Until We Meet Again at the Rainbow Bridge

シーズ犬おじょーちゃんとの思い出と
子犬Thumper&Zorro-Chanとの日常のブログ






    Ojou-Chan's Cocinita へ戻る
       フレーム内     フレーム外


当ブログの内容の無断転載、無断使用は禁止しております。

写真は全てクリック拡大できます。

スポンサーサイト
-- / -- / -- (--) | me |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アルバカーキー世界熱気球祭り1・楓蜜さんが来た
2006 / 10 / 14 (Sat) | me |
Albuquerque International Hot Air Balloon Fiesta (10/6~10/15)

Up, up, and away...
くつろぐ2人
10月11日(水)朝の模様


以前CookPadと言う料理のコミュニティーサイトで知り合った、カナダ在住の楓蜜さんが、このアルバカーキー熱気球祭りの時期にあわせて、遊びに来てくれました。 顔をあわせるのが、今回が初めて! 滞在は5日から12日の1週間。 毎日の出来事をブログへ記しておこうとは思いながら、そんな時間は全くなく、たまにパソコンの前に座ると、もう疲れて居眠ってる状態で、本日やっとこさ写真の整理をしています。 書きたい事が一杯ありすぎて、ぜんぜん前に進みません(困) とりあえず、今日は熱気球のお話をします。

バルーン初日バルーン一斉飛行の初日である7日(土)の朝は、あいにく小雨と風で、イベント決行かどうか分かりませんでしたが、雨も上がり予定より少し遅れての開催。 お天気のため、初日の朝のイベントが一番参加バルーンが多いはずですが、たった200機程度しか飛行せず。 それでも初体験の楓蜜さんにとっては、今まで見たことの無い数の気球で、喜んでもらえてホッとしました。

お天気の良し悪しは、もちろん私のせいではないのですが、はるばるこのためにやって来る人、初めて見る人の事を思うと、とても申し訳ない気持ちになる。 また、『アルバカーキーの気球祭りってこの程度のものなのか』と思って帰られるのも悔しい。 だから楓蜜さんの滞在中に、どうか私が知ってる熱気球祭りを見せてあげたいと望んだのでした。

バーナーバーナー翌日8日(日)の夜のイベントは、Balloon Glowと言うイベントで、夕暮れ時に気球を膨らませるだけで離陸はしないのですが、合図と共に一斉にバーナーの火をいれると、巨大なバルーンに火が入る様は非常に美しい・・・・・はずでしたが・・・・・雨は降らずとも、ちょっとした風が吹いてる状態でバルーンを膨らませるのは非常に危険なため、キャンセルにしたいところ、このために多くの人が集まっているのでと、Candle light burnといって、気球無しでバーナーを一斉に燃やすと言うイベントがありました。


© Ray Watt本来なら、こんな感じで見えるのになぁ~~ バーナーの音はすごいですよ。 それにかなりの熱を発するため、とても寒い日には暖かい。 この後は、打ち上げ花火があります。 日本人の我々には、たいしたこと無い花火ですが。


Flight of the Nations Mass Ascension

Dawn Patrol (夜明け前のパトロールショー)Dawn Patrol我々再度11日(水)の朝イベントに参加。 この朝は申し分ないお天気で、風も吹いていない。 一斉離陸は7時ごろから始まりますが、その前の夜明け前の暗い時点で、毎朝Dawn Patrolと言う気球が2~3機上がって、お天気と風の様子を見ます。 この日はDawn Patrol Showと言って、15機の選ばれた気球によって、夜明け前の暗い時点での飛行ショーがありました。 これがなんとなく、日曜日の夜に見逃した、Balloon Glowに似ています。 こんな状態が300機ほど一斉に火を入れるところを想像してください。



気球を膨らませているところそろそろバーナー着火かな?Dawn Patrolの後は、気球飛行の準備。 地面に広げられた気球には、このように大型扇風機を使って空気を送り込み、気球が広がったときにバーナー着火して熱い空気を送り込み、気球が起こされて飛行準備完了となります。 気球の口にある紐を左右に分けているのは、火を入れると燃える可能性が大だからです。

気球を膨らませる様子



火を入れる様子



火が入って一気に膨らむ様子




バルーンその後に続くMass Ascension(一斉離陸)は、週末の悪天候でキャンセルになったイベントを補うかのごとく、私が知ってる空一杯見事な気球の数々でした。 これを楓蜜さんに見せたかった。 ただ、有名な気流のBOXはこの朝無かったのですが、上空は穏やかで、風が吹いていないことから、離陸したバルーンもその場にとどまって、何時までも楽しませてくれたので、本当に嬉しかったですね。



キルトのゼブラ派手姿なゼブラシマシマ服を着てる人たちは、『ゼブラ』と呼ばれる人たちで、各気球が離陸する際に、本部からの号令に従い、周りに危険物があるかどうかの確認をし、気球が安全に離陸できるように指示するレフェリーみたいな人たちです。 それが年々服装が派手になってきて、顔をストライプに塗る人、体中にシマウマのマスコットを付ける人、また今年は初めて、シマシマキルトを着てる叔父さんも見かけました。 この下に沢山の写真を貼り付けますが、カーソル当てた後、クリックお忘れなく。

Miss. Bell 空飛ぶ牛(クリームランドと言う乳製品会社の気球)バルーンブラジルから参加のミツバチ達バルーン

幌馬車の気球亀と谷村新司そっくりなバルーンチワワと一緒に飛行する叔母さんバルーン

Energizerのバニーノアの箱舟バルーンバルーン

ふくろうの気球Humpty Dumpty逆立ち状態のHumpty Dumptyたるに入ってる海賊


Special Shape Balloon Mass Acsension

会場の外から見るSpecial Shape Balloonsノアの箱舟の真下から着地したバルーンをバックに楓蜜さんがカナダへ帰る最終日の12日(木)の朝に、変形バルーンばかりの一斉離陸の日がありましたが、我々は会場から少し離れたスーパーの駐車場から気球を見ることにしたら、幸いな事がおこりました。 ノアの箱舟気球が、我々の居た駐車場に着陸することとなり、そこに集っていた多くの人と共に、楓蜜さんもお手伝いして、気球の空気を抜くという作業を目撃しました。 何度も気球祭りに行ったけど、いつもは会場内からなので、膨らませる所は見ても、こうして着陸するところに出くわすのは私にとっても初めて。 楓蜜さん、嬉しそうでした。




こうして楓蜜さんは、12日の午後の便でカナダの愛する家族の下へ帰って行きました。 次のブログ更新では、我々が食べたものでも紹介します。 かなり体重がやばい事になりました。 楓蜜さんのブログでは、彼女の目で見たアルバカーキーの感想がありますので、興味有る方は、そちらも訪れてくださいね。
 
コメント
この記事へのコメント
とも
悪天候、残念でしたね><
でも、ビデオを見る限り、地上からはるかかなたに飛んでるのを
見たことしかない私には、おお!すげ~って感じです^^
特に変形バルーンばかりの日なんて、楽しそう~~
夜に飛行?するバルーンが明かりがついたり消えたりするのは
上空で火を付けたり消したりしてるんですか?
はじめ、電気でショーをしてるのかって馬鹿なことを思ってしまいました^^;
バルーンを膨らませるとことなんて、ビデオを見ながら、引火しないのか
ってビビってしまいました。
Ojou-chan毎年、こんなすごい光景を見られて、良いですね!
なかなかまじかに見れないですもんね~。楓蜜さんがウラヤマシイです^^
2006/10/14 (Sat) 08:08 | URL  [ Edit ]
楓蜜
Oちゃんったら 仕事はや!
滞在中はPCの前に座ってもブログ更新してって言ったらまじで寝てたよね。。
バルーンに関してはOちゃんのこのページを見てもらえればOKってことでトラックバックさせていただきますぅぅぅ
2006/10/14 (Sat) 08:16 | URL  [ Edit ]
Ojou-Chan⇒ともさん
ともさん、こんにちは。
初日は悪天候でしたが、水曜日に挽回してくれたから、やれやれです。 あのままでカナダへ帰ってしまうなんて、悲しすぎましたからねぇ。
今朝(10/13)は変形バルーンの一斉離陸が朝で、夕方も変形バルーンばかりのBalloon glowがありました。 残念なことに、今日がこのイベントの中で一番のお天気だったらしく、気流も風も、パーフェクトな日だったって事です。 また週末が危ないかも知れないらしい。
夜に飛行のように見えますが、あれは夜明け前の飛行です。 気球は夜には飛べません。 暗すぎて着地ができないからです。 夜明け前の離陸だと、着地する頃には明るくなってますから。 上空で火がついてるのは、バーナーを使ってます。 
世界各地で、バルーン祭りが開催されているようですが、アルバカーキーは世界で一番規模が大きいものです。 第一回目の1972年には、参加気球は13機だったそうですが、今年は900機との事。 実は2000年には1000機を越えた参加がありましたが、2001年9月11日以降に、セキュリティーの理由から、参加気球も減ってしまいました。 でも今年は900もあったらしく、また以前のものに戻るのかとおもうと、とても嬉しいですね。
2006/10/14 (Sat) 16:05 | URL  [ Edit ]
Ojou-Chan⇒楓蜜さん
楓蜜さん、まいど!
ブログ自体の更新はえーんだけど、写真が多いから時間がかかるわ。
ほんと、楓蜜さんが滞在中は、ブログなんて更新できなかったよね。 マジで居眠りこいてたし。 でも、以前の普通の生活に戻りつつある今、また夜更かしが続きそうだ。 
楓蜜さんのバルーンの感想を楽しみにしてます。 私の目ではなく、初めてバルーン祭りを体験した人の声が聞きたい。 ほんと、楽しかったよねぇ~~~
2006/10/14 (Sat) 16:08 | URL  [ Edit ]
はなの母
珍しく長期間更新されていなかったので心配しておりましたが、お楽しみ中だったのですね。
なんだか、アメリカってやっぱり何をするにしても規模がデカイ!!
日本の花火はきれいだけど、押し合いへし合い出歩くのも困難で、人ごみにうんざりするけどそんなことはないんでしょうね。
澄み渡る青空に浮かぶ大量の熱気球・・・想像しただけでも素晴らしい。すごく見てみたい。
来年LAに行くかもしれないけど、LAから遠いのかな?ちょっと計画に盛り込んでみよっ。
2006/10/14 (Sat) 16:14 | URL  [ Edit ]
Ojou-Chan⇒はなの母さん
はなの母さん、こんにちは。
そうなんです。 ブログ更新したい気持ちはあったのですが、連日忙しくて今頃報告です。 
アルバカーキーにしてみれば、珍しく押し合いへし合い状態ですよ。 でも日本人がみたら、こんな混雑は混雑とは呼ばない!って言われそうですが。 こう言うのに慣れてしまった今、時々の里帰りで人によってしまう私です。
来年のLAは何時ごろの計画ですか? 気球祭りは毎年10月の第一週末から第二週末までの9日間です。 来年は10月6日から14日まで。 実際は前日の5日から開始です。 でもこれはセレモニーだけ。
もし来られるなら、10月5日の午後までにはアルバカーキーに入るようにしておくと良いですよ。 そして最低3日間は滞在しないと、朝と夜の両方のイベントを見るのはむずかしい。 この時期にホテルは随分前から予約しないと取れないし、飛行機も満杯で間際になると値上がりがすごいので、計画するなら今です。 LAからだと、直行便で2時間かかります。 車だと、13~15時間です(我々の運転なら11時間・笑)。
2006/10/14 (Sat) 16:27 | URL  [ Edit ]
bibi
凄いですねぇ~
こんなの実際に見たら感動でしょうね。
可愛いバルーンもあって子供達も楽しめそうですよねぇ。
青空にあざやかなバルーンがたくさん飛んでいる光景、生で見たいです。
2006/10/14 (Sat) 23:25 | URL  [ Edit ]
Ojou-Chan⇒bibiさん
bibiさん、こんにちは。
バルーンは、写真で見ていると実際の大きさが良く把握できませんが、実際に見るとすごいサイズ。 特に変形バルーンはもっと大きいです。
可愛いバルーンもあるけど、ものすごく奇妙なのもあります。 今年は見かけませんでしたが、魔女が方から色んな奇妙な生き物を担いでるバルーンや、変な顔の叔父さんや、空飛ぶ脳みそも変わり者です。 また帽子をかぶったブルドッグは、谷村新司にそっくり。
気球に実際乗ってみると、バーナーの音がすごいのと、髪の毛が燃えてしまうかと思うほど熱いです。 早朝飛行の上空は、とても静かです。
2006/10/15 (Sun) 00:39 | URL  [ Edit ]
あまおう
Ojouさん、ここではお久しぶり~♪
ワタシは赤い蝶ネクタイつけて逆立ちしてるオジサンのバルーンが気に入った~!夜のバルーンもむっちゃ見てみたい!
はよ、日本⇔アルバカーキーの直行便が出来て欲しい。
2006/10/16 (Mon) 01:17 | URL  [ Edit ]
Ojou-Chan⇒あまおうさん
あまおうさん、まいど!
赤い蝶ネクタイを付けて逆立ちしてるんは、Humpty Dumptyと言うキャラクターです。 左隣のは普通に座ってる奴やけど、マザーグースと言う童謡集にハンプティー・ダンプティーの歌があるよ。 おっさんと言うか、卵なんだ。 塀から落ちて卵が割れたってな歌。
http://mothergoose-room.com/h3/mothergooseh-30_page0003.htm
日本-アルバカーキーの直行便が出たら、私も嬉しいわぁ。 いつも経由のロスアンジェルスで、どれだけ時間のロスをすることか。 最低5時間乗り継ぎで、さらに2時間の飛行。 普段面倒だなぁ程度に思ってたけど、おじょーが病気で一刻も早く帰宅したいときに、この7時間は辛かった。
2006/10/16 (Mon) 02:02 | URL  [ Edit ]
コメントを投稿

入力されたメールアドレスはブログオーナーのみ見ることができます。
URL:
Comment:
Password:
   非公開メッセージやブログ内容に関係の無いメッセージは、右メニューのMail Formへどうぞ 
ワンコを愛する人へ  

  •  犬の十戒
  •  犬の聖歌
  •  虹の橋
  •  ママ、もう泣かないで
  •  エンジェルの願い
  •  「どうしてなの・・・?」

    いつでも里親募集中

     CATNAP 放棄犬・長期保護犬の里親募集リンク
    下のリンクは、
    私がよく訪れさせて頂く
    ・動物保護ボランティア
    ・里親が見付かるまでの預かりボランティア
    ・そして里親になった方々
    のブログです。
    いつの日かは私も、預かりボランティアしたいと思ってます。


  •  ALMA (旧・CATNAP)
  •  大阪市動物管理センター
  •  滋賀県動物保護管理協会
  •  東京都動物愛護相談センター
  •  埼玉県動物指導センター
  •  Happy Paws
  •  今日もアオゾラ。
  •  仲良し三人組
  •  最後のラブレター
  •  小梅ロマンチカ
  •  ちばたりあんな
  •  晴れ ときどき 仮ママ
  •  陽だまり生活
  •  同僚Rのボラトリ日記
  •  潤君の里親さん探し
  •  みっき~とお友達のお部屋
  •  しあわせさん あいに来て
  •  chu*
  •  愛しい子達の預かり日記
  •  それ行け シーズー牧場!!
  •  いっぽ・ドレミ預かり日記
  •  さぁ~行くよ!
  •  わんこと一緒
  •  ♪わんことこども♪
  •  毎日を大切に。
  •  シーズー里親「愛しき天使たち」
  •  とびらの向こうへ...
  •  ぶんた君のお家探し
  •  君は君のままで
  •  のほほん家族
  •  I love Dog!~ワンコのおうち探し
  •  ママさがし
  •  預かり☆わんことの生活
  •  ひなたのヒナタぼっこ
  •  ☆くつろぎの中で☆
  •  もなか様秘密日記
  •  かわいすぎる件について
  •  みずママの日記
  •  ともnet~岐阜県可児市より発信
  •  ワンワン預かり日記
  •  動物ボランティア ミミの耳
  •  日向君預かり日記
  •  ◇◆ いらっしゃぁい♪ ◆◇
  •  幸せ探しのお手伝い
  •  向日葵
  •  My Sweet Home
  •  ペット里親会
  •  WAKABA HOUSE
  •  はなもげらちょびぃっとかい+
  •  ☆ホイップポン日記☆
  •  ゆっくリンク
  •  歩いて行こう
  •  ケイトログ「夢が叶うまで」
  •  かん太とマフィンとミーシャの毎日&お預かり犬ステイ日記
  •  新・ペリカン日記
  •  はじめの一歩!
  •  Animal Humane New Mexico
  •  Albuquerque Animal Care Center

  • おひめさまくらぶ

    Thumper Zorro-Chan



                                    

                      Copyright © 2006-2014 Ojou-Chan ☆続・いつか虹の橋のたもとで☆                 

     

    この前のページに戻るには

    powered by FC2ブログ. photo by ねこじゃらし日記 template by tora☆7kg
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。