の腫れが治まるまで、結構な時間がかかりました。 顔の半分が、バレーボールのようにはれあがったし。
だからチビ達にもひょっとしてアレルギーがあるといけないから、まだまだ安心出来ないって所です。 またこれも、要らぬ心配で終わりそうな気配がありますが(笑) 
2006/12/07 (Thu) 15:49 | URL  [ Edit ]
ブライア
遅くなりました。
無事手術が成功したみたいで、よかった! 二人ともめっちゃ元気みたいだから安心したわ。 Zorroっちの病気も早く分ってよかった(泣)
きっとわんこおじょーが、導いてくれたんだと思う。Thumperの元気は、わんこおじょーの分もプラスされてるからかもしれないぞ!(笑)二人姉妹で三人分の元気・・・Ojou-Chan頑張れ!
また、いいDrに出会えたのもいいね。 Drの話を読んで、ぽろっときてしまったわ。 技術だけでなく、本当に適性のあるDrなんだろうね。
うっぷんのたまったThumper・・・全快した時の穴の大きさが怖い・・・。
2006/12/07 (Thu) 16:03 | URL  [ Edit ]
Ojou-Chan⇒ブライアさん
ブライアはん、まいど! 忙しかったんじゃろ?
今回何よりよかったのは、Zorroっちの病気発見だわ。 ほんと感謝だ。
Zorroっちはまだ、リードにつないだら、納得して歩いてる感じなんだけど、Thumperは『理不尽につながれている』事に対して、ものすごく苛立ちを感じてるような目をしてる。 
>全快した時の穴の大きさが
ぎゃぁ~~~! もうそんなに怖がらせないでくれ。 普通避妊手術したら、少し大人しくなると聞くんだけど、Thumperには適応しないのだろうか? 元気が何よりやけど、もう少し今日は大人しくして欲しかった。
2006/12/07 (Thu) 16:49 | URL  [ Edit ]
Ojou-Chan⇒風ママさん
風ママさん、こんにちは。
ほんと、安心です。 ご心配ありがとうございます。 2人は私の心配をよそに、拍子抜けな元気ぶり。 でもこれが何よりです^^
Thumperの傷を見て、私もこんなに小さい穴で、良く仕事ができるんだなぁ~なんて思ったわ。 おじょーの時はもう少し大きかった、Zorroっちくらいの大きさがあったように覚えてるんですが。 それともThumperの巨体が、傷を小さく見せているのだろうか?
義理姉の所のでっかいオス犬ですが、虚勢後は足を上げずに、女の子みたいにオシッコするんです。 こう言うのって影響するんですね。 風ちゃんは虚勢済みでしたっけ。 オスもメスも手術後は太ると聞きます。 特に今まではZorroっちの方が新陳代謝が激しいのでやや痩せ気味だったようなんですが、これからは太ると太鼓判押されました(困) まだまだ子犬だからと思ってると、大変なことになりそうなので、おやつも控えめにしなければ。
外にはしばらく出さないほうが良いんですが、何しろペーパートレーニングでなく、外でしかトイレしないように訓練したため、どうしても出ないといけません。 手術はされるわ、裏庭での自由まで奪われるわで、Thumperさんはやたら不機嫌です。
2006/12/08 (Fri) 00:54 | URL  [ Edit ]
Mima
無事に手術が終わり平常の生活が戻ってきたようでよかったですね。やっぱり家でくつろいでいる姉妹を見てOjou-さんも安心なさっていることでしょう。本当に犬の回復力って早いのですね。
最近冬の乾燥が激しくてここ毎年アカギレに悩まされています。主婦の宿命である炊事でますます悪化が進んでおります(笑)。昨晩はとうとう私の嫌いな手袋をはめて寝るということをしてみましたが、朝には脱げているし(笑)。靴下はいて寝られないのと同様手袋も私には無理そうです。う~ん、オコチャマ(?)
先日サンタフェで仕入れたビーズ・石類を使って早速イヤリング作り。娘のクリスマスプレゼント用にトルコ石でできたフェティッシュを使ったトルコ石プラス銀製のフックを使って作ったら、結構見栄えが良くて、これは日本のお友達に送るのにもいいかもしれない!と思いました。ただこのフェティッシュね、一つ一つハンドメイドでペアを見つけるのが非常に難しいのが難点!でもまさに気分はサンタフェって感じのイヤリングが出来上がりました。他にも簡単なものを作ったり、かなりハマッています!
2006/12/07 (Thu) 23:35 | URL  [ Edit ]
風ママ
無事に手術が終わって、これで安心ですね。
女の子の傷口って、思っていたより小さいのね。
1.5センチ? 初めて見ました。
ワンちゃんやネコちゃんって、本当に快復力が早くてビックリなんですよね。
穴掘りしないよう、外にはここしばらく出さない方がいいですよ~(*^^)
2006/12/07 (Thu) 23:48 | URL  [ Edit ]
Ojou-Chan⇒Mimaさん
Mimaさん、おはようさんです。
傷口自体を触ると当然まだ痛いようですが、触らない限りはなんとも無いみたいなんです。 でも抱っこしたりするのに気を使います。 今まで両脇に手を入れて抱っこしたけど、少しの間は、片手を胸から両脇をはさみ、もう片手でお尻をサポートして抱っこするようにして、お腹の皮をストレッチしないように気を付けてるというのに、本人達はなーんも考えていない。 まあそれが良いのでしょうけど。
おじょーの時は、迎えに行った日と翌日辺りは、結構大人しくぐったりしてたと覚えてますが、この子達は一体何だったんだろう? 裏庭ではリードが付いてるけど、そんなのお構いなしに、いきなりダッシュされて、私は転びそうになります。
13年ほど前に日本から友人が遊びに来た時、サンタフェで一杯ネックレスを買って帰りました。 銀のビーズとトルコ石が繋がった奴です。 こちらでは$20以下で買える物が、日本では2万円ほどしたって事で、沢山買って帰ってそれでも足りず、後でまた私が買って送らないといけないくらい。 
Mimaさんの作るアート、見てみたいなぁ~~~
2006/12/08 (Fri) 00:49 | URL  [ Edit ]
ポメマル
ほんにええ獣医だ~~。
家の時とはエライ違うね~~。手術費用も安いし。
あの時6日間入院でいくらだったかしら5、6万だったような気がします。手術代は2.5万円でした。
その前の預かりますという3日間だって何もなかったのに宿泊代、処置費、注射代などで3万円くらい要求されました。
なんであんな病院にかかったのかと今更ながら腹が立ちます。
二人ともお家が一番いいねと体で訴えてますね。
家のほうにもこんないい獣医さん居ないかな。本当に動物が大好きな先生なのね。
Tumperちゃん まだ怒ってるようなお顔してるわね。
犬って覚えがいいから忘れないのかしら?
Tumperちゃんはやくいつもの穴掘りができるようになってね。
2006/12/08 (Fri) 01:03 | URL  [ Edit ]
Ojou-Chan⇒ポメマルさん
ポメマルさん、まいど!
ほんと、ハンナちゃんの最初にかかったその獣医んとこ、なんでそんなに慎重なんだろう? 飼い主はやはり我が子が可愛いから、獣医に言われたら、言われるがままになってしまいますよね。 特にそれが初めてのペットだとしたら、前例が無いから分からないし。
おじょーがかかった獣医は、とても事務的な病院でした。 獣医もあまり人間味の無い感じがした人だった。 印象に残ってることなんですが、術後ちゃんとお風呂に入れてシャンプーして綺麗に帰ってきた事。 なんでだろ? 手術台で寝てる間に洗ってくれたのかな? 出血したから洗ってくれたのかな? 理解不可能・・・ 
うちのチビは、この手術の朝まで、Dr. Abernathy と顔をあわせたことが無いのです。 おじょーが以前かかってたから、面談無しでいきなり手術が許されたわけなんですが、昨日だって抜糸に戻ってこなくても良いから、これでさようならです。 術後用の薬もなーんもありません。 これはこれで、『こんなんでえーんかな?』と思ってしまいます。
手術代と麻酔代だけしか、請求書には記載されていないけど、その基本料金には、色々含まれているだけで、書かれていないだけなのかも? でも想像よりも遥かに少ない出費だったのでよかった。 ポメマルさんとハンナちゃんが気の毒に思います。 1人で6日間も知らない場所に引き止められて、里心が付くからと面会まで断たれて・・・ こっちは医者の言うがままだっての、急所を握られてるようで、後味悪いですね。 可愛そうだ、ハンナちゃんもポメマルさんも・・・(涙)
>Tumperちゃんはやくいつもの穴掘りができるようになってね
そんな事、奨励しないでください(滝汗・笑)
2006/12/08 (Fri) 01:17 | URL  [ Edit ]
bibi
無事退院おめでとうございます。
2人とも元気そうですね。
傷口には何もしないのですね。
前家にいた猫が避妊手術した時は傷口にガーゼがしてあったけど、、、
あれこれするとかえってばい菌が入る可能性があるのでしょうね。
でもいい獣医さんですよね。
値段も凄くお安いですね。
2匹で1匹の値段ぐらいですよね。
飼主の気持ちをよく分かってる獣医さんって本当に少ないですもんねぇ。
うちの子もこんな獣医さんにかかりたいですね。
2人とも少しの辛抱だからね。
傷口が綺麗になるまでおとなしくしててね。
2006/12/08 (Fri) 01:25 | URL  [ Edit ]
あまおう
まずはチビちゃん達が無事にお帰りで本当に良かった!
しかし、『案ずるより生むが易し』の見本みたいな術後の2人だわね~(笑)
心配性なママは吐き気を催すくらいに心配したというのに・・・(笑)
でも、もうこれで安心して師走→新年を迎えられるね!
1年前には想像もしていなかったOjouさんの今の生活。
Ojouさんも良く頑張ったけど、きっと天国のおじょーちゃんがこんな日が早く来るようにちゃんと見守っててくれたのよね。
私が思うに、おじょーちゃんはチビちゃん達2人の入院にもず~っと付き添ってたんじゃないかと・・・。
『帰ったら怒ったフリしてママからおやつをいっぱいもらうんやで~!』と言い聞かせてたのかもよ~!(笑)
2006/12/08 (Fri) 01:51 | URL  [ Edit ]
Ojou-Chan⇒bibiさん
bibiさん、こんにちは。
ご心配ありがとうございます。 私も傷口の事は心配ではあるんですが、そうやって獣医が触らないほうが良いと言うので、とにかく自分で舐めるか、お互いを舐めあいさせないように気をつけてます。 今のところ、傷口を舐める様子はありません。 あとは、外に出たときに汚れることだけ気をつけたいと思ってます。 Tシャツきせると、傷に当たると思うので、余計に良くないかと思うので。
手術代など、全く前もって聞いてない状態で連れて行ってますから、いざ支払いの時に、へ?これだけでえーの?ってな具合で。 もちろん文句はありませんよ(笑) ほんと、こう言う医者に出会える事はまれなことだと思い、とても感謝してます。 クリスマスには、でっかいクッキープレートを持っていこうっと^^
今困ってるのは、自分達は完全に健康状態と思ってるから、どうして散歩に連れて行ってもらえないのか、とても退屈で不満げです。 Thumperは、かじって欲しくない物を沢山かじりだしてますし(苦笑)
2006/12/08 (Fri) 04:00 | URL  [ Edit ]
Ojou-Chan⇒あまおうさん
あまおうさん、まいど!
ほんと、心配かけてごめんね。 ありがとう。 我ながらこの心配性に嫌気が差してます。 なんでやろ? Wild Catさん曰く、心配性な人は、想像力が豊かなんだそうな。 先を描くことが出来ない人は、心配もしないって。 どっちがえーんやろ?
せめてThumperは最初の生理が来る前に手術したかったので、予定の日が来るまで、ハラハラしてる状態でした。 これだっておじょーの計らいだったのかも? とにかくZorroっちの早期発見もあったし、よかった、よかった^^
オヤツ・・・問題やわ。 今散歩に連れて出てない状態やから、とにかく退屈してるんで、泣いたり吠えたりするから、対処法についつい豚耳、グリニースを与えてしまってます。 いけない事とは思いつつ・・・
完治したら厳しく行こう! できるかな?(不安)
2006/12/08 (Fri) 04:07 | URL  [ Edit ]
Rei
な、なんていいお医者さんなの~!!!うちの近くにもこんなにいい獣医さんがいてくれたらいいのに。
オレオを連れて行く病院は猫専門のところです。前に住んでいたところの近くなのでちょっと遠いのですが、「猫が好き」というのが伝わってくる獣医さんなので、まだそこにお世話になっています。オレオは病院にいくたびにものすごい凶暴になって、一度はアシスタントの人の手を本気で噛んで血が出てしまったほど。いつか「もう来ないでくれ」と言われるんじゃないかとドキドキです。
全然関係の無い話なのですが、こちらのブログ、私のブログのお友達のブログリストに載せてもいいですか?嫌だったら遠慮しないでそうおっしゃってくださいね。
2006/12/08 (Fri) 10:39 | URL  [ Edit ]
Ojou-Chan⇒Reiさん
Reiさん、こんにちは。
そういえば、おじょーが子犬の頃にかかってた医者で、避妊手術をしてくれたところが、犬専門の病院でした。 隣に猫専門の病院があったなぁ。 猫が興奮して凶暴になるのなんて、想像するだけで怖いわぁ。 でもそこはプロだから、色んな動物の相手をしてきてるんでしょうね。
ブログリスト、もちろんOKです。 光栄です。 私のほうもリンク入れさせていただきますね。
2006/12/08 (Fri) 14:27 | URL  [ Edit ]
ベンクラママ
こんばんは~♪
遅れてしまいましたが~、チビちゃん達無事に帰ってこれて本当によかったですね。おめでとうございます☆
Zorroちゃんのヘルニアも思わぬところで見つかって一緒にとってもらうことになってヨカッタですね。こんなことがなかったらそのまま気づかないまんまだったかもしれませんしね。
それより何よりいい先生に出会えましたね。なかなか探してもいませんもん!こんな先生が近くにいたらいいのに~って思います。羨ましいです。
クララも1才の時に避妊術しましたが、4万くらいかかりました。
それに傷跡もこんなに綺麗じゃなかったんですよ。
可哀相なくらい内出血していて~。。。それで4万ですからねぇ~^^;
久ぶりに見たサンバーちゃんの顔がちょっっぴり大人の感じに見えました~。
ストレスで怒り寸前ですか~?あっと言う間に1週間過ぎたあとのサンバーちゃんの思いっきり~。。。が怖いものあるかもしれませんね(笑)
2006/12/09 (Sat) 01:59 | URL  [ Edit ]
Ojou-Chan⇒ベンクラママさん
ベンクラママさん、お久です。
とは言え、いつも読み逃げばかりさせていただいてますが。
Zorroが我が家へ来た生後7週間目の頃、出べそだってのは知ってたんです。 でもそれが『ヘソヘルニア』と呼ばれるもので、支障が起こらない場合もあるけど、おへそから腸が出てきてしまうような事態が発生するなんて事。 また表面から消え去っても、皮膚下に残ってたなんてこと、私は知らないことばかりで、『ヘソヘルニアだったから除去しておきました』と知らされて、初めて調べて知った次第です。 そしてシーズに多いことだと言うのも知らなかったし。
良い医者に恵まれました。 術後36時間経った現在、Zorroの傷は半分くらいの大きさで、Thumperの傷はもうほとんど見えないくらいです。 ほんと動物の回復は早い。
Thumperはストレス爆発寸前状態です。 睨みつけるのほんと、止めて欲しい。
2006/12/09 (Sat) 05:50 | URL  [ Edit ]
コメントを投稿

入力されたメールアドレスはブログオーナーのみ見ることができます。
URL:
Comment:
Password:
   非公開メッセージやブログ内容に関係の無いメッセージは、右メニューのMail Formへどうぞ 
ワンコを愛する人へ  

  •  犬の十戒
  •  犬の聖歌
  •  虹の橋
  •  ママ、もう泣かないで
  •  エンジェルの願い
  •  「どうしてなの・・・?」

    いつでも里親募集中

     CATNAP 放棄犬・長期保護犬の里親募集リンク
    下のリンクは、
    私がよく訪れさせて頂く
    ・動物保護ボランティア
    ・里親が見付かるまでの預かりボランティア
    ・そして里親になった方々
    のブログです。
    いつの日かは私も、預かりボランティアしたいと思ってます。


  •  ALMA (旧・CATNAP)
  •  大阪市動物管理センター
  •  滋賀県動物保護管理協会
  •  東京都動物愛護相談センター
  •  埼玉県動物指導センター
  •  Happy Paws
  •  今日もアオゾラ。
  •  仲良し三人組
  •  最後のラブレター
  •  小梅ロマンチカ
  •  ちばたりあんな
  •  晴れ ときどき 仮ママ
  •  陽だまり生活
  •  同僚Rのボラトリ日記
  •  潤君の里親さん探し
  •  みっき~とお友達のお部屋
  •  しあわせさん あいに来て
  •  chu*
  •  愛しい子達の預かり日記
  •  それ行け シーズー牧場!!
  •  いっぽ・ドレミ預かり日記
  •  さぁ~行くよ!
  •  わんこと一緒
  •  ♪わんことこども♪
  •  毎日を大切に。
  •  シーズー里親「愛しき天使たち」
  •  とびらの向こうへ...
  •  ぶんた君のお家探し
  •  君は君のままで
  •  のほほん家族
  •  I love Dog!~ワンコのおうち探し
  •  ママさがし
  •  預かり☆わんことの生活
  •  ひなたのヒナタぼっこ
  •  ☆くつろぎの中で☆
  •  もなか様秘密日記
  •  かわいすぎる件について
  •  みずママの日記
  •  ともnet~岐阜県可児市より発信
  •  ワンワン預かり日記
  •  動物ボランティア ミミの耳
  •  日向君預かり日記
  •  ◇◆ いらっしゃぁい♪ ◆◇
  •  幸せ探しのお手伝い
  •  向日葵
  •  My Sweet Home
  •  ペット里親会
  •  WAKABA HOUSE
  •  はなもげらちょびぃっとかい+
  •  ☆ホイップポン日記☆
  •  ゆっくリンク
  •  歩いて行こう
  •  ケイトログ「夢が叶うまで」
  •  かん太とマフィンとミーシャの毎日&お預かり犬ステイ日記
  •  新・ペリカン日記
  •  はじめの一歩!
  •  Animal Humane New Mexico
  •  Albuquerque Animal Care Center

  • おひめさまくらぶ

    Thumper Zorro-Chan



                                    

                      Copyright © 2006-2014 Ojou-Chan ☆続・いつか虹の橋のたもとで☆                 

     

    この前のページに戻るには

    powered by FC2ブログ. photo by ねこじゃらし日記 template by tora☆7kg
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。