Until We Meet Again at the Rainbow Bridge

シーズ犬おじょーちゃんとの思い出と
子犬Thumper&Zorro-Chanとの日常のブログ






    Ojou-Chan's Cocinita へ戻る
       フレーム内     フレーム外


当ブログの内容の無断転載、無断使用は禁止しております。

写真は全てクリック拡大できます。

スポンサーサイト
-- / -- / -- (--) | me |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリスマスベーキング
2009 / 12 / 29 (Tue) | me |
2009年12月25日のThumper と Zorro-Chan


ワンコ達のクリスマス



日本でクリスマスと言えば、クリスマス・イブの24日がお祭りで、25日の当日は大した行事ではないとか、以前友人から聞きました。 イブは恋人達の日だとか。 私がアメリカへ来たのは26歳になった直後の事。 クリスマス時期に限って、彼氏が居なかったと言う・・・ マフラーを編み出しても、編み終わるまでには付き合う相手が居なくなってるパターンが多かったか、あるいは編み始めと編み終わりでは、別の相手だったりとか(笑) だからサイズの関係ない、マフラー程度しか編めなかったんだ・・・(爆) 

少なくとも、Albuquerqueのクリスマスは25日です。 そしてこの日は恋人達の日ではなく、家族の日です。 普段は教会の礼拝に出席しない人も、クリスマスの朝の礼拝に出席したりするので、教会周りは車でごった返しになったりする。 クリスマスプレゼントは25日の朝にみんな一斉に開くもの。 私もそれが夢だった。 自分の家族を持ち、25日の朝になると、みんなでプレゼントを開けて、その後はご馳走の用意をし、一日のんびりとすごす・・・ でも私には子供が出来なかったので、そういうのは無し。 午後になると、義姉の所の集まりに出かけていかねばなりません。 家で家族だけってのは、夢の世界で終わりです。

今年からはその義姉の所での集まりにですら参加できなくなった。 ホリデーには確実に仕事をしているから。 今の職場に居る限り、今後一切家族の集まりには参加できないと言うことです。 なんだか気が楽なような、寂しいような・・・ 

いつもクリスマス時期は、毎日ゆっくりベーキングする時間が有りました。 前の職場に居た頃は、年末10連休くらいあったし、学生だけしてた頃は、12月の初めあたりから1ヶ月以上の休暇。 でも今年は幸い?仕事をしている為、自由になる時間は休日だけ。 

12月12日から14日は3連休があり、ゆっくり焼けるや!と思ったのに、クッキーをうかつにも焦がしてしまい、オーブンから煙がもくもくと出てきて、火災探知機のアラームが鳴り止まず、アラームの下から空気を仰いだら、一時的にアラームは鳴り止むけれど、肝心な煙の素を退治することが最初頭に無かったので、えんえんと煙は出続け、やっと気がついて、アラームの鳴り止まぬまま、その焦げたクッキーを裏庭に放り出し、この氷点下の夜に家中の窓とドアを開放し、やっとこさ火災探知機が鳴り止んだ。

問題は煙の匂い。 掃除しても、壁や窓のフキ掃除をしても、煙の匂いがなくならない。 ミニブラインド、カーテンなどの洗えるものは洗濯したけど、なかなか匂いがなくならない。 あれから2週間たつけど、まだうっすらと臭いは残ってるし、オーブンを使うたびに、焦げた臭いがちょろっと出てきたりする(困) 我々は仕事に出てるけど、終日家で時間を過ごさねばならないチビ達には申し訳ない思いで一杯です。

クリスマスベーキングの予定が、この3連休は掃除をするだけで終わってしまいました。 よって、予定がかなり狂った。 お友達にアイシングでデコレーションしたクッキーをクリスマスの数日前に毎年届けるようにしてるんだけど、今年はそれが出来なかった。 デコレーションしたクッキーは、乾燥しないとパッキングできないってのが難で、送ることの出来る状態の物だけを送ったのが残念です。

今年のベーキングは・・・

3DSC09624.jpg オートミール・レーズン、クッキー、ダブル・チョコレート・チップ・クッキー、ジンジャー・スナップス
それぞれ80枚ずつ焼いたかな?

3DSC09609.jpg3DSC09631m.jpg ラム酒に漬け込んだレーズンがたっぷり入ったパウンドケーキ
生地だけで2.5kgあったので、それを3つのパウンドケーキ型に分けて焼きました。 1つはテキサスのあや姐さん、1つはコロラドの友人、1つは我が家+職場の人用に。 これは個別ラッピングしたものですが、アツさん特注の正方形パウンド型。 普通のパウンド型は、底よりも上になる部分が開いている、つまり逆台形になってる物しか見かけませんが、アツさんは正方形になるのが欲しかったので、ケーキ型を作るメーカーに特注したら、アツさんのアイデアに基づいて商品化されたんです。 その記念すべき型がこれ。 個別ラッピングには最適です。

3DSC09620.jpg3DSC09622.jpg シュガークッキー
これです、乾燥するまで梱包できなかった、残念なクッキーは。 立体ツリーは、ほとんどがフォンダントのデコなので、これだけは送ることが出来たけど、送られなかったのは、個別包装して職場の皆さんへ。

3DSC09582.jpg ナッツ入り、ナッツ無しのブラウニー
これはSteveの職場のポットラック用。 何の事はない、市販のブラウニーミックスに、コーンシロップを足してチューイーにしてみた物。

3DSC09632.jpg3DSC09632.jpg ピカン・パイ(焼いてからの写真を撮り忘れた)、チョコレートクリームパイ
これは義理姉宅でのクリスマスの集まり用に、Steveに持たせたもの。 ピカンナッツはあや姐さんから頂いたもので、特大サイズ。 チョコレートクリームパイは、義理姉夫の大好物。 車のディーラーをする彼なので、来年車を買い替える予定の私は、少々ゴマをすっておこうと思いまして^^
 
3DSC09580.jpg 豚・エビ・チキンが入った春巻き
パティシェ部門の同僚には、クッキーやケーキを渡しても喜ばれないから、春巻きをプレゼントした。 みんなえらい喜んでた。 お菓子のプレゼントは、この時期ありきたりですからね。 春巻きは超喜ばれるのは分かっていた。 写真は夕飯時のものなので、茄子と白菜の漬物が一緒に写ってます。 Steveは1人で全部白菜の漬物を食べた。 漬物が大好きな、妙なアメリカ人。


またまた車の不調

12月21日の月曜日のお休みの日、用事を済ませるために午前中に出かけ、午後になって気温が上がってきたから、さあお散歩へ出かけましょうと車に乗り込んだけど、キーを入れてもスタートしない。 うぃ~んうぃ~んってな音すら出さず、ただ『かちっ』と音がするだけ。 行く気満々のチビ達の手前、散歩の中止は出来ませんから、近所を歩くことにしました。

仕事で帰りが遅いSteveは、チェックすることすら出来ない状態。 仕方なく、22日からは私がSteveを職場へ送り迎えすると言うことになってしまった。 そしてこう言うときに限り、雪が降って夜中にぐーんと気温が下がり、道路が凍結するなんて事が起こってしまいました。 

こういう状態の中で、無理に出勤した事は今まで経験無し。 今までの職場だったなら、あっさり家に待機するだろうし、学校だったらすんなり休んでる。 でも今の職場じゃあそうはいかない。 幸い午前5時出勤ではなかったから良かったものの、普段なら35分程度で職場にたどり着くのに、23日の朝は90分も時間がかかった。 Steveのトラックは4輪駆動なんだけど、そんなの使った事ない。 Steveに電話で指導してもらいながらやっとこさセットしフリーウェイに乗ったけど、道路凍結のために無理やりUターンなどで、出勤時間より30分も遅れて到着。 運転は怖かった。 スライドするからブレーキはできるだけ踏まないようにと頭では分かってるけど、実際滑ったら無意識にブレーキ踏んでるし。 200度回転くらいしてしまい、怖かった。

週末が来てSteveが私の車をチェックし、新しいスターターと取り替えたけど、車はうんともすんとも言わない。 今週も一緒に出勤する事になる。 お天気が心配なのだ。 今週だめだったら、来週には新しい車を買うつもり。 今は長距離通勤なので、燃費の良い車が欲しい。 えらい出費や。
スポンサーサイト
公園の池に来る渡り鳥たち
2009 / 12 / 21 (Mon) | me |
2009年12月19日のThumper と Zorro-Chan

3DSC09573.jpg3DSC09574.jpg
同じ角度で首をかしげてみました


冬の寒い時期になって、チビ達がしてくれる一番嫌な事は・・・公園の池に来る渡り鳥の糞を食べる事です(うぎゃぁ~~!)

一年を通して常住しているのが、左の写真のような、あまり特徴のない感じのアヒルですが、寒い時期になると、右の写真のような、色鮮やかなMallard Duck と言うアヒルがたくさんやってきます。 これは2007年2月、雪の日の翌日のビデオです。 チビ達は鳥たちに興味津々。



3DSC09576m.jpgZorroちんは今にも池に飛び込みそう。 鳥たちは池の中に居る時や、芝生の上でみなでたむろしてる時もあり、鳥の行動範囲には、緑色の糞が沢山落ちています。 右のThumperの写真でも分かるように、口の周りを緑にしてます。 出来るだけ鳥の居る場所には近づかないようにしてるんだけど、なんとかならないのかなぁ?



愚痴です

とりわけ忙しいわけでもないのに、最近何に対してもやる気が起こらないのは、どういう事でしょうか? 夕べも布団に入ってから考えてた事は、今年の春は6教科もとっていたから、家の周りの事と同時に、学校の予習・復習・宿題・レポート・テスト勉強なんてのが毎日あったわけで、夜中まで格闘していたってのは毎日の事だった。 今より睡眠時間も少なかったと思う。 それでも今と比べたら、学生だけしていれば良かった時が懐かしく、戻りたいなぁ~って・・・

今の生活は、朝が早いと言う難点はさておき、結構決まった時間に出社・退社できるし、以前よりも自由になる時間が増えたはずなんだけど、何故か精神的に一杯な状態。 仕事自体は自分が好きで今までは趣味でしていたような事が、給料を貰って出来ると言う事はありがたい事実では有るけれど、一日にこなさないといけない事が多く、それを時間内にやらないといけないプレッシャーがあるし、毎日退社時間にはくたくたに疲れている状態です。 そしてあと3ヶ月ほどで48歳になる。 来年私は年女。 体力を使う仕事はしんどい・・・ はぁ・・・なんで私は今更、こんな新しい事に挑戦しようと思ったのだろう? いくら嘆いても、時間は戻らず、若返る事はないのは分かってるけど、あと5年でも良いから、今の道に進んでいたなら、もう少し体力的にも精神的にも、楽だったんじゃないかな?って思う今日この頃。



まだまだ続く、ジンジャーブレッド・ハウス

いつもお世話になってる、テキサス在住のあや姐さんの所へ、小さなジンジャーブレッド・ハウスを作って送りました。 郵送中の破損の事を考え、Aフレームで脚のないデザインなら破損が少ないと思い、25cm角のボードに、ロイヤルアイシングで家を固定させています。
3DSC09537.jpg3DSC09538.jpg3DSC09548.jpg3DSC09552.jpg

ジンジャーブレッドハウスを車に積んで運転するだけでも神経使うのに、どうやって郵送しよう?と考えました。

すっぽり入る大きな箱を見つけ、スタイロフォーム素材で出来たポップコーン状の梱包素材と、ビニールの袋に空気がパンパンに入った物などで、とにかくハウスが箱の中で動けないように固定して、ツリーと雪だるまは、最初から貼り付けたら剥がれる恐れがあるので、箱の蓋の裏側に固定して、粘着剤としてロイヤルアイシングも同封しました。 梱包した箱には、ありとあらゆる場所に、『取り扱い注意』、『壊れ物』、『ジンジャーブレッド・ハウスが入ってます』と言う風に書いたステッカーと、『天地無用』の意味で、『UP』と『↑』の矢印も箱中につけて。 ところが郵便局のおばちゃんが最初にしたのは、箱を横向けにどさっと秤の上に乗せた事。 この時点で、無事に届くわけが無いとあきらめてた。

でも、なんと! あや姐さんからの知らせでは、何一つ壊れず無事に届いたとの事(あや姐さんのブログ) ・  写真はブログからお借りしました)。

びっくりぃ~~~! クリスマス・ミラクルだ! 特に雪だるまの鼻とツリーのてっぺんの黄色い星は、あきらめていたからびっくり! やっぱり家のデザインがAフレームだったのと、私の梱包技術が良かったに違いない(笑) 


さて、今週はいよいよクリスマス。 11月末のThanksgiving とは違って、ホテルのレストランは、11時から3時と4時間だけオープンするらしく、予約してるお客様も300人と言う風に、11月の半分以下です。 だからかなり楽だとは聞いたけど、私はもう1つのレストランのデザートを1人で担当してるから、そっちの方が心配だ。 今週も忙しくなりそうです。 皆様も、良いクリスマスをお迎えください。

mcl-1.gif


ワンコおじょーちゃんが星になって4年経ちました
2009 / 12 / 10 (Thu) | me |
Ojou-Chan
1/27/1991 - 12/9/2005


santa0.jpg
永遠に私たちの第一子


上の写真は、おじょーがまだ1歳未満だった頃の、1991年のたぶん11月の終わりか12月かかりの頃。 近所のペットショップでサンタさんと一緒に写真を撮って貰った^^ こんなに小さく若かったおじょーが、やがて年老いて我々の手の届かないところへ行ってしまうとは、頭では理解してたと思ってたけど、実際居なくなってしまってから、全くわかってなかったやん!と気がついた日が、4年前の今日でした。

ワンコの寿命は、どうして人間のよりこんなに短いのだろうか? だから、生まれたばかりのThumperとZorroに出会った時ですら、『いずれこの子達ともお別れの日が来るんだ』と身構えてしまってる。 またまた頭では分かってるつもりが、やはりその日が来たら、予定と違うやん!ってな状態になるのは目に見えている。

と・・・4年たった今でも、昨日の事のように思い出し、顔が涙でずるずるになって翌日まで顔が腫れ上がるなんて時も有りますが、回数は減ってきてます(苦笑) そして、おじょーは『癒える事の無い悲しみを与えに来たのでは無いのだから、おじょーと一緒に与えられた時間を感謝しよう』と思い直すのですが・・・なかなか難しいですね。

ってなわけで、この日我々夫婦は毎年同じ事をします。 おじょーが亡くなった後、遅いランチ/早いディナーをとりに、Quarter's と言うバーベキューのお店へ行って、おじょーが好きだったバーベキューを食べに行った、あの日と同じお店で同じメニューを注文するのが、我々の毎年の行事となりました。 去年はSteveが慢性副鼻腔炎の手術の予約がこの日に入ってしまったので、1日早い12月8日にバーベキューしに行きました。 写真は左から、バッファロー・ウイング、オニオン・リング、ホットリンク(ソーセージ)と豚のスペアリブ、牛と豚のバーベキュー

3DSC09554.jpg3DSC09555.jpg3DSC09556.jpg3DSC09557.jpg

大体4人分。 もちろんお持ち帰りです。 バッファロー・ウイングと言うのは、鶏の手羽を揚げて、とてもスパイシーなソースを絡ませてある物なんだけど、最初知らない私は、鶏ではなくバッファローと関係のある肉なんだと思い込んでいた(呆) その勘違いに乗っかって、私はSteveに騙されたことがある。

バッファローの耳の裏の方に、小さいウイングみたいなのが生えていて、1頭のバッファローからは1対しか採れない。 でもそのウイングはいずれまた生えてくるのだ。

それじゃあ、このバスケットにてんこ盛りのバッファロー・ウイングの為には、一体何頭のバッファローから採取したのだろうと驚嘆したのでした。

『うっそだぁ~~!』とほとんどの人は思うのでしょうが、アメリカ生活1年未満の頃の私は、本当に何でも珍しく、知らない事が多いため、教えられたら其のまま信じてしまうという悪い癖がついていた。 何時ごろだっただろうか? Steveに完全におちょくられていたと発覚したのは?(怒) 今でも胸糞悪い 確かNew York のBuffalo が発祥の地だったとからしいです。

また話は変わりますが、Pet Peeve ってご存知ですか? 人それぞれ違う、その人にとって嫌な事・気に食わないこと・不満に思うことなんですが、他の人は全くなんとも思わないけど、私にはこれが一番嫌だ!なんて事が人それぞれに有りますよね? それをPet Peeve (ペット・ピーブ)と言います。 私にとってのPet Peeve はかなり沢山有るのですが、特にレストランで食事をする時に私のPet Peeve が炸裂します。

3DSC09558.jpgその最たるものがこれ! 食べ物や飲み物に、勝手にスプーンなどを突き刺されて持ってこられること! コーヒーマグにスプーンがすでに入った状態で持ってこられたり、水のグラスに勝手にストローが入ってたりする事。 これは今晩のデザートで、ブラックベリー・カブラー・ア・ラ・モードですが、2人だからとスプーンがご丁寧に2本も突き刺さった状態で運ばれてきました。

カジュアルレストランだし、上の料理の盛り付け写真でも分かるように、合理的な事だけを考えたレストランであり、Fine Dining ではないのだから・・・とは分かってますが、この突き刺さったスプーンを見て、なんだかこれを食べる自分が惨めに感じられました。 たぶん他の人はなんとも思わないのでしょうが。

他にもあるよぉ~~ ウエイトレスの親指がお皿の淵ではなく、お皿の上の一部を触ってると、とても食べるのが嫌になるし、アイスティーでレモン多目にお願いしたら、グラスの淵に沢山レモンが突き刺さった状態で持ってこられたり(レモンはレモンで、別に容器に入れて持ってきて欲しい)、グラスごとアイスマシーンにダンクして氷をグラスに入れられたり(氷をグラスに入れるなら、ちゃんとスクーパーを使って氷をグラスに入れて欲しい)、ホットティーを頼んだらお湯がぬるいからお茶が出にくいとか・・・

私って神経質なん?

いやいや・・・今晩のこのデザートは衝撃的で、今晩夜泣きしそうです(爆) 


年内に使わないといけない休暇が2日もあった事を先週知らされ、今晩はたらふく食事の予定だったから、明日を休むことにした(嬉) クリスマスプレゼント用に、明日は春巻きを作る予定です。 普通ならクッキーやケーキが当然喜ばれるけど、職場のみんなはそんな物に飽き飽きしてるから、春巻きを作ろうなんちゃって!
寒波到来
2009 / 12 / 09 (Wed) | me |
2009年12月8日のThumper と Zorro-Chan

3DSC09512m.jpg

くつろげてるんだろうけど・・・


Zorroちんがへそ天で寝てる姿はまず見かけないですが、Thumperはしょっちゅうこんな格好で寝ています。 寝苦しくないんでしょうかね? そう言えば、人間の子供でも、とんでもない格好で寝て居る事があるから、そんな物なんだろうかね?


師走に入ってしまいました。 月日の経つのは早いと言うか、年を取るとなんだか尋常じゃない速さで、時間が流れて行ってる感じがします。 なんでだろうか? それにこの前まで夏だと思ってたのに、ここ数日は急に冷え込んで、ni日曜日の朝なんてマイナス10℃だった。 そんな日でも日中は10℃以上まで上がるから、一日の寒暖の差がとても激しいです。


今日(8日・火曜日)は、午前3時45分出勤でした。 昨日からテレビの天気予報では、朝から雪が降り、今年初めてのブリザードだと・・・ 早朝出勤、むっちゃ心配で怖かった。

ところが朝起きたら、暖かい。 夕べは少し雨が降った形跡があったけど、今朝は全くそんな様子もなく。 ただ家を出た時点(午前3時)では、雲が上空を覆い(だから温かかったのだ)、雲に隠れた月がぼんやり輝いていた。 職場には難なく到着。 でもお天気は私が職場に到着した直後に急変したらしい。 7時に出勤してきたTracy の話では、フリーウェイは吹雪で視界が悪く、徐行続きで、フリーウェイを通らなかった人たちも、大変な思いをして出勤した様子。 

私は早朝出勤だったので、午後12時過ぎに仕事が終わった。 その時点ではすでに雪も溶けて、温かい日差しが差し込んでいた。 街の東の端を東西に横たわるSandia 山は真っ白だったし、帰り道には屋根が真っ白な家が沢山。 我が家の裏庭にも雪が残ってる。 だから本当に雪が降ったんだよね? 全工程を建物の中で過ごしたので全く分からず。

早朝出勤は眠くて辛かったけど、早朝出勤だったからこそ、運転困難を免れました。 よかったぁ~~


久々にフレンチレストラン

私が学校へ通い始めた2年ちょっと前あたりから、我々夫婦はランチに外食はしても、ディナーを外でとると言う事がかなり減りました。 夜に宿題をしないといけないとか、翌朝が早いからだとか。 そしてこの5月に就職してからは、出勤時間と2人の休日が合わないと言う理由から、ほとんど外食が減りました。 かと言って家で料理をしているわけではなく、沢山作った物の残り物活用がおおいかな? そこいらに有る物を食べるってな状態です。 日曜日に休みが重なるけど、日曜日は閉店ってな店が多い。

3DSC09540.jpg3DSC09542.jpg久しぶりに2人とも月曜日が休みだったので、フレンチへ行くことに。 いつも食べ初めてから写真を撮ってないのを思い出す。 スモークサーモンの前菜(スモークサーモン、クリームチーズ、ケーパー、カラマタオリーブ、オニオン、トマト)$8.95也。 あまり盛り付けが綺麗だとは言えないなぁ。 私がオーダーしたのは、チキン・コルドンブルーのサンドイッチなんだけど、想像とは違った。 コルドンブルーって、チキン肉の中にハムとチーズを巻いてあるやん? これはたんに、バゲットにチーズ、ハム、アボカドの上にグリルしたチキンが乗ってるだけだった。 いや、美味しかったけど、かなりリッチ。 $9.95也。

3DSC09544.jpg3DSC09543.jpgSteveのは、フランス語の名前は忘れたけど、牛のフィレ肉のひき肉をブリオッシュに乗せた、いわばハンバーガー。 フレンチフライポテトは、フランスでは何と呼ぶのだろうか? すんごいボリュームでした。 これで$9.95だとはお得です。

みんな美味しいけど、なんだろな? フランス料理を食べた後、お腹の中がぼってりする。 やっぱりチーズとかで、とってもカロリーの高いものだからなんだろうけど。 毎回スペシャルが違うので、前回美味しかったサンドイッチ(これもブリーチーズですごいリッチ)は無かったり、魚料理が無かったりするけど、大体料理の値段は、サンドイッチ、キーシュ、クレープあたりが$10からで、最高のラム料理でも$30くらいです。 フランス人オーナーシェフは・・・性格的にあまり評判の良い人ではないけれど、まあ料理が美味しいからそれでOKとしよう。

書き忘れるところだった。 昔々そのむかし、『かわいい魔女ジニー』と言うアメリカのコメディー番組が日本でも放送されていましたが、そのロジャー少佐役をしていた、Bill Daily と言う男優(写真左側の人)がAlbuquerque在住者で、レストランで食事をしていると彼が入ってきた。 顔では分からなかったけど、昔は娘役をしていたであろう老女も一緒だった。 かなり年を取ったけど、ロジャー・ヒーリー少佐の顔のまんまだった。


From Llano With Love

3DSC09546.jpg日本の衛星放送が入るからと、テキサス州在住のあや姐さんは、しょっちゅう日本の番組をDVDに録画して送ってくださいます。 特に私の興味がある分野の、NHKのきょうのお料理は欠かさず。 ありがとうございます。 今回はSteve大好きなサマーソーセージやCajun 料理のもとのほか、自家製干し柿が! 

あや姐さんのブログでは、『大量の渋柿が』って事だったけど、まさかあの渋柿? ならどうして甘いの? 昨日ちょうど日本の母と電話で話したときに、その事を持ち出すと、『あほやなぁ~ 干し柿は渋柿がえーねんで! 渋いほど甘くなるんやで!』との事。 渋柿は食べられないけど、その渋さが乾燥させると甘さに変わるんだと? なんだって! 

この春に受けたワインと飲み物の授業の先生のChrisは4分の1日本人で(おじいさんが沖縄出身者だったらしい)、ワインに含まれるタンニンの話で、日本の渋柿を口にした事が有る人?ってので、教室内では私とChris しかその経験者が無かった。 きっとその渋柿が干したら甘い柿に変わるなんて、Chris は知らないと思う。 だからおすそ分けをしてあげたい。 あや姐さん、いつもありがとうございます。
ワンコを愛する人へ  

  •  犬の十戒
  •  犬の聖歌
  •  虹の橋
  •  ママ、もう泣かないで
  •  エンジェルの願い
  •  「どうしてなの・・・?」

    いつでも里親募集中

     CATNAP 放棄犬・長期保護犬の里親募集リンク
    下のリンクは、
    私がよく訪れさせて頂く
    ・動物保護ボランティア
    ・里親が見付かるまでの預かりボランティア
    ・そして里親になった方々
    のブログです。
    いつの日かは私も、預かりボランティアしたいと思ってます。


  •  ALMA (旧・CATNAP)
  •  大阪市動物管理センター
  •  滋賀県動物保護管理協会
  •  東京都動物愛護相談センター
  •  埼玉県動物指導センター
  •  Happy Paws
  •  今日もアオゾラ。
  •  仲良し三人組
  •  最後のラブレター
  •  小梅ロマンチカ
  •  ちばたりあんな
  •  晴れ ときどき 仮ママ
  •  陽だまり生活
  •  同僚Rのボラトリ日記
  •  潤君の里親さん探し
  •  みっき~とお友達のお部屋
  •  しあわせさん あいに来て
  •  chu*
  •  愛しい子達の預かり日記
  •  それ行け シーズー牧場!!
  •  いっぽ・ドレミ預かり日記
  •  さぁ~行くよ!
  •  わんこと一緒
  •  ♪わんことこども♪
  •  毎日を大切に。
  •  シーズー里親「愛しき天使たち」
  •  とびらの向こうへ...
  •  ぶんた君のお家探し
  •  君は君のままで
  •  のほほん家族
  •  I love Dog!~ワンコのおうち探し
  •  ママさがし
  •  預かり☆わんことの生活
  •  ひなたのヒナタぼっこ
  •  ☆くつろぎの中で☆
  •  もなか様秘密日記
  •  かわいすぎる件について
  •  みずママの日記
  •  ともnet~岐阜県可児市より発信
  •  ワンワン預かり日記
  •  動物ボランティア ミミの耳
  •  日向君預かり日記
  •  ◇◆ いらっしゃぁい♪ ◆◇
  •  幸せ探しのお手伝い
  •  向日葵
  •  My Sweet Home
  •  ペット里親会
  •  WAKABA HOUSE
  •  はなもげらちょびぃっとかい+
  •  ☆ホイップポン日記☆
  •  ゆっくリンク
  •  歩いて行こう
  •  ケイトログ「夢が叶うまで」
  •  かん太とマフィンとミーシャの毎日&お預かり犬ステイ日記
  •  新・ペリカン日記
  •  はじめの一歩!
  •  Animal Humane New Mexico
  •  Albuquerque Animal Care Center

  • おひめさまくらぶ

    Thumper Zorro-Chan



                                    

                      Copyright © 2006-2014 Ojou-Chan ☆続・いつか虹の橋のたもとで☆                 

     

    この前のページに戻るには

    powered by FC2ブログ. photo by ねこじゃらし日記 template by tora☆7kg
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。