Until We Meet Again at the Rainbow Bridge

シーズ犬おじょーちゃんとの思い出と
子犬Thumper&Zorro-Chanとの日常のブログ






    Ojou-Chan's Cocinita へ戻る
       フレーム内     フレーム外


当ブログの内容の無断転載、無断使用は禁止しております。

写真は全てクリック拡大できます。

スポンサーサイト
-- / -- / -- (--) | me |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
寒いよぉ~~~
2013 / 01 / 30 (Wed) | me |
2013年1月29日のThumper と Zorro-Chan


4DSC09479.jpg
寒ぅ~てたまらんらしい


先週まで朝は大体マイナス10℃くらい、日中は5℃くらいまで上がり、夜は0℃くらいに下がると言う日々が続いていましたが、先週末からポカポカしてきて、朝は大抵氷点下か0℃くらいだけど、日中は15℃くらいまであがるし、外は完全に半袖でジャケット無し状態だった。 Thumperの毛がボーボーに伸びて、また顔がまん丸満月状態だったのと、後10日ほどで日本に出発し、1ヶ月は戻ってこないから、散髪しましょうって事になった。 

でも何時もどおり、Thumperを短くカットした途端に寒波到来。 寒いんだろうなぁ~~ でもお洋服は大嫌いで、固まってしまうから、そのまま放置しておいたら、自分で毛布を掘り掘りして中に上手く入って寝てます。 お洋服着た方が楽だろうに。


仕事を辞めて2週間が経つ。 あれこれやりたい事があったのに、毎日ぜんぜんやる気がないのもあるから、前に進まないが、かろうじてキッチンは隅から隅まで掃除した。 いや、冷蔵庫の中の掃除はまだしていない。 次はこのパソコンのある部屋だけど、ご覧の通り、掃除ではなくパソコン使ってるし・・・(呆) 

SantaFe_012613_1.jpgSantaFe_012613_2.jpg先週末はSanta Fe でお気に入りの、フレンチベーカリー、Clafoutis Bakery へ行って、お気に入りのカフェオーレとフレンチプレートを食べてきた。 これは午前10時半までに滑り込まないとオーダーできない、朝食のみのメニュー。 前回は満員で並んでいるうちに10時半が過ぎてしまい、不本意なメニューをオーダーした。 ぜんぜん満足感無し。 その前に行った時は、家を出るのをぐずぐずしていたために、朝ではなくランチ時間になってしまった。 何時もここへ行く時は、気合を入れて早朝出発しないといけない。

SantaFe_012613_3.jpg私はこの店のバゲットとクロワッサンが大好きだ。 New Mexicoは片田舎なので、多分日本で多く見られるベーカリーを開いても、客が来ないのではないだろうか? バゲットって何?ってな人の方が多いはず。 日本のお菓子類はフランスやドイツのお菓子が主流だけど、アメリカではアメリカのごてごてした、甘ったるいのが主流。 よって、マカロンでもアメリカのとフランスの日本で一般的に見られるマカロンでは大きな違いがある。

我々が日本で馴染みはマカロン(Macarons)は、アーモンドの粉、粉砂糖、そして卵白などで出来ていて、たいていの場合はガナッシュやバタークリームをサンドイッチしてある。 だが、アメリカで一般に知られているマカロン(Macaroon)は、アーモンドではなく、甘いココナッツとチョビットの小麦粉で出来ている。 発音もマカロンではなく、マカルーンと言う。 

フランスのマカロンは、生地を搾り出してから、指で触れるくらい表面を乾燥させないといけない。 乾燥地のAlbuquerqueでは30分もあれば大丈夫だが、湿気の多い日本、特に夏だったなら、5-6時間は乾燥させないといけないはず。 そして生地にメレンゲを刷り込む作業の、マカロナージュ次第で、成功と失敗が大きく分かれる。

アメリカのマカルーンは、普通のクッキーみたいに、混ぜて焼くだけ。 誰にでも作れる。 気をつけないといけないのは、ココナッツは直ぐに焦げるから、低音で焦がさないように気をつける事くらいだろうか?

当然このSanta Feのフレンチベーカリーには、アメリカのマカルーンはない。 Beignetと言う、フランスのドーナツも美味しい。 世間一般的にはフリッターと呼ばれるものかな? イーストの入らないドーナッツって感じ。 40代後半から50代くらいのフランス人夫婦と、20代後半くらいに見えるその娘がお店を切り盛りしてるんだが、やたら繁盛してるんで、間違った時間に行くと、かなり待たないといけない。 前回は雪が降っていた。 見せの中に待つ場所が無いため、外で待つのは寒いったら! ご主人が焼くパンがなんとも美味しい。 クロワッサンは外がパリパリで美味しい。 日本語ではクロワッサン、英語ではクレッソント、でもフランス語の本当の発音では、クワッソ(鼻音)と言う。 クワッソと頼むと、フランス語喋られるン?ってな感じで、思いっきり立て板に水調子で、対応がフランス語になり汗をかく。 クワッソくらいしかいえないってば!(汗) 

こんなお店、Albuquerqueにもあればいいのにな。 Santa Fe はアメリカでも上位10位以内に入る、バケーションスポットなので、アメリカだけでなく世界中から色んな旅行客が来る場所だから、こう言う店も流行るんだろう。 でもAlbuquerqueはなぁ・・・ なら自分で事業を起こすか? イヤイヤ、ベーカリーってのはそう簡単ではない。 私はケーキとパンとどちらが好きか?と考えると、パンを作る方がすき。 でもお金にはならない。 ケーキもフランス風のだと材料費がかかる。 アメリカのケーキとフランスのケーキの違いを知らない人たちが、お金を出すとは思えないしな・・・ でも何か自分で事業を始めたいと思う今日この頃。 先立つものは無い。
スポンサーサイト
Zorroちん、また負傷
2013 / 01 / 22 (Tue) | me |
2013年1月21日のThumper と Zorro-Chan


4DSC09477.jpg
またまた負傷


今回も多分鶏にやられたんだろう。 前回の左目の傷は完治しましたが、今回は右目です。 数日前から目が赤くなってた。 Zorroは良くあるんです。 地面を掘って顔中砂だらけにして、砂かゴミが目にはいって、目を赤くしてるって事がよくありましたが、今朝ひっくり返して日の当たる場所でよく見たら、左目と同じような、角膜に1点の傷が出来てました。 直径1mmほどの陥没。 目やにも沢山。 前回から残ってる抗生物質を塗り、自家製エリザベスカラーをつけてもらいました。 ものすごく不服そうですが、仕方ありません。

鶏の小屋の網目は細かいのですが、小屋から畑に出し、その畑の囲いの目は粗いんです。 気をつけてたつもりだったんですが、きっとまたHectorに突っつかれたんでしょうね。 他の3話はZorroが近づいたら逃げていくのに、Hectorだけは立ち向かっていきますから。 私は学べない人間なんだろうか? ほんと、申し訳ない。 Zorroは分からないんだから、ちゃんと気をつけていなければいけない。

義母が我々が留守をする10日間、チビ達を預かることを承諾してくれました。 出発前までには、Zorroの傷を治しておかなければ!

どこの家のペットも同じだとは思いますが、外出から帰宅したら、これ以上無いって位の喜びを見せて迎えてくれますよね。 我がチビ達も例外ではなく、我々が帰宅すると狂喜乱舞が始まりますが、数分すればその興奮も落ち着きます。 ただ義母にあいに行くときは、めったに顔を合わさない相手なので、余計チビ達は興奮し、義母の脚の周りをぐるぐる回り、義母が座るや否や、競って飛びついていきます。 だから、義母には良く言って聞かせねばなりません。 毎日帰宅したら数分は足元に気をつけ、ソファに腰掛けるんじゃない! 

それを言うと、義母は怖くなったのか、休暇をとってずっと家に居るというんです。 つまり出かけなければ興奮もさせないと。 さぁどうかなぁ? もうすぐ7歳になるチビ達、もうちょっと落ち着いて欲しい。

4DSC09399.jpgそれともう一つ。 背の低いテーブルで何かを食べ始めたら、テーブルの下からこんな風に顔を出してくるので、食べ物は与えないでください。 一度与えたら、催促がうるさいですよと。

新年の遅いご挨拶
2013 / 01 / 16 (Wed) | me |
17.gif
明けましておめでとうございます。

こんな勃発的なブログですが、今年もよろしくお願いします。


2013年1月15日のThumper と Zorro-Chan

4DSC09454.jpg

暖かい場所を良く知っているチビ達


4DSC09456.jpg4DSC09457.jpg最近のチビ達の朝のパターンは、まず遅くまで寝れるだけ、起こされるまでベッドで寝る。 いい時間になったら無理やり外にオシッコに出される。 家に戻ってきたら出窓の暖かい場所に移動してまた寝る。 

我々の寝室には出窓がありますが、チビ達がくつろげるように、厚いクッションが置いてあります。 その上でまず11時ごろまでは寝てます。 そして居間の自分達が何時も寝てるクッションに移動。 時々その間に我々の前に来て、散歩に連れて行け視線を浴びせます。

4DSC09452.jpg毎朝起きてまず私の仕事は、Zorroちんが夜中に色んな事をしているので、その片付けから始まります。 Thumperは一晩中、大人しく我々と一緒に川の字になって寝てますが、Zorroちんは夜行性です。 色んな物で遊び、必要のない物を引っ張り出し、おもちゃ箱をひっくり返してます。 以前は放置された下着や靴下をかじられましたが、我々も学んでクロゼットにしまいこんであります。 かじるものが無くなったZorroちんは、洗面所のフロアマットを引っ張り出してガジガジし始めます。 これが毎晩の事。

4DSC09458.jpg昨日の14日は少しですが雪が降りました。 Albuquerqueは湿気がないので、さらさらの粉雪です。 風が吹いたら白い砂埃のように宙に舞います。 きらきら輝いて綺麗です。 雪の中の運転は平気なんですが、雪の後が怖い。

Albuquerqueは日中の寒暖の差が非常に激しい場所で、朝と日中の温度差が15℃くらいあるのは何時もの事。 だから極端に寒くても、太陽が照って雪が解けてしまいますが、夜になると急激に温度が下がり、そのため夜中に溶け出した雪が凍り、朝方はブラックアイスと言う、目に見えない氷が道路のそこいらじゅうに出来るので、運転はとても危険です。 雪の翌日が我々にとっては危ない日。 日本のように湿気が多いと、ミゾレ状になりますよね。 あれは運転しやすい。

4DSC09446.jpg4DSC09444.jpg今朝の外の温度はマイナス17℃で、午前10時現在でもマイナス10℃です。 けど鶏達はいたって元気。 それも我が家の鶏は、特に寒さに強いといわれる種類の鶏で、元のオーナーは街の東の山手にあったので、Albuquerqueがマイナス17℃なら、あちらはマイナス30℃くらいまで下がります。 それでも平気だったらしいから、このくらいへっちゃら!って所かな? 元気に過ごしています。 その代わり夏の温度を心配してやらないと。 毎日40℃ってな日が続きますから。 しかし、鶏は偉いな。 寒暖の差70℃でもリッパに生きていけるんだから。

夏に換羽期にあったハニーは、綺麗に羽を生え替え、今はゴージャスな鶏に。 でも白い2羽が現在換羽期中。 何もこんな寒い時期に、丸坊主にならなくても、可愛そうに・・・

だから日本で5℃くらいで寒いと言ってるあなた! こんな環境に住んでる私が、たとえ回りの人が毛皮を着てようと、半袖で大阪の街を歩く私を非難の目で見ないでください。 私にとって、5℃は半袖日和なのですから。



さて、父の状態が芳しくないので、我々夫婦は2月のはじめに里帰りします。 Steveだけ1週間滞在で、私は1ヶ月の予定。 この決断を下すのに、とってもややこしい事がありました。 まず私が1月11日付けで仕事をやめた事。 留守の10日間の鶏の世話をしてくれる人、ワンコの世話をしてくれる人。 ワンコはまあ最悪ペットホテルがあるが、鶏はそう簡単じゃない。 お隣に? けどお隣の人は、家族構成も顔も名前も知らない人で、もう片方のお隣は、引っ越してしまって空家状態。 頼もうか・・・と考えた時、以前我々が受け入れ態勢になるまで預かってくれた人に事情を話すと、快く引き受けてくれました。 その代わりマイナス30℃の世界です。 大丈夫かなぁ? 都会で柔になってる我が家の鶏達。

ワンコですが、これまた厄介。 私の勤めていた学校の生徒が、何度も他人の犬の世話をしてきてるから、預かってあげると言ってくれてるんですが、Steveが納得しない。 私は知ってるけど、Steveは知らない人。 ならペットホテル?と言うと、そんな所に放っておけない。 ならどうする? 義母に頼む?

義母は77歳かな? 足元でちょこまか動くチビ達に脚をとられ、こけて骨折するかも知れないからダメならしい。 義姉の動物の世話は快く引き受けるけど、我が家の動物はだめならしい。 もちろん義姉の所は大型の外犬で、家の中には老ネコが1匹だけ。 義姉の旅行中は義姉の豪邸に泊まり、色んな家の中のものを楽しんでますが、我が家に来てもらっても何も楽しめるものはないしなぁ。 ややこしいから嫌ならしいわ。

なら何の為に今まで義母の世話をし続けてきたんだろ?と思ってしまう、心の狭い嫁です。 Steveは子供の頃から世話になってきた母親だけど、私は世話してこそ世話になった事のない人。 家の修理や家具や電化製品、何時も我々がお金を出してるし、食事に行っても義母の分は我々夫婦が全部面倒見てきてる。 なのに我々が必要な時には助けてくれない。 なら今後の私の接し方も決まったも同然です。 結構根に持つタイプの私です。

父の死に目に間に合わないかも知れないけど、頑張って行ってくる。
ワンコを愛する人へ  

  •  犬の十戒
  •  犬の聖歌
  •  虹の橋
  •  ママ、もう泣かないで
  •  エンジェルの願い
  •  「どうしてなの・・・?」

    いつでも里親募集中

     CATNAP 放棄犬・長期保護犬の里親募集リンク
    下のリンクは、
    私がよく訪れさせて頂く
    ・動物保護ボランティア
    ・里親が見付かるまでの預かりボランティア
    ・そして里親になった方々
    のブログです。
    いつの日かは私も、預かりボランティアしたいと思ってます。


  •  ALMA (旧・CATNAP)
  •  大阪市動物管理センター
  •  滋賀県動物保護管理協会
  •  東京都動物愛護相談センター
  •  埼玉県動物指導センター
  •  Happy Paws
  •  今日もアオゾラ。
  •  仲良し三人組
  •  最後のラブレター
  •  小梅ロマンチカ
  •  ちばたりあんな
  •  晴れ ときどき 仮ママ
  •  陽だまり生活
  •  同僚Rのボラトリ日記
  •  潤君の里親さん探し
  •  みっき~とお友達のお部屋
  •  しあわせさん あいに来て
  •  chu*
  •  愛しい子達の預かり日記
  •  それ行け シーズー牧場!!
  •  いっぽ・ドレミ預かり日記
  •  さぁ~行くよ!
  •  わんこと一緒
  •  ♪わんことこども♪
  •  毎日を大切に。
  •  シーズー里親「愛しき天使たち」
  •  とびらの向こうへ...
  •  ぶんた君のお家探し
  •  君は君のままで
  •  のほほん家族
  •  I love Dog!~ワンコのおうち探し
  •  ママさがし
  •  預かり☆わんことの生活
  •  ひなたのヒナタぼっこ
  •  ☆くつろぎの中で☆
  •  もなか様秘密日記
  •  かわいすぎる件について
  •  みずママの日記
  •  ともnet~岐阜県可児市より発信
  •  ワンワン預かり日記
  •  動物ボランティア ミミの耳
  •  日向君預かり日記
  •  ◇◆ いらっしゃぁい♪ ◆◇
  •  幸せ探しのお手伝い
  •  向日葵
  •  My Sweet Home
  •  ペット里親会
  •  WAKABA HOUSE
  •  はなもげらちょびぃっとかい+
  •  ☆ホイップポン日記☆
  •  ゆっくリンク
  •  歩いて行こう
  •  ケイトログ「夢が叶うまで」
  •  かん太とマフィンとミーシャの毎日&お預かり犬ステイ日記
  •  新・ペリカン日記
  •  はじめの一歩!
  •  Animal Humane New Mexico
  •  Albuquerque Animal Care Center

  • おひめさまくらぶ

    Thumper Zorro-Chan



                                    

                      Copyright © 2006-2014 Ojou-Chan ☆続・いつか虹の橋のたもとで☆                 

     

    この前のページに戻るには

    powered by FC2ブログ. photo by ねこじゃらし日記 template by tora☆7kg
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。