Until We Meet Again at the Rainbow Bridge

シーズ犬おじょーちゃんとの思い出と
子犬Thumper&Zorro-Chanとの日常のブログ






    Ojou-Chan's Cocinita へ戻る
       フレーム内     フレーム外


当ブログの内容の無断転載、無断使用は禁止しております。

写真は全てクリック拡大できます。

スポンサーサイト
-- / -- / -- (--) | me |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あまおうさんの青梅サワー---アプリコットバージョン
2006 / 07 / 16 (Sun) | me |

噂のあまおうさんレシピ
青梅がないのでアプリコットサワー


アプリコットサワー


アプリコットいつもお邪魔する、あまおうさんのブログで、『青梅サワードリンク』が紹介されていた。 ブログに集う皆さんの声が、美味しい美味しいの絶賛ばかり。 どうしても私も飲みたいけど、ここには青梅はない! それで、青梅に一番似た感じの(味はぜんぜん違うけど)、アプリコットで代用は出来ないものだろうか?って事で、コストコで見つけた、見事なアプリコットで試してみることになった。

材料あまおうさんのレシピでは、青梅、上白糖、穀物酢なんですが、そのどれも無いってのはどうよ?(汗) 上白糖は無いし、穀物酢はどこにでも売ってないし、結構な値段がする。 そこで私はガロンサイズで持ってる、ホワイトビネガーと、手軽にスーパーで買える、アップルサイダービネガーで試してみることにした。 上白糖もないので、中国のロックシュガーとグラニュー糖で作る。


Day 1
仕込んだ日材料そろったのに、入れ物が無い(爆) お酢を使うから、金属の蓋とか使えないし、プラスチックでも溶けてしまうかも?なんて思ったのと、密閉できるものがなかなかなく、とりあえず手元にあった容器を消毒してつかった。
 
左側--ホワイトビネガー500ml+ロックシュガー450g版
右側--アップルサイダービネガー150ml+グラニュー糖150g版

このアプリコットでっかくて、3個で200g超えるから、右側の瓶なんて、空間が無いほどになった。

Day 2
2日目見ての通り、お酢から顔を出している部分のアプリコットは、黒ずんでいる。 これって普通なの?と、即効あまおうさんに聞いてみる。 青梅でもそうなるけど、日がたつにつれみんなお酢に沈んで行って、最後に青梅は黒くしわしわになるとの事。 よかった・・・(ホッ) 小さい瓶の方は、空気に触れる隙間が無かったので、色は綺麗なまま。


Day 10
10日目10日目ともなると、かなりきっちゃな~い色になっている。 一番左端に見えるのは、新しく買ってきた容器に始めた物。 これはホワイトビネガーとグラニュー糖。 今月末くらいに解禁か、それまで待てるのか?





Day 20・解禁日
20日目解禁日右側のアプリコットが空気に触れた方は、どす黒いのに対し、左側のは初日と同様、とっても綺麗なアプリコットだし、それほどしわしわにもなっていない。 不思議だねぇ~~~

両方を飲み比べるためにグラスに注ぐ。 チョビット味見。 

うまいではないか!

キッチンでうなってから、Steveに味見のためにグラスを渡したら、返してくれなくなった 寝転んで飲み始めたのに、一口飲んだら背筋伸ばしてたで(笑) Steveは、ホワイトビネガーバージョンが気に入った。 私はどちらかと言うと、アップルサイダーの方が、よりフルーティーになったように思う。 私の好みでは、5~7倍くらいに薄めるのかな? 濃厚にしたら、すぐに無くなっちゃうでないか! 今日は水だけど、明日はクラブソーダで行きたい!

トップの写真なんですが、左側がアップルサイダービネガーの方で、右がホワイトビネガー。 お酢自体は、ホワイトは無色透明で、アップルが飴色なのに、出来上がりはホワイトの方が飴色に仕上がった。 やはり空気に触れた部分が多いアプリコットから、色が出てるのでしょうね。 青梅の場合、2週間ごろが飲み頃との事ですが、アプリコットは初めてだし、前例が無いので、どれくらいが飲み頃なのか分からない。 従って、2回目に作った物を今月末でなく、来月半ばまで、1ヶ月漬け込んで見てから試してみようかなぁ~~~ それまでに今のはなくなってるだろう。

砂糖がたんまり入ってるので、そうがぶがぶ飲んではいけないとは分かっているけれど、特にこの暑い時期だと、どんどん入ってしまうわ。 危険な美味しい物を教えてもらってうれしい! 中国のロックシュガーをまた買ってきたので、まだアプリコットが出回ってる間に、もっと作ろうと思ってます^^
 
あまおうさん、ありがとう!
7月14日(金)・我が家のディナー

7月14日・我が家のディナーほぼ毎日残り物ばかり食べてますが、新たに作ったものといえば、鯖の塩焼きと焼き茄子です。 他は残り物のほうれん草のお浸し、ひじきとレンコンの含煮、切干大根、じゃこ炒め、からし菜の漬物と、胡瓜の漬物。

鯖は開いて一夜干にしたものを冷凍したのが、アジアンマーケットへ行けば買えますが、何しろ高い! 半身で$5もする。 その店では魚も売ってるので、Indian Mackrelと言う、きっとインド洋でとれる鯖なんだと思うけど、お店で生の鯖の内臓と頭をその場で落としてもらった物を買って来て、自分で開いて、塩をして、一日太陽の当たる場所で干してから、冷凍しておいた物です。 こうすると、半身1枚分が$1くらいで作れる。 偉い違いだ! 

Steveの大好物はこの中で一体どれでしょう? もちろん鯖なんですが、胡瓜の漬物を見て、目を輝かせてました。 夏場なので漬かりが進んだのか、ちょびっと酸っぱい感じに仕上がりましたが、そう言う漬かり具合が一番好きなSteveくん。 やっぱり背中のチャックを見つけて、アメリカ人の着ぐるみをはがしてみるべきだろうな。


ブログランキングに参加してますので

下のボタンをクリックお願いね!
FC2ブログへ投票かわいい犬ランキングへ投票にほんブログ村 犬ブログへ投票


コメント
この記事へのコメント
Ojou-Chan
風ママさん、まいど!
主人は私と出会うまで、全く和食経験の無い人でした。 ご飯さえ食べた事なかった。 一緒に生活を始めた当初、アルバカーキーでは、今ほど何でも手に入らなかったのです。 だから、作ることの出来る料理も、ものすごく限られてましたし、肉が入る物(から揚げや焼肉)の方が多かった。 最近でこそ、切干大根やひじきや、レンコンなんて目にしますが、当時は皆無でしたから。
アメリカの典型的な食事って、何だと思います? ステーキとジャガイモ、スパゲッティ、そして何やらのキャセロールって所でしょうか? 義母は料理がとても下手な人だったらしく、特にオーブンに放り込んで食べるだけって言う料理が多かったので、Steveは今でもキャセロール料理に拒否反応を起こしてます。 
Hamburger Helperと言う物をご存知ですか? 
http://www.bettycrocker.com/products/prod_hamburgerhelper.asp
用意するのはひき肉だけで、後はこの箱の中の物と混ぜるだけと言う、インスタントに毛が生えたような食べ物。 こう言う物がアメリカには非常に多い。 やはり働くお母さんが多いから、帰宅してちゃっちゃと短時間で作れるものが多いようです。 こう言う物を散々子供時代に食べてきたので、Steveはぜーったいに嫌だと言う。 実際私はアメリカで子供時代をすごしていないから、私にとってこう言う物が『定番化』されていないので、手は込んでいないにしても、あまりインスタントを作らない。 それを非常にありがたく思ってるようです。 何を作っても、美味しいと言って、感謝して食べてるようです。 
2006/07/18 (Tue) 02:43 | URL  [ Edit ]
花蓮
あまおうさんの青梅サワー、ちびちび飲んでます。
最近は牛乳で割って飲むのが好きです。ヨーグルト味でまったりした飲み物に変身します。
ほかの果物でも出来るのですね~。もしかしたらもっと違う果物でも応用が利くのかな?
干物、一度作ってみたいと思いつつこれはまだ未挑戦です。
そうか、干物にしてから冷凍すればいいのですよね。
安くて新鮮な魚が手に入ったらやってみます。
それにしてもSteveさん、きゅうりの古漬けが好物なんてすごい!
なかなか日本人男性でもこれは好んで食べませんよ~(笑)。
2006/07/16 (Sun) 14:01 | URL  [ Edit ]
Ojou-Chan
花蓮さん、こんにちは。
私もそのうちミルクでやってみますね。 ヨーグルトかぁ・・・ とにかく作り始めたときは、味の想像ができなかった。 5日目くらいの時に味見したら、お酢の味しかしなかったので、ほんとマジで、やっぱりアプリコットはだめかなぁ・・・なんて、ちょびっと落胆しかけてたんですが、美味しいのが出来て私もうれしい!
魚触るの大嫌い! 生臭い! だから切り身以外の魚なんて、マジで買わない。 だけど、かかるお金に5倍の差があるなら、やらないわけには行かなくて・・・ せめて頭と内臓を落としてくれたら、2枚くらいには開けるかなぁ?と挑戦したらできた^^ もちろん手袋2枚重ねにしたけど。
胡瓜が嫌いって人が多いなか、なんでこの人は胡瓜なんでしょうね? 私は漬物に関しては、何でもかんでも好きなんで(人参以外)、大好きなんだけど。 胡瓜の時は取り合いです。
2006/07/16 (Sun) 23:29 | URL  [ Edit ]
ベンクラママ
こんばんは~♪
アプリコットサワーですか~?さすがOjou-Chanさんですね
青梅がないならと思うところが凄いです。
なんでもやってみないとわからないものですね~^!青梅サワーか~、ジャム作りばかりしていて~・・、今では梅も、もうないし、来年やってみたいわ~~☆
私は今シソジュースに凝っていて、これも季節ものだから、今しかないって感じで沢山作ってますが、これもなかなかのものです。
鯖の干物ですか~!やりましたね~!!!
Ojou-Chanさんの頑張りは凄いものがありますね。やっぱり爪垢もらわんといけないかも(笑)
食卓も和食の賑わいで美味しそう☆
ご主人はやっぱり、着ぐるみ着てると思います。それも結構何重も重なった物着てる気がします
バケの皮はがれないように頑丈なやつをね。だって、きゅうりの漬物好きだなんてどう考えても
可笑しいですもん
2006/07/17 (Mon) 02:08 | URL  [ Edit ]
あまおう
Ojouさん、毎度!
イヤイヤ、無事にアプリコットサワーが完成して良かったわ~んe-460しかも、すこぶるウマそうやんe-282Ojouさんがいちどは本家or元祖の青梅サワーを飲んでみたいと思うのと同じで私もいちどはアプリコットサワーを飲んでみたいe-266絶対、フルーテーィーで美味しいわはずやわv-353
でもさ、色が違うのが面白いよね。普通に考えたらホワイトリカーの方が白っぽく出来そうな気がするけど・・・。しかも、アプリコットの実の状態も違う。右のヤツ、私のばあちゃんの(95歳)のお尻みたいにシワシワやわ(笑)
ところで、Steveさんは塩鯖も好きなん?
私も何を隠そう!魚の中では塩鯖がいちばん好きや~~~~e-266これなら3食出てもイケる自信がある(笑)それに古漬けのお漬物が好きやなんて、日本の侘び寂び&違いが分かるお人やわ~v-496
もう、これで証明されたね~!Steveさんの前世の生まれはここ日本v-363そして・・・・Steve さん自身はきゅうりの漬物の生まれ変わりかも・・・。イヤ、唐揚げか?ひじきか?・・・・(爆)
2006/07/17 (Mon) 02:12 | URL  [ Edit ]
bibi
簡単に出来るんですね。
私は父の作る梅酒が好きです。
父はホワイトビネガーを使ってるようです、なのでご主人がお気に入りの味と同じですね。
梅酒は毎日少しづつ飲むと健康にもいいですよね。。。
2006/07/17 (Mon) 11:24 | URL  [ Edit ]
Ojou-Chan
ベンクラママさん、まいど!
青梅は薄い緑色で、桃みたいな表面ですよね。 それに一番近い存在と言うと、アメリカではアプリコットしか無いし、実際私は青梅を食べたことないから、味がはっきり分からないけど、見た目だけならアプリコットに似てますね。
もうね、無ければ自分で作るしかないんです。 遠い昔、知り合いの日本人の叔母さんに、栗饅頭をもらいました。 皮もあんも、全て手作り。 あんなもの、作れるんだなと感心したのを覚えてます。 鯖の場合は、確か1ポンド(453g)で$2.99だったかの値段で、鯖2匹で丁度1ポンドだったんです。 ッてことは、1匹が$1.50なので、半身だと$0.75です。 それを冷凍の一夜干しだと半身が$5となったら、自分で作らないわけには行かない。 丁度日本から、美味しいミネラル豊富な石垣の塩もあったので^^
漬物で、今までで喜ばなかったのは、奈良漬だけだと思います。 梅干もしっかり食べますよ。 私も奈良漬だめ。 私は下戸だから、結構これは苦手です。
2006/07/17 (Mon) 13:06 | URL  [ Edit ]
Ojou-Chan
あまおうさん、ごっつぉ~さんです。
ほんま、青梅のを飲んでみたいよぉ~~~! 今度里帰りしたときに飲めるようにと思って、日本の母に作っておいてくれと頼んだら、もう青梅は出回っていないといわれた。 はぁ・・・
色が違うのは、空気に触れるか触れないかだと思う。 あまおうさんのばあちゃんのお尻と、私のおケツは似てるのかも知れない(爆) 
鯖好き? Steveもかなり鯖が好き。 しめ鯖が好きで、特に母のお手製しめ鯖は、よだれもんですね。 おすし屋でも鯖の握りをオーダーし、大阪のバッテラ寿司や、京都の鯖寿司が大好き。 焼いても、みそ煮にしても、鯖はほいほい喜んで食べるわ。 
片や私は、好きなんだけど、ちょっと体調悪いときとかに食べると、蕁麻疹が出る。 だから、手放しに大好きだ!とはいえないのだ。 だけど痛風には背の青い魚(いわし、鯖、味など)はよくないので、積極的には食べないようにしてる。
日本のワビサビとと言うか、奴の日本人度の頂点は、鍋にあると思う。 鍋料理と言うと、奴は鍋を通りこして、その後の雑炊を頭に描いて楽しみにするんだわ。 これのほうが、もっと日本人、それも庶民の日本人やと思わん? きっと棺桶には、から揚げを入れてくれと言うに違いない。
2006/07/17 (Mon) 13:19 | URL  [ Edit ]
Ojou-Chan
bibiさん、こんにちは。
これ、マジで危ないドリンクです。 一応お砂糖が入ってるので、そんなにがぶ飲みしてはいけないとは思いつつ、『お酢は健康的だ』と、勝手にこじつけして自分を慰めだまし飲んでます(笑) 
ホワイトビネガーの方が、私は酸味がきついと思ったんですが、主人に言わせると、ホワイトビネガーの方が甘かったから、そっちが好みだとの事です。 ホワイトビネガーにはロックシュガーを使い、アップルサイダーには普通のグラニュー糖だったからかな?
梅酒ね、梅が瓶のそこに入ってる奴をお店で見かけましたが、やっぱり私は下戸だから、お酒類はダメだと思う。 そういえば、この辺りでは、日本の焼酎に値するようなお酒で、テキーラってのがあります。 その中でも、虫の幼虫(芋虫みたいなの)が入ってる物があるんです(http://chilangabanda.com/picts/mezcal.jpg)! Mezcal(メスカル)と呼ばれるボトルの最後を飲む人は、幼虫もいただけるって事らしい。 沖縄のハブ酒みたいなもんでしょうかね? 
2006/07/17 (Mon) 13:30 | URL  [ Edit ]
ポメマル
アプリコットサワーも美味しそうですよ。
アメリカでは梅というのはないのかしら?固いうちのプラムはどうなのかしら?
お庭に梅の木を植えてみるのはいかが?
先日ソウルで景福宮の奥の方で梅くらいの黄色い果物が黄色くなってるのでなんだろうと聞いたら杏とのこと。杏ってもっと大きいものと思ってたけど所違うと小さいのかも。
我が家の梅サワーも出来ました。お酢の味が強いような気がするのでもっと置いたらもっとまろやかになるかなと時々飲んでます。家も1本しか作らなかったのでガブガブのんだらすぐなくなるわ。せめても夏の間だけでももって欲しいもの。
2006/07/17 (Mon) 16:58 | URL  [ Edit ]
風ママ
例年なら青梅シロップだけなのですが、私も今年は、梅干や青梅サワーも作ってます。
まだ保存ビンが余っているから、梅が買えたら、もうちょっとサワーつくってみようかな。
アプリコットサワーも美味しそうですが、他のフルーツも使っていろいろな味が楽しめそうですね~♪
ご主人の日本食好きは、Ojouちゃんと結婚してからですか?
それまではアメリカの食事だけだったとしたら、寂しい食生活だった(?)でしょうね(笑)
美味しい味を覚えたら、レストランの味でも満足できないでしょ?
うちのパパッチは、食は細いしこだわりもないから、作りがいがない( ̄∀ ̄*)
2006/07/18 (Tue) 00:18 | URL  [ Edit ]
Ojou-Chan
ポメマルさん、まいど!
アメリカで出回ってるプラムは、こんな感じ(http://www.hort.purdue.edu/ext/senior/fruits/images/large/plum.jpg)で、いわゆる日本で言う『すもも』に当たると思います。 甘いのに当たる事の方がめずらしい。 皮はつるつるしてるから、見た目では梅に近いのは、やはりアプリコットなんだろうな。
それで昨日思い出したんですが、Steveの生まれ育った家の裏庭には、巨大なアプリコットの木が生えていて、毎年義母がアプリコットを袋に入れて、『頼むからなんとかしてくれ』と近所、友達、あらゆる人に配り歩いてたのを覚えています。 でも15年ほど前に、ばっさり切り落としてしまいました。 理由は、そのアプリコットが原因で、愛犬を死なせてしまったから。 老犬だったんです。 15歳のメスのダックスの、Missy。 
義母が旅行中に、家の留守番とワンコの面倒もかねて、知人に家に数日着てもらってたらしい。 何でも食べるワンコなので、気を付けるようにと頼んでたけど、その留守番の人がちょっと目を話したすきに、Missyは裏庭へ行って、アプリコットをたらふく食べたらしい。 レントゲンとったら、アプリコットの種が生々しく20個ほど写ってたらしく、手術しないと取れない。 でも手術にこの老犬は耐えられないだろう。 かといってこのまま放っておけば、内臓不全で死んでしまう。 それで義母は安楽死を強いられた。 そして義母は木を切り落とした。 あれからワンコは買っていないけど、彼女にとってアプリコットは悲しい思い出が詰まってます。
昨日義母の家に顔を出したときに、ふとそのことを思い出しました。 アプリコットサワーを作り始め、『あ~~~だれか果物を木が裏庭に植わってる人と、友達になりたいなぁ~~』って言った時、そういえばこの家にはアプリコットの木があったのだって事を。
アップルサイダービネガーは、ホワイトビネガーよりも、ややまろやかな気がしました。 ほんのりりんごの香りもしたし。 がぶがぶ飲んじゃ、砂糖たんまり入ってるし、いけないのは分かってますが、美味しいわぁ~
2006/07/18 (Tue) 02:34 | URL  [ Edit ]
いら
こんばんは♪
アプリコットサワー、大成功おめでとうございます。
ないなら自分で作る!
う~ん、すごい・・。アプリコットのも味見したいな~。
青梅サワー、熊さんと毎日グビグビ飲んでいたら、
夏の終わりどころか、もうじき飲みきってしまいそうです。v-12
花蓮さんが書いてみえる「牛乳で割るバージョン」も美味しいですよ。
飲むまでは半信半疑だったけど、はまりました。
夕食のメニュー、我が家よりずっと和食で美味しそう、そして品数・倍!(汗)
2006/07/18 (Tue) 23:15 | URL  [ Edit ]
Ojou-Chan
いらさん、お久^^
牛乳きらしてたんです。 買ってきて試してみました! 美味しい! ちょっと感激。 さわやかぁ~~な感じ^^
青梅のが飲みたい! 来年は、アメリカ国内で、日系スーパーの通販でも無いか、一度あたってみたいと思います。
2006/07/19 (Wed) 01:40 | URL  [ Edit ]
コメントを投稿

入力されたメールアドレスはブログオーナーのみ見ることができます。
URL:
Comment:
Password:
   非公開メッセージやブログ内容に関係の無いメッセージは、右メニューのMail Formへどうぞ 
ワンコを愛する人へ  

  •  犬の十戒
  •  犬の聖歌
  •  虹の橋
  •  ママ、もう泣かないで
  •  エンジェルの願い
  •  「どうしてなの・・・?」

    いつでも里親募集中

     CATNAP 放棄犬・長期保護犬の里親募集リンク
    下のリンクは、
    私がよく訪れさせて頂く
    ・動物保護ボランティア
    ・里親が見付かるまでの預かりボランティア
    ・そして里親になった方々
    のブログです。
    いつの日かは私も、預かりボランティアしたいと思ってます。


  •  ALMA (旧・CATNAP)
  •  大阪市動物管理センター
  •  滋賀県動物保護管理協会
  •  東京都動物愛護相談センター
  •  埼玉県動物指導センター
  •  Happy Paws
  •  今日もアオゾラ。
  •  仲良し三人組
  •  最後のラブレター
  •  小梅ロマンチカ
  •  ちばたりあんな
  •  晴れ ときどき 仮ママ
  •  陽だまり生活
  •  同僚Rのボラトリ日記
  •  潤君の里親さん探し
  •  みっき~とお友達のお部屋
  •  しあわせさん あいに来て
  •  chu*
  •  愛しい子達の預かり日記
  •  それ行け シーズー牧場!!
  •  いっぽ・ドレミ預かり日記
  •  さぁ~行くよ!
  •  わんこと一緒
  •  ♪わんことこども♪
  •  毎日を大切に。
  •  シーズー里親「愛しき天使たち」
  •  とびらの向こうへ...
  •  ぶんた君のお家探し
  •  君は君のままで
  •  のほほん家族
  •  I love Dog!~ワンコのおうち探し
  •  ママさがし
  •  預かり☆わんことの生活
  •  ひなたのヒナタぼっこ
  •  ☆くつろぎの中で☆
  •  もなか様秘密日記
  •  かわいすぎる件について
  •  みずママの日記
  •  ともnet~岐阜県可児市より発信
  •  ワンワン預かり日記
  •  動物ボランティア ミミの耳
  •  日向君預かり日記
  •  ◇◆ いらっしゃぁい♪ ◆◇
  •  幸せ探しのお手伝い
  •  向日葵
  •  My Sweet Home
  •  ペット里親会
  •  WAKABA HOUSE
  •  はなもげらちょびぃっとかい+
  •  ☆ホイップポン日記☆
  •  ゆっくリンク
  •  歩いて行こう
  •  ケイトログ「夢が叶うまで」
  •  かん太とマフィンとミーシャの毎日&お預かり犬ステイ日記
  •  新・ペリカン日記
  •  はじめの一歩!
  •  Animal Humane New Mexico
  •  Albuquerque Animal Care Center

  • おひめさまくらぶ

    Thumper Zorro-Chan



                                    

                      Copyright © 2006-2014 Ojou-Chan ☆続・いつか虹の橋のたもとで☆                 

     

    この前のページに戻るには

    powered by FC2ブログ. photo by ねこじゃらし日記 template by tora☆7kg
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。